メインメニューを開く

アルプスケーブルビジョン株式会社は、かつて長野県大町市と白馬村をサービスエリアとするケーブルテレビ局であった。地元経済界大町市や白馬村なども出資し1987(昭和62)年に設立、89年からサービスを開始した。地域の話題や県広報番組などを流す自主放送、県内放送をはじめ、東京キー局、衛星放送などテレビ波に関しては24チャンネルをアナログ波で送信していた。地デジ化に伴う設備投資の負担が重く、投資しても採算が見込めないため地上デジタル放送への移行を断念した。 2009年12月8日の臨時株主総会で、資金難から地上デジタル放送化移行を断念したと正式発表した。これを受け大町市、白馬村、小谷村に自治体の運営するケーブルテレビが整備されたことにより(大町市ケーブルテレビケーブルテレビ白馬)、2011年4月28日12時をもって、自治体が事業を継承する中でケーブルテレビ事業を終了した。

アルプスケーブルビジョン株式会社
Alps Cable Vision Corporation
種類 情報・通信業
略称 ACV
本社所在地 日本の旗 日本
398-0002
長野県大町市大町1851大糸タイムスビル3F
設立 1987年5月26日
代表者 代表取締役 相模一男
資本金 1億9950万円
外部リンク http://www.a-c-v.co.jp/[リンク切れ]
テンプレートを表示

なお、大町市ケーブルテレビでは在京キー局の区域外再放送の予定はなく、少なくとも大町市では在京キー局の視聴はほぼ困難となったが、在名テレビジョン放送局テレビ愛知を除く)と岐阜放送岐阜県境にて直接受信で視聴可能の場合が有る。

サービスエリア(廃止時点)編集

主な放送チャンネル編集

関連項目編集

外部リンク編集