アルベール・シモナン

アルベール・シモナン(Albert Simonin, 1905年 - 1980年)はフランス小説家

人物編集

パリ出身。12歳の時に学校を出てから様々な職業につく。

パリの下層階級の中で犯罪者たちと隣り合わせの生活を送り、ここからミリュー(裏社会)のギャングたちの実態に通暁するようになった。

1935年にジャン・バザンとの共著"Voilà taxi!"でデビュー。この作品はタクシー運転手としての経験が活かされている。以後ガリマール社セリ・ノワール叢書等から暗黒小説を発表した。

代表作とされるのは1953年に発表したギャング小説の『現金(げんなま)に手を出すな』。この作品はドゥ・マゴ賞を受賞している。作中に下町や暗黒街の俗語を多く採り入れ、知られざる闇の世界を活写したユニークな作品として、当時のフランス読書界に大きな驚きをもって迎えられた。翌年にはジャック・ベッケル監督、ジャン・ギャバン主演で映画化、シモナン自身も脚本に参加している。

以後も生涯にわたり、一貫して暗黒小説・映画脚本の執筆を続けたほか、ミリューの俗語についての解説書も著した。

作品編集

  • "Touchez pas au grisbi"
『現金(げんなま)に手を出すな』(野口雄司訳,早川書房[世界ミステリ全集]9, 1973年)