アルホルチン旗(アルホルチンき、モンゴル語ᠠᠷᠤ
ᠬᠣᠷᠴᠢᠨ
ᠬᠣᠰᠢᠭᠤ
 転写:Aru Qorčin qosiɣu)は中華人民共和国内モンゴル自治区赤峰市に位置する。地方政府は天山鎮にある。

中華人民共和国 内モンゴル自治区
阿魯科爾沁旗
通遼市ジャルート旗との旗境付近の草原風景
通遼市ジャルート旗との旗境付近の草原風景
ChinaChifengArKhorchin.png
簡体字 阿鲁科尔沁
繁体字 阿魯科爾沁
拼音 Ālŭkē'ĕrqìn
カタカナ転写 アールーカーアールチン
モンゴル文字 ᠠᠷᠤ
ᠬᠣᠷᠴᠢᠨ
ᠬᠣᠰᠢᠭᠤ
モンゴル語ローマ字転写 Ar Horqin qosiɣu
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
地級市 赤峰市
行政級別
面積
総面積 14,227 km²
人口
総人口(2002) 29.6 万人
経済
電話番号 0476
郵便番号 025550
行政区画代碼 150421
公式ウェブサイト http://www.kerqin.gov.cn/

語源編集

「アル」はモンゴル語で「山陰」を意味し、アルホルチンの元となった部族が杭愛山英語版の北側で遊牧生活を営んでいたことに由来する[1][2]

歴史編集

アルホルチン旗は、上京臨潢府大定府の北辺に相当する[2]代には遼王の分封地とされた。

旗の起源となったアルホルチン部族は、チンギス・カンの弟ジョチ・カサルを祖とする。

ジョチ・カサルの15世孫であるバグンノヤン(巴袞諾顔)は、1425年ごろにオイラート部族の攻撃を避けてフルンボイルに移住し、バグンノヤンの長子コンドリンダイチンは自らが率いる部衆をアルホルチン(阿魯科爾沁)と号した[1]

17世紀初頭にアルホルチンは後金(後の)に帰順し、との戦争に協力する。1634年にアルホルチン地域に前後両旗が設置された、1636年に両旗が合併してアルホルチン旗が成立した。アルホルチン旗は、建国期の功績によって清の皇室から厚遇を受けた[1]。アルホルチン旗のジャサク(首長)である歴代のドロイ・ベイレ(多羅貝勒)は、旗に相当する地域を遊牧地としていた[2]

1634年当時の地域の戸数は4,000であったが、清末に漢族の農民の移住が活発になる[1]

1913年の内モンゴル解放戦争の後、内モンゴル自治区に編入される。1969年に遼寧省に編入されたが、1979年に内モンゴル自治区に再編入された。

行政区画編集

2街道、7鎮、4ソム(蘇木)、3郷を管轄:

  • 街道弁事所:カン・ウラ街道(罕烏拉街道)、オウ・ムレン街道(欧沐淪街道)
  • :天山鎮、天山口鎮、双勝鎮、フント鎮(坤都鎮)、バヤン・フア鎮(巴彦花鎮)、シュギン鎮(紹根鎮)、ジャガスタイ鎮(扎嘎斯台鎮)
  • ソム:カン・ソム(罕蘇木)、サイハン・タル・ソム(賽漢塔拉蘇木)、バルチルド・ソム(巴拉奇如徳蘇木)、バヤン・オンドル・ソム(巴彦温都爾蘇木)
  • :新民郷、先峰郷、ウラン・ハダ鎮(烏蘭哈達郷)

脚注編集

  1. ^ a b c d 田山「アルホルチン」『アジア歴史事典』1巻、120頁
  2. ^ a b c 『精選中国地名辞典』、6頁

参考文献編集

  • 田山茂「アルホルチン」『アジア歴史事典』1巻収録(平凡社, 1959年)
  • 『精選中国地名辞典』(塩英哲編訳, 凌雲出版, 1983年3月)

関連項目編集

外部リンク編集