メインメニューを開く

アール・マクトゥーム国際空港英語: Al Maktoum International Airport アラビア語: مطار آل مكتوم الدولي‎)は、アラブ首長国連邦ドバイ近郊のジュベル・アリ地区にある世界最大級の国際空港である。ドバイ・ワールド・セントラル国際空港(Dubai World Central International Airport)、ジュベル・アリ空港(Jebel Ali Airport)とも呼ばれる。

アール・マクトゥーム国際空港
مطار آل مكتوم الدولي
Al Maktoum International Airport
Maktoum Airport.jpg
IATA: DWC - ICAO: OMDW
概要
国・地域 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
所在地 ドバイ ジュベル・アリ
種類 民間
運営者 Dubai Airports
運用時間 24時間
標高 52 m (170 ft)
座標 北緯24度53分10秒 東経55度10分20秒 / 北緯24.88611度 東経55.17222度 / 24.88611; 55.17222座標: 北緯24度53分10秒 東経55度10分20秒 / 北緯24.88611度 東経55.17222度 / 24.88611; 55.17222
地図
DWCの位置(アラブ首長国連邦内)
DWC
DWC
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
12/30 I 4,900×60 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
アール・マクトゥーム国際空港の計画図

目次

概要編集

ドバイ国際空港までの距離は40kmの位置にある。空港名称は、かつてのドバイの首長であったマクトゥーム・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームに因んで付けられた。

建設が進められている人工複合都市ドバイ・ワールド・セントラル英語版計画の一つである。計画では滑走路6本の巨大空港であり、ドバイの物流の中心となる。

2010年6月27日、部分開業し[1][2]、2013年10月27日に旅客ターミナルがオープン。旅客便の発着が開始された[3]

2014年5月1日エミレーツ・スカイカーゴドバイ国際空港より移転し[4]、2015年10月25日にはフライドバイが新たに就航した[5]

2017年11月12日、第15回ドバイ国際航空ショーが空港内にて開催[6]

就航航空会社編集

旅客便

航空会社就航地
  アゼルバイジャン航空バクー
  フライドバイアンマンベイルートチッタゴンドーハカトマンズクウェートマスカット
  ガルフエア バーレーン
  ジャジーラ航空 クウェート
  カタール航空 ドーハ
  ロタナ・ジェットアブダビシルバニヤス島
  ウィズエアー ブカレストブダペストクルジュ=ナポカ(2015年12月19日より就航[7])、ソフィア

貨物便

航空会社就航地
  キャセイパシフィック航空カーゴ アムステルダム香港ロンドン(ヒースロー)ミラノ(マルペンサ)パリ(ド・ゴール)
  チャイナエアラインカーゴ アムステルダム、バンコク(スワンナプーム)フランクフルトハノイルクセンブルクプラハ台北(桃園)
  エミレーツ・スカイカーゴ アビジャンアクラアディスアベバ、アムステルダム、バーレーンバーセルベイルートカイロカンピーナスチェンナイシカゴチッタゴンコペンハーゲンダカールダンマンダッカジブチエルドレットエンテベ、フランクフルト、広州、ハノイ、香港、ヒューストンカノハルツームラゴスリロングウェロンドン(スタンステッド)ロサンゼルスリヨンメキシコシティモスクワ(ドモジェドヴォ)ムンバイナイロビニューヨーク(JFK)ワガドゥグーキトソウル(仁川)上海(浦東)シンガポールシドニーチュニスサラゴサ
  カリッタ・エア アムステルダム、バーレーン、カンダハール、香港
  マーティンエアー アムステルダム、バーレーン、チェンナイドーハ、香港
  マレーシア航空カーゴアムステルダム、クアラルンプール
 ターキッシュ エアラインズカーゴイスタンブール(アタテュルク)、ムンバイ

拠点航空会社編集

交通アクセス編集

脚注編集

外部リンク編集