アルベルタス・ヨナイティス・マンヴィーダス

アルベルタス・ヨナイティス・マンヴィーダスリトアニア語: Albertas Jonaitis Manvydas1430年[1] - 1475年)は、ヨナス・マンヴィーダスの息子でリトアニア大公国の活動家である。1465年からはヴィリニュスのカステリオナスを、それと並行して1471年からはナヴァフルダクのヴァイヴァディヤをそれぞれ勤め、1475年にはリトアニアのスタリニカスとなった[1]

アルベルタス・ヨナイティスはマンヴィーダス家出身の統治者であり、その死後に一族の広大な領地は姉妹であるヤドヴィガ(アレクナ・スディマンタイティスと結婚)とソフィア(ミカロユス・ラドヴィライティスと結婚)との間で分割された[1]

脚注編集

  1. ^ a b c Насевіч В. (2005). "Манівідавічы". Вялікае Княства Літоўскае. Энцыклапедыя у 3 т (ベラルーシ語). 2: Кадэцкі корпус — Яцкевіч. Мн.: Беларуская Энцыклапедыя імя П. Броўкі. p. 270. ISBN 985-11-0378-0

参考文献編集