メインメニューを開く
アルメニア人ディアスポラの分布図(人口順に塗り分けている)

アルメニア人ディアスポラは、欧米ではユダヤ人と並ぶディアスポラの代表格として認知されている[1]。2007年の調べでは、全世界には758万人のアルメニア人が存在するとされるが、アルメニア本国に暮らすものは297万人と、全体の4割程度である[2]

アルメニア語では、こうした離散状態をスピュルク(sp'yurk' / 元来は花が散る様子を表す言葉。伝統的正書法 (en) では «սփիւռք»、改革正書法 (en) では «սփյուռք» と綴られる[3][4])と呼ぶ[5]。また、古くにはアルメニア高原の外に形成されたアルメニア人コミュニティガグト «գաղութ» と呼ばれたが、これはユダヤ人のディアスポラ英語版を指すヘブライ語の「ガルート」"גלות"[6]シリア語から借用したものである[7]

アルメニア人のディアスポラは、盛んな商活動や大量虐殺の歴史などで、ユダヤ人のディアスポラと共通点を持っている[1]。しかし、アルメニア人のヨーロッパへの進出が近代まで盛んでなく、またその信仰もキリスト教であることから、アルメニア人はユダヤ人よりも好意的に欧米社会へ受け入れられている[1]

歴史編集

中近世編集

アルメニア人が故地の外部に共同体を形成するようになったのは、1045年バグラトゥニ朝アルメニア王国東ローマ帝国によって滅ぼされたことがその端緒である[8]。この頃に始まった、旧アルメニア王国領域からのバルカン半島地中海沿岸への移住は、数世紀をかけて西ウクライナ英語版イタリアそしてオランダにアルメニア人のコミュニティを形成していった[8]。続く1375年キリキア・アルメニア王国滅亡や地中海貿易の拡大により、地中海沿岸のヴェネツィアイスタンブールカイロなどがアルメニア人の商業コミュニティとして発達した[8]

西方のアルメニア人たちが海上貿易で栄える一方、東方のアルメニア人たちはシルクロードを介した陸上貿易の重要な担い手となった[9]。異教徒に寛容であったサファヴィー朝のもと、アルメニア人たちは17世紀を通じてエスファハーンを中心にインド洋へと東進していった[10]。後にイギリスムガル帝国へ進出するようになると、アルメニア人たちもそれに従ってムンバイマドラスコルカタマレーシアにまで商業拠点を築いた[8]。初期に西方へ移住したアルメニア人たちは、やがて現地に同化して消滅していった[11]。しかし東方のアルメニア人たちは、独自性を維持した商活動を、異文化の中にあって第一次世界大戦頃まで続けた[8]

近現代編集

オスマン帝国からの難民の移住先・人数(1915年 - 1922年)[12]
ロシア帝国 40万 その他欧州 2000 パレスチナ 1万
ギリシャ 4万5000 北米 3万5380 エジプト 4万
フランス 3万 シリア 10万 イラン 5万
ブルガリア 2万 レバノン 5万 その他 1000
キプロス 2500 イラク 2万5000 合計 81万880

このように、初期のアルメニア人ディアスポラは商活動の拡大に伴った移民を行っており、彼らの拡散は従来のコミュニティの崩壊に基づくものではなかった[8]。しかし、1915年オスマン帝国で発生したアルメニア人虐殺は、新たな移民の波を強制的に作り出すこととなった[13]。そして、この際にオスマン帝国から世界各地へ逃れたアルメニア人ディアスポラの間では、宗教や言語に代わり「虐殺の記憶」が、現在に至るまでナショナル・アイデンティティの役割を果たしている[14]

虐殺からほどなくすると、ロシア帝国崩壊によってアルメニア人たちは自らの独立国家「アルメニア共和国」を手にしたが、それは間もなくボリシェヴィキに支配権を奪われた[15]。新たに成立したソビエト・アルメニアをめぐっては、在外アルメニア人たちの間でも反共派(主にダシュナク党)と容共派(アルメニア民主自由党英語版など)に分かれた対立が発生し、この対立は要人の暗殺や教会組織の分裂にまで発展した[16]

ソビエト・アルメニアには1921年から1925年までの間に、ギリシャトルコイランなどから約1万9000人の在外アルメニア人が帰国した[17]第二次世界大戦後にも、イラン、レバノン、ギリシャ、シリアなどから数万人の在外同胞がソビエト・アルメニアへ帰国した[18]。しかし、彼らは差別や迫害の対象とされ、スパイ容疑でシベリアへ流刑されることもしばしばであった[18]

近年編集

ソ連崩壊によりアルメニア共和国が独立すると、大統領となったレヴォン・テル=ペトロシャン(シリア出身)は、セボウフ・タシジアン(ru, エルサレム出身)やジェラルド・リバディアン(en, レバノン出身)など、自身と同じ在外同胞の専門家たちを積極的に閣僚や顧問として登用した[19]。しかし、次代大統領となったロベルト・コチャリャンナゴルノ・カラバフ出身)が容易にアルメニア国籍を取得した一方、アメリカ出身のラッフィ・ホヴァニスィアンは、帰化申請を再三拒否されて大統領選挙への出馬を阻まれるなど、元在外同胞の間でも旧ソ連出身者か否かという壁は未だ残されている[20]

また、独立後のアルメニアはナゴルノ・カラバフ戦争によってアゼルバイジャンとトルコから経済制裁を受けており、中東から帰国した在外同胞の中には、先行きの見えない経済状況を見限って欧米へ再移住する者も現れている[21]。独立後6年間だけでも、58万人が空路でアルメニアを出国したまま戻らなくなっており、アルメニア人は再びディアスポラとして世界へ拡散する動きを見せている[21]

一覧編集

各国のアルメニア人ディアスポラの人口
順位 国・地域 公式統計 各種推計
1   ロシア
ロシアのアルメニア人
1,182,388(2010年)[22]
1,109,000,[2] 1,161,000,[23] 1,500,000,[24] 2,000,000,[25] 2,500,000,[26] 2,900,000[27]
2   アメリカ
アルメニア系アメリカ人
483,366(2011年)[28]
800,000,[29] 1,000,000,[30] 1,200,000,[31] 1,400,000,[32] 1,500,000,[33] 217,000[34]
3   フランス
フランスのアルメニア人英語版
12,355(2005年 / アルメニア出身者数)[35]
273,000,[2] 300,000,[24] 400,000,[36] 468,000,[37] 500,000,[38] 750,000[39]
4   ジョージア
グルジアのアルメニア人ロシア語版
248,929(2002年)[40]
239,000, [41] 264,822[2]
5   イラン
イランのアルメニア人ペルシア語版
N/A
103,000,[42] 120,000,[43] 150,000,[44] 200,000,[45] 202,000,[2] 250,000,[46] 300,000,[47] 500,000[48]
6   ウクライナ
ウクライナのアルメニア人ウクライナ語版
99,894(2001年)[49]
92,000,[50] 100,000,[51] 250,000[52]
7   レバノン
レバノンのアルメニア人英語版
N/A
70,000–80,000,[53] 83,000,[54] 100,000,[24] 260,000[2]
8   アルゼンチン
アルゼンチンのアルメニア人英語版
1,227(2001年 / アルメニア国籍者数)[55]
70,000,[56]132,000,[2] 141,000[57]
9   シリア
シリアのアルメニア人英語版
N/A
35,000–40,000,[58] 60,000,[59] 85,000,[60] 200,000[2]
10   トルコ
トルコのアルメニア人英語版
N/A
50,000,[24] 50,000–70,000,[61] 60,000,[62] 61,000, [63] 115,000[2]
11   ギリシャ
ギリシャのアルメニア人英語版
7,742(2001年 / アルメニア国籍者数)[64]
34,000,[65] 70,000-80,000[66]
12   アブハジア
アブハジアのアルメニア人英語版
41,864(2011年)[67]
50,000,[68] 70,000[69]
13   カナダ
アルメニア系カナダ人英語版
50,500(2006年)[70]
32,000,[71] 50,000,[72] 60,000–65,000[73]
14   オーストラリア
アルメニア系オーストラリア人英語版
15,791(2006年)[74]
41,000,[75] 50,000[76]
15   ドイツ
ドイツのアルメニア人ドイツ語版
11,205(2011年 / アルメニア国籍者数)[64]
30,000,[77] 41,000,[78] 50,000-60,000[79]
16   スペイン (en) 11,706(2011年 / アルメニア国籍者数)[64]
3,600,[80] 45,000,[81] 80,000[82]
17   ウズベキスタン (ru) 50,537(1989年)[83]
36,000,[84] 42,359,[85] 50,000[86]
18   ブラジル
アルメニア系ブラジル人ポルトガル語版
N/A
30,000,[87] 35,000-40,000,[88] 45,000[89]
19   イラク
イラクのアルメニア人英語版
N/A
10,000,[90] 62,000[91]
20   トルクメニスタン (hy) 31,829(1989年)[92]
20,000-22,000,[93] 30,000,[94] 44,000[95]
21   ブルガリア
ブルガリアのアルメニア人英語版
10,832(2001年)[96]
6,300,[97] 50,000[98]
22   ポーランド
ポーランドのアルメニア人ポーランド語版
3,000(2011年)[99]
2,900,[100] 15,000–30,000,[101] 40,000,[102] 50,000[103]
23   カザフスタン (hy) 11,031(2010年)[104]
15,000,[105] 20,000-25,000,[106] 25,000[107]
24   ベラルーシ
ベラルーシのアルメニア人英語版
8,512(2009年)[108]
8,100,[109] 25,000,[110] 30,000[111]
25   イギリス
イギリスのアルメニア人英語版
1,720(2011年 / アルメニア国籍者数)[112]
18,000,[113] 19,000[114]
26   ウルグアイ
ウルグアイのアルメニア人英語版
N/A
15,000,[115] 19,000[116]
27   ハンガリー
ハンガリーのアルメニア人英語版
161(2011年 / アルメニア国籍者数)[64]
3,400,[117] 6,000,[118] 30,000[119]
28   エジプト
エジプトのアルメニア人アルメニア語版
N/A
6,000,[120] 11,000[121]
29   ベルギー (en) 9,633(2011年 / アルメニア国籍者数)[64]
7,000[122]
30   オランダ (en) 705(2011年 / アルメニア国籍者数)[64]
1,100,[123] 12,000[124]
31   クウェート
クウェートのアルメニア人英語版
N/A
6,000,[125] 6,200[126]
32   ルーマニア
ルーマニアのアルメニア人ロシア語版
1,780(2002年)[127]
1,800,[128] 5,000,[129] 7,500-10,000[130]
33   アラブ首長国連邦 (en) N/A
3,000,[110] 9,100[131]
34   チェコ
チェコのアルメニア人チェコ語版
2,100(2011年 / アルメニア出身者数)[35]
1,300,[132] -10,000[133]
35   カタール N/A
5,500[134]
36   スウェーデン (sv) 1,672(2011年 / アルメニア出身者数)[35]
5,000[135]
37   ベネズエラ (hy) N/A
3,500, [136] 6,900[137]
38   オーストリア
オーストリアのアルメニア人英語版
2,667(2009年 / アルメニア国籍者数)[64]
4,000[138]
39   ヨルダン
ヨルダンのアルメニア人英語版
N/A
3,000,[139] 4.900[140]
40   タジキスタン (hy) 5,651(1989年)[141]
3,000,[142] 4,300[143]
41   イスラエル
イスラエルのアルメニア人英語版
N/A
3,000,[144] 4,000[145]
42   アゼルバイジャン
アゼルバイジャンのアルメニア人ロシア語版
183(2009年 / 「ナゴルノ・カラバフ共和国」のアルメニア人は含まず)[146]
2,000–3,000,[147] 5,000[148]
43   モルドバ
モルドバのアルメニア人英語版
2,873(1989年)[149]
2,400,[150] 2,000-4,000[151]
44   イタリア
イタリアのアルメニア人ロシア語版
666(2011年 / アルメニア国籍者数)[64]
2,600,[152] 3,000[153]
45   パレスチナ N/A
2,800[154]
46   ラトビア (ru) 316(2015年)[155]
2,300,[156] 3,000[157]
47   キプロス
キプロスのアルメニア人ギリシア語版
1,341(2001年)[158]
1,100,[159] 3,500[160]
48   エストニア (hy) 1,402(2011年)[161]
1,300,[162] 3,000[163]
49   キルギス (hy) 1,364(1999年)[164]
900-1,000,[165] 3,500[166]
50   デンマーク (en) 605(2011年 / アルメニア出身者数)[35]
600,[167] 3,000[168]
51   ホンジュラス N/A
1,600[169]
52   サウジアラビア N/A
1,500[170]
53   スーダン (en) N/A
1,500[171]
54   リトアニア
リトアニアのアルメニア人英語版
1,233(2011年 / アルメニア国籍者数)[172]
1,400,[173] 2,500[174]
54   チリ (hy) 11(2001年 / アルメニア出身者数)[55]
1,100,[175] 1,500[176]
55   ノルウェー 275(2012年 / 移民とその子供に限る)[177]
1,000[178]
56   フィンランド (hy) 93(2011年 / アルメニア国籍者数)[64]
200,[179] 1,000[110]
57   スイス
スイスのアルメニア人ロシア語版
612(2010年 / アルメニア国籍者数)[180]
58   スロバキア (hy) 261(2005年 / アルメニア出身者数)[35]
500[181]
59   マルタ
マルタのアルメニア人英語版
10(2008年 / アルメニア国籍者数)[64]
500[182]
60   スロベニア 7(2005年 / アルメニア出身者数)[35]
500[181]
61   アルバニア (hy) N/A
400[183]
62   メキシコ
メキシコのアルメニア人スペイン語版
N/A
400[184]
63   インド
インドのアルメニア人英語版
N/A
200,[185] 600[186]
64   セルビア
セルビアのアルメニア人英語版
222(2011年)[187]
300–350[188]
65   マケドニア
マケドニア共和国のアルメニア人マケドニア語版
N/A
300[189]
66   南アフリカ (hy) N/A
300[190]
67   エチオピア
エチオピアのアルメニア人アルメニア語版
N/A
80-90,[191] 500[192]
68   シンガポール
シンガポールのアルメニア人
N/A
80,[193] 500[194]
69   ペルー N/A
250[190]
70   ニュージーランド (hy) N/A
200[195]
71   アイルランド 70(2011年 / アルメニア出身者数)[35]
150[196]
72   ポルトガル 105(2009年 / アルメニア出身者数)[35]
73   バーレーン (en) N/A
100[197]
74   キューバ (hy) N/A
80[198]
75   日本 46(2014年 / アルメニア国籍者数)[199]
50-60[200]
76   中国
中国のアルメニア人英語版
N/A
50-60[201]
77   タイ (hy) N/A
40-50[202]
78   モロッコ N/A
25-30[203]
79   コロンビア 13(2001年 / アルメニア出身者数)[55]
80   ルクセンブルク 7(2001年 / アルメニア国籍者数)[64]
81   コスタリカ 5(2001年 / アルメニア出身者数)[55]
82   ボリビア 1(2001年 / アルメニア出身者数)[55]
83   バングラデシュ
バングラデシュのアルメニア人英語版
N/A
1[204]
84   ミャンマー (en) N/A
1[205]

脚注編集

  1. ^ a b c 吉村 (2010) 75頁
  2. ^ a b c d e f g h i ロバート・コーエン『グローバル・ディアスポラ』駒井洋訳、明石書店〈明石ライブラリー 150〉、2012年(原著1997年)、新版、116頁。ISBN 978-4750335971
  3. ^ Dufoix, Stéphane (2008). Diasporas. Berkeley, California: University of California Press英語版. p. 84. ISBN 9780520253599. 
  4. ^ Harutyunyan, Arus (2009). Contesting National Identities in an Ethnically Homogeneous State: The Case of Armenian Democratization. ProQuest英語版. p. 56. ISBN 9781109120127. 
  5. ^ 吉村 (2010) 98頁
  6. ^ Ember, Melvin; Ember, Carol R.; Skoggard, Ian A. (2004). Encyclopedia of diasporas: immigrant and refugee cultures around the world. Dordrecht, Netherlands: Kluwer Academic Publishers. p. 37. ISBN 9780306483219. 
  7. ^ Աճառեան Հ.ロシア語版 Հայերէն Արմատական Բառարան — Երևան: Երեւանի Համալսարանի Հրատարակչութիւն, 1926. — Т. 1. — 505 с.
  8. ^ a b c d e f 吉村 (2010) 76-77頁
  9. ^ 浅田 (1990) 183頁
  10. ^ 浅田 (1990) 186頁
  11. ^ 浅田 (1990) 192頁
  12. ^ 吉村 (2010) 81頁
  13. ^ 吉村 (2010) 83頁
  14. ^ 吉村 (2010) 96-97頁
  15. ^ 吉村 (2010) 86頁
  16. ^ 吉村 (2010) 89頁
  17. ^ 吉村 (2010) 88頁
  18. ^ a b 吉村 (2010) 90頁
  19. ^ 吉村 (2010) 94頁
  20. ^ 吉村 (2010) 95頁
  21. ^ a b 吉村 (2010) 96頁
  22. ^ Национальный состав населения (Report). Федеральная служба государственной статистикиロシア語版. p. 11. http://www.gks.ru/free_doc/new_site/perepis2010/croc/Documents/Vol4/pub-04-01.pdf 2015年6月28日閲覧。. 
  23. ^ Armenian in Russia”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  24. ^ a b c d Gibney, Matthew J. (2005). Immigration and asylum: from 1900 to the present. Santa Barbara, California: ABC-CLIO英語版. p. 13. ISBN 978-1-57607-796-2. 
  25. ^ Арутюнян, Ю. Об этносоциологических исследованиях армян России // Պատմա-բանասիրական հանդես : ամսագիր. — Երևան: Հայաստանի գիտությունների ակադեմիան, 2010. — № 1. — С. 129. — ISSN 0135-0536.
  26. ^ “В России проживает более 2,5 млн армян”. РИА Новости. (2008年6月5日). http://ria.ru/society/20021216/282886.html 2015年6月28日閲覧。 
  27. ^ Saunders, Robert A.; Struko, Vlad (2010). Historical dictionary of the Russian Federation. Lanham, Maryland英語版: Scarecrow Press. p. 50. ISBN 978-0-8108-5475-8. 
  28. ^ Total ancestry categories tallied for people with one or more ancestry categories reported: 2011 American Community Survey 1-Year Estimates (Report). U.S. Census Bureau. (2012-12-22). p. 1. http://ia601608.us.archive.org/26/items/2011AmericanCommunitySurveyAncestry/2011Acs.pdf 2015年6月28日閲覧。. 
  29. ^ Takooshian, Harold. “Armenian American's Immigration to California”. 2015年6月28日閲覧。
  30. ^ Azadian, Edmond Y. (2012年4月23日). “Commentary: A Million Person March on Washington”. Armenian Mirror-Spectator. http://www.mirrorspectator.com/2012/04/23/commentary-a-million-person-march-on-washington/ 2012年7月21日閲覧。 
  31. ^ Judah, Tim (2012年6月21日). “Armenia Survives!”. The New York Review of Books英語版. 2015年6月28日閲覧。
  32. ^ Reynolds, Maura (2007年1月7日). “Genocide question hits home”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2007/jan/07/nation/na-armenia7/2 2015年6月28日閲覧。 
  33. ^ Barack Obama on the Importance of US-Armenia Relations”. Armenian National Committee of America英語版 (2008年1月19日). 2012年7月24日閲覧。
  34. ^ Armenian in United States”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h Population by sex, age group and country of birth”. Eurostat (2013年1月3日). 2013年1月4日閲覧。
  36. ^ Auron, Yair (2005). The banality of denial: Israel and the Armenian genocide. New Brunswick, New Jersey: Transaction Publishers英語版. p. 67. ISBN 978-0-7658-0834-9. 
  37. ^ Armenians in France”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  38. ^ “French Senate Eyes Genocide Bill; Turkey Bristles”. Dawn英語版. (2012年1月23日). http://dawn.com/2012/01/23/french-senate-eyes-genocide-bill-turkey-bristles/ 2013年1月5日閲覧。 
  39. ^ Taylor, Tony (2008). Denial: history betrayed. Carlton, Victoria英語版: Melbourne University Publishing. p. 4. ISBN 978-0-522-85482-4. 
  40. ^ Ethnic Groups by Major Administrative-Territorial Units (Report). National Statistics Office of Georgia. http://geostat.ge/cms/site_images/_files/english/census/2002/03%20Ethnic%20Composition.pdf 2015年6月28日閲覧。. 
  41. ^ Armenians in Georgia”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  42. ^ Armenian, Ermini in Iran”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  43. ^ Վարդանյան, Թամարա (2007年6月21日). “Իրանահայ Համայնք. Ճամպրուկային Տրամադրություններ”. "Նորավանք" հիմնադրամ. 2013年1月5日閲覧。
  44. ^ Semerdjian, Harout Harry (2013年1月14日). “Christian Armenia and Islamic Iran: An unusual partnership explained”. The Hill. http://thehill.com/blogs/congress-blog/foreign-policy/276961-christian-armenia-and-islamic-iran-an-unusual-partnership-explained 2015年6月28日閲覧。 
  45. ^ Elik, Suleyman (2013). Iran-Turkey Relations, 1979-2011: Conceptualising the Dynamics of Politics, Religion and Security in Middle-Power States. Durham Middle East and Islamic World Series. USA and Canada: Routledge. p. 116. ISBN 9780415680875. https://books.google.nl/books?id=EhqpAgAAQBAJ&pg=PA116&lpg=PA116&dq=armenians+in+iran+200,000&source=bl&ots=DhqUdYKt_C&sig=DZSYWi-us3fHcucFxNrbdoEEkwY&hl=nl&sa=X&ei=oHoOVafyDcvuaIadgWA&ved=0CCwQ6AEwBTgK. 
  46. ^ Rezvani, Babak (2014). Conflict and Peace in Central Eurasia: Towards Explanations and Understandings. Leiden, The Netherlands: BRILL英語版. p. 99. ISBN 9789004276352. https://books.google.nl/books?id=juziBQAAQBAJ&pg=PA99&dq=armenians+in+iran+250,000&hl=nl&sa=X&ei=Y3cOVfXeG8TxaPajgqgH&ved=0CBwQ6AEwAA. 
  47. ^ “In Iran, 'crackdown' on Christians worsens”. Christian Examiner. (2009年4月). http://www.christianexaminer.com/Articles/Articles%20Apr09/Art_Apr09_23.html 2015年4月22日閲覧。 
  48. ^ Brunn, Stanley D.; Toops, Stanley W.; Gilbreath, Richard (2012). The Routledge Atlas of Central Eurasian Affairs. USA and Canada: Routledge. p. 148. ISBN 978-0-415-49750-3. https://books.google.nl/books?id=KX4SWvPd5PwC&pg=PA148&lpg=PA148&dq=armenians+in+iran+500,000&source=bl&ots=EdTAI0rIkc&sig=7rU5tsMC-zv8B5VXwbC8RmEYdg4&hl=nl&sa=X&ei=v3sOVazhIsrraKycgvgI&ved=0CCkQ6AEwBA. 
  49. ^ The distribution of the population by nationality and mother tongue”. State Statistics Committee of Ukraineウクライナ語版. 2015年6月28日閲覧。
  50. ^ Armenian in Ukraine”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  51. ^ “Украина - Родина для 100 тысяч украинских армян”. Interロシア語版. (2010年8月12日). http://inter.ua/ru/video/episode/independence/2010/08/12/Armenia 2013年1月5日閲覧。 
  52. ^ “Армяне уезжают из Украины”. News.am. (2011年1月10日). http://news.am/rus/news/44065.html 2013年1月5日閲覧。 
  53. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 290
  54. ^ Armenian in Lebanon”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  55. ^ a b c d e Informe sobre el español en Armenia (Report). Centro de Investigación y Documentación del Instituto Cervantes. p. 15. http://www.cervantes.es/imagenes/file/cidic/informe_sobre_el_espanol_en_armenia.pdf 2015年6月28日閲覧。. 
  56. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 100
  57. ^ Armenians in Argentina”. Joshua Project. 2015年7月3日閲覧。
  58. ^ Բեդեւյան, Աստղիկ (2012年3月9日). “Սիրիահայերը սկսել են Հայաստան գալ”. «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. http://www.azatutyun.am/content/article/24510138.html 2013年1月5日閲覧。 
  59. ^ Քալսահակեան, Հրաչ (2012年2月1日). “Միջին Արեւելքի հայության ապագան սուրիահայութեան փորձառութեան լոյսին տակ”. "Նորավանք" հիմնադրամ. 2013年1月5日閲覧。
  60. ^ Armenian in Syria”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  61. ^ Khojoyan, Sara (2009年10月16日). “Armenian in Istanbul: Diaspora in Turkey welcomes the setting of relations and waits more steps from both countries”. ArmeniaNow. http://armenianow.com/news/10672/armenian_in_istanbul_diaspora_in_t 2013年1月5日閲覧。 
  62. ^ “Foreign Ministry: 89,000 minorities live in Turkey”. Today's Zaman英語版. (2008年12月15日). http://www.todayszaman.com/national_foreign-ministry-89000-minorities-live-in-turkey_161291.html 2013年1月5日閲覧。 
  63. ^ Armenian, Ermeni in Turkey”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  64. ^ a b c d e f g h i j k Population by sex, age group and citizenship”. Eurostat. 2013年1月4日閲覧。
  65. ^ Armenians in Greece”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  66. ^ Բեդեւյան, Աստղիկ (2011年1月18日). “Հունաստանի հայ համայնքը պատրաստվում է Հայաստանի նախագահի հետ հանդիպմանը”. «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. http://www.armenialiberty.org/content/article/2279357.html 2013年1月5日閲覧。 
  67. ^ В Абхазии опубликованы результаты переписи населения”. Наша Абхазия (2011年12月28日). 2015年6月28日閲覧。
  68. ^ Chirikba, V. A. (2008). “Armenians and Their Dialects in Abkhazia”. In Lubotsky, Alexander; Schaeken, Jos; Wiedenhof, Jeroen. Evidence and Counter-Evidence: Essays in Honor of Frederik Kortlandt. Studies in Slavic and General Linguistics 33. Volume 2: General Linguistics. Amsterdam and New York: Rodopi. p. 55. ISBN 978-90-420-2471-7. http://independent.academia.edu/ViacheslavChirikba/Papers/832581/ARMENIANS_AND_THEIR_DIALECTS_IN_ABKHAZIA. 
  69. ^ “Աբխազիայում պայքարում են հայկական դպրոցների կենսունակության համար”. Երկիր Մեդիա. (2011年5月19日). オリジナルの2014年6月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140611161945/http://www.yerkirmedia.am/?id=627 
  70. ^ 2006 Census Topic-based tabulations”. Statistics Canada (2014年7月17日). 2015年6月28日閲覧。
  71. ^ Armenians in Canada”. Joshua Project. 2015年7月3日閲覧。
  72. ^ Vartanian, Hrag (2000年1月1日). “Armenians in Ontario and Quebec: The Long Road to Canada”. Armenian General Benevolent Union英語版. 2015年6月28日閲覧。
  73. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 331
  74. ^ 2006 Census of Population and Housing Ancestry (full classification list) by sex (Report). Australian Bureau of Statistics. http://archive.org/download/2006AustraliaAncestry/20680-c23-australiaaustralia.xls. 
  75. ^ Armenians in Australia”. Joshua Project. 2015年7月3日閲覧。
  76. ^ Armenian-Australian Community”. Armenian National Committee Of Australia. 2013年1月5日閲覧。
  77. ^ Thon, Caroline (2012). Armenians in Hamburg: An Ethnographic Exploration into the Relationship between Diaspora and Success. lines. Beitrage zur Stadtforschung aus dem Institut fur Ethnologie der Universitat Hamburg (Bd. 8). Berlin: LIT Verlag. p. 35. ISBN 978-3-643-90226-9. 
  78. ^ Armenians in Germany”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  79. ^ Համայնքի մասին”. ԳԴՀ-ում Հայաստանի Հանրապետության դեսպանություն. 2013年1月27日閲覧。
  80. ^ Armenian in Spain”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  81. ^ Խաչատրյանը, Գայանե (2008年12月4日). “Իմ խորհուրդն է Հայաստանի հայերին՝ մնալ իրենց երկրում”. Azg Daily. http://www.azg.am/AM/print/2008120402 2013年1月5日閲覧。 
  82. ^ “Armenios, el genocidio olvidado”. Diariocrítico.com. (2011年1月1日). http://www.diariocritico.com/noticia/74646/noticias/armenios-el-genocidio-olvidado.html 2015年7月3日閲覧。 
  83. ^ Всесоюзная перепись населения 1989 года. Национальный состав населения по республикам СССР: В расположенном ниже списке выберите республику Узбекская ССР”. Демоскоп Weekly. 2015年7月3日閲覧。
  84. ^ Armenian in Uzbekistan”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  85. ^ Этнический атлас Узбекистана / ответственный редактор: Ильхамов А. — Институт «Открытое общество», 2002. — 32 с. — ISBN 5-86280-010-7.
  86. ^ Армянский национальный культурный центр Узбекистана (АНКЦ УЗ)”. Армянский информационный сайт Miasin.Ru (2008年7月16日). 2012年9月28日閲覧。
  87. ^ “Բրազիլահայ համայնքը լուրջ խնդիրներ ունի”. Panorama.am. (2012年5月31日). http://www.panorama.am/am/society/2012/05/31/brazilia/ 2013年1月5日閲覧。 
  88. ^ Եղիազարյան Լ., Նալբանդյան-Մարգարյանի Մ. Բրազիլահայ համայնքը // Լրաբեր Հասարակական գիտությունների : ամսագիր. — Երևան: Հայաստանի գիտությունների ակադեմիան, 2007. — № 3. — С. 69. — ISSN 0320-8117.
  89. ^ Armenians in Brazil”. Joshua Project. 2015年7月3日閲覧。
  90. ^ “Իրաքում ընդհանուր առմամբ մնացել է շուրջ 10 հազար հայ”. News.am. (2011年11月30日). http://news.am/arm/news/83971.html 2013年1月27日閲覧。 
  91. ^ Armenians in Iraq”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  92. ^ Всесоюзная перепись населения 1989 года. Национальный состав населения по республикам СССР: В расположенном ниже списке выберите республику Туркменская ССР”. Демоскоп Weekly. 2013年1月27日閲覧。
  93. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 203
  94. ^ “TURKMENISTAN: Focus on Armenian migrants”. IRIN. (2004年5月6日). http://www.irinnews.org/Report/24230/TURKMENISTAN-Focus-on-Armenian-migrants 2013年1月27日閲覧。 
  95. ^ Armenian in Turkmenistan”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  96. ^ Население към 01.03.2001 г. по области и етническа група. Република България Националния статистически институт. http://www.nsi.bg/Census/Ethnos.htm 2013年1月5日閲覧。. 
  97. ^ Armenians in Bulgaria”. Joshua Project. 2015年7月3日閲覧。
  98. ^ Արեվելյան Եվրոպայի հայ համայնքների խնդիրները (2011) էջ. 48
  99. ^ (PDF) Raport z wyników: Narodowy Spis Powszechny Ludności i Mieszkań 2011. Warszawa: Główny Urząd Statystycznyポーランド語版. (2012). p. 107. http://stat.gov.pl/cps/rde/xbcr/gus/lud_raport_z_wynikow_NSP2011.pdf. 
  100. ^ Armenian in Poland”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  101. ^ Արեվելյան Եվրոպայի հայ համայնքների խնդիրները (2011) էջեր. 29, 71
  102. ^ “40,000 Polish-Armenians with no community”. “Azg” (Hayern Aysor). (2011年6月18日). http://test.armdiasporamuseum.com/en/%D5%AC%D5%A5%D5%B0%D5%A1%D5%BD%D5%BF%D5%A1%D5%B6%D5%B8%D6%82%D5%B4-%D5%A2%D5%B6%D5%A1%D5%AF%D5%BE%D5%B8%D6%82%D5%B4-%D5%A7-40-000-%D5%B0%D5%A1%D5%B5-%D5%BD%D5%A1%D5%AF%D5%A1%D5%B5%D5%B6-%D5%B0%D5%A1/ 2015年7月3日閲覧。 
  103. ^ Belhadj, Marnia; Piçarra, Nuno; Borges, Francisco; Kicinger, Anna (2010). Policies on irregular migrants. Migration Collection. Volume III: France, Portugal and Poland. Strasbourg: Council of Europe. p. 118. ISBN 978-92-871-6768-2. 
  104. ^ Ethnic composition of Kazakhstan 2010 (based on 1999 census)”. Population statistics of Eastern Europe. 2015年7月3日閲覧。
  105. ^ Armenians in Kazakhstan”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  106. ^ Հայ համայնքը Ղազախստանում”. Ղազախստանում Հայաստանի դեսպանություն. 2013年1月27日閲覧。
  107. ^ Мартиросян, Ара (2008年11月9日). “В Казахстане число армян возросло”. Azg Armenian Daily. http://www.azg.am/RU/2002040509 2013年1月27日閲覧。 
  108. ^ Население по Национальности и Владению Другими Языками (человек) Республика Беларусь (Report). Национальный статистический комитет Республики Беларусь. (2010-08-12). http://belstat.gov.by/uploads/file/GU_demogr/5.10-0.pdf. 
  109. ^ Armenians in Belarus”. Joshua Project. 2015年7月3日閲覧。
  110. ^ a b c Population”. ArmeniaDiaspora.com. 2008年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月5日閲覧。
  111. ^ Հակոբյան, Թաթուլ (2008年11月9日). “Ռոբերտ Քոչարյանը հանդիպեց Բելառուսի հայ համայնքի ներկայացուցիչներին”. «Ազգ» օրաթերթ. http://www.azg.am/AM/2002060803 2013年1月27日閲覧。 
  112. ^ Nationality and country of birth by age, sex and qualifications Jan - Dec 2013 (Report). Office for National Statistics. http://www.ons.gov.uk/ons/about-ons/business-transparency/freedom-of-information/what-can-i-request/published-ad-hoc-data/labour/april-2014/nationality-and-country-of-birth-by-age--sex-and-qualifications-jan---dec-2013.xls. 
  113. ^ The Community / Համայնքի”. Armenian Community and Church Council of Great Britain. 2013年1月27日閲覧。
  114. ^ Armenian in United Kingdom”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  115. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 613
  116. ^ Armenian in Uruguay”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  117. ^ Armenian, Ermeni in Hungary”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  118. ^ Արեվելյան Եվրոպայի հայ համայնքների խնդիրները (2011) էջ. 101
  119. ^ Généralités d'ordre géographique, démolinguistique et politique”. Université Lavalフランス語版. 2013年1月27日閲覧。
  120. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 150
  121. ^ Armenians in Egypt”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  122. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 114
  123. ^ Armenian in Netherlands”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  124. ^ “Հոլանդական լրատվական կայքերից մեկի թուրք լրագրողը հեռացվել է աշխատանքից Հայոց ցեղասպանությունը ժխտելու եւ ներողություն չհայցելու համար”. News.am. (2010年1月14日). http://news.am/arm/news/12183.html 2013年1月27日閲覧。 
  125. ^ We have around 6,000 Armenians in Kuwait, says ambassador”. Tert.am (2013年5月30日). 2015年7月3日閲覧。
  126. ^ Armenians in Kuwait”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  127. ^ Ethnic composition of Romania 2002”. Population statistics of Eastern Europe. 2013年2月4日閲覧。
  128. ^ Armenian in Romania”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  129. ^ Avakian, Florence (2012年6月26日). “500th Anniversary of ‘Church of Miracles’ in Romania to Be Celebrated in August”. The Armenian Mirror-Spectator. https://web.archive.org/web/20140622181833/http://www.mirrorspectator.com/2012/06/26/500th-anniversary-of-church-of-miracles-in-romania-to-be-celebrated-in-august/ 2014年6月22日閲覧。 
  130. ^ Արեվելյան Եվրոպայի հայ համայնքների խնդիրները (2011) էջ. 153
  131. ^ Armenian in United Arab Emirates”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  132. ^ Armenians in Czech Republic”. Joshua Project. 2015年7月3日閲覧。
  133. ^ Ղանալանյան, Տիգրան (2013年1月17日). “Չեխիայի հայ համայնքը”. "Նորավանք" հիմնադրամ. 2013年1月27日閲覧。
  134. ^ Armenians in Qatar”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  135. ^ “Հայաստանի նախագահը՝ Շվեդիայում”. «Ազատ Եվրոպա/Ազատություն» ռադիոկայան. (2006年2月7日). http://www.azatutyun.am/content/article/1580374.html 2013年1月27日閲覧。 
  136. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 539
  137. ^ Armenian in Venezuela”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  138. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 92
  139. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 367
  140. ^ Armenians in Jordan”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  141. ^ Всесоюзная перепись населения 1989 года. Национальный состав населения по республикам СССР: В расположенном ниже списке выберите республику Таджикская ССР”. Демоскоп Weekly. 2013年2月4日閲覧。
  142. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 581
  143. ^ Armenian in Tajikistan”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  144. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 214
  145. ^ Armenians in Israel”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  146. ^ Ethnic composition of Azerbaijan 2009”. Population statistics of Eastern Europe. 2015年7月3日閲覧。
  147. ^ Этнический состав Азербайджана (по переписи 1999 года)”. Демоскоп Weekly. 2015年7月3日閲覧。
  148. ^ de Waal, Thomas (2003) (PDF). Black Garden: Armenia and Azerbaijan Through Peace and War. New York and London: New York University Press. p. 104. ISBN 978-0814719459. http://raufray.files.wordpress.com/2010/11/0814719449.pdf. 
  149. ^ Всесоюзная перепись населения 1989 года. Национальный состав населения по республикам СССР: В расположенном ниже списке выберите республику Молдавская ССР”. Демоскоп Weekly. 2013年2月4日閲覧。
  150. ^ Armenian in Moldova”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  151. ^ Сафонов И. (2011年6月3日). “Армянин – он и в Молдове армянин”. pan.md. http://pan.md/?r=news/show&id=11014 2013年1月6日閲覧。 
  152. ^ Armenians in Itary”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  153. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 220
  154. ^ Armenian in West Bank / Gaza”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  155. ^ Latvijas iedzīvotāju sadalījums pēc valstiskās piederības (Datums=01.01.2015) (Report). Pilsonības un migrācijas lietu pārvalde. (2015-01-28). p. 1. http://www.pmlp.gov.lv/lv/assets/documents/statistika/01.01.2015/ISVP_Latvija_pec_VPD.pdf. 
  156. ^ Armenian in Latvia”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  157. ^ “Հայերը փորձում են Լատվիան օգտագործել որպես ցատկահարթա՞կ դեպի Եվրոպա ճանապարհին”. News.am. (2011年11月23日). http://news.am/arm/news/83010.html 2013年1月6日閲覧。 
  158. ^ Main results - Census of population 2001 (compared to Census of 1992) (Report). Republic of Cyprus, Ministry of Interior, Press and Information Office. http://www.pio.gov.cy/mof/cystat/statistics.nsf/All/805CB6E0CF012914C2257122003F3A84/$file/MAIN%20RESULTS-EN.xls?OpenElement 2013年2月4日閲覧。. 
  159. ^ Armenians in Cyprus”. Joshua Project. 2015年7月3日閲覧。
  160. ^ Հովյան, Վահրամ. “Կիպրահայ համայնք. համայնքային, քաղաքական եվ սոցիալական որոշ հարցեր”. "Նորավանք" հիմնադրամ. 2013年1月27日閲覧。
  161. ^ Šmutov, Toimetas Martin (2012年9月17日). “Eestis elab 192 rahvuse esindajaid”. Õhtuleht. 2015年7月3日閲覧。
  162. ^ Armenians in Estonia”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  163. ^ “Էստոնիայում հայերը հիմնականում ինտելիենցիայի ներկայացուցիչներ են”. PanARMENIAN.Net英語版. (2004年11月16日). http://panarmenian.net/m/arm/news/11694 2013年1月27日閲覧。 
  164. ^ Перепись населения и жилищного фонда Кыргызской Республики 2009. Книга 2. Часть 1. (в таблицах). Население Кыргызстана (Report). Бишкек: Национальный Статистический Комитет Кыргызской Республики. (2010). オリジナルの2011-08-10時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110810174344/http://212.42.101.100:8088/nacstat/sites/default/files/3.1.pdf. 
  165. ^ Հայ համայնքը Ղրղզստանում”. Ղազախստանում Հայաստանի դեսպանություն. 2013年1月27日閲覧。
  166. ^ Armenian, Ermeni in Kyrgyzstan”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  167. ^ Armenian in Denmark”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  168. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 149
  169. ^ Armenians in Honduras”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  170. ^ Armenian in Saudi Arabia”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  171. ^ Armenian in Sudan”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  172. ^ Gyventojai pagal tautybę, gimtąją kalbą ir tikybą: Lietuvos Respublikos 2011 metų visuotinio gyventojų ir būstų surašymo rezultatai (Report). Oficialiosios statistikos portalas. (2013-03-15). p. 7. http://www.stat.gov.lt/en/pages/view/?id=1731. 
  173. ^ Armenian in Lithuania”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  174. ^ Юркявичене Е. (2011年7月28日). “Сурен Сергеев: "Армяне живут в Литве с ХVI века"”. Экспресс-неделя. http://www.nedelia.lt/news-lt/aktual/20074-suren-sergeev-armyane-zhivut-v-litve-s-hvi-veka.html 2013年1月6日閲覧。 
  175. ^ Armenians in Chile”. Joshua Project. 2015年7月3日閲覧。
  176. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 436
  177. ^ Persons with immigrant background by immigration category, country background and gender. 1 January 2012”. Statistics Norwayノルウェー語版. 2013年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月27日閲覧。
  178. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 420
  179. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 620
  180. ^ Ständige und nichtständige Wohnbevölkerung nach detaillierter Staatsangehörigkeit, am Ende des Jahres 1) (Report). Bundesamt für Statistik英語版. http://www.bfs.admin.ch/bfs/portal/de/index/themen/01/07/blank/data/01.Document.88361.xls. 
  181. ^ a b Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 535
  182. ^ “Մալթայի հայ համայնքը ապրիլի 24-ին հավաքվել է խաչքար-հուշարձանի մոտ”. PanARMENIAN.Net. (2011年4月25日). http://panarmenian.net/m/arm/news/68229 2013年1月27日閲覧。 
  183. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 31
  184. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 403
  185. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 357
  186. ^ Armenians in India”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  187. ^ Попис становништва, домаћинстава и станова 2011. у Републици Србији: Становништво према националној припадности (Report). Република Србија Републички завод за статистику. http://webrzs.stat.gov.rs/WebSite/userFiles/file/Aktuelnosti/Etnicke_zajednice_sa_manje_od_2000_pripadnika_i_dvojako_izjasnjeni.pdf. 
  188. ^ Ավագյան, Սոնա (2009年12月11日). “Սերբիայի 300 հոգանոց հայկական համայնքը ձուլվում է”. Հետք. http://hetq.am/arm/news/41835/serbiayi-300-hoganoc-haykakan-hamaynqy-dzulvum-e.html 2015年6月29日閲覧。 
  189. ^ Ասատրեան, Յակոբ (2009年8月13日). “Սքոփիէյի հայ համայնքը պիտի ունենայ իր շաբաթօրեայ դպրոցը”. Հայրենիք. https://web.archive.org/web/20140622182050/http://hairenikweekly.com/2009/08/13/%D5%BD%D6%84%D5%B8%D6%83%D5%AB%D5%A7%D5%B5%D5%AB-%D5%B0%D5%A1%D5%B5-%D5%B0%D5%A1%D5%B4%D5%A1%D5%B5%D5%B6%D6%84%D5%A8-%D5%BA%D5%AB%D5%BF%D5%AB-%D5%B8%D6%82%D5%B6%D5%A5%D5%B6%D5%A1%D5%B5-%D5%AB%D6%80/ 2014年6月22日閲覧。 
  190. ^ a b Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 351
  191. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 165
  192. ^ Armenians in Ethiopia”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  193. ^ “175 and Counting: Armenians in Singapore celebrate church anniversary”. ArmeniaNow'. (2011年3月11日). http://www.armenianow.com/news/28575/armenians_singapore_church 2013年1月5日閲覧。 
  194. ^ Armenian in Singapore”. Joshua Project. 2015年7月4日閲覧。
  195. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 419
  196. ^ Իռլանդիայի 150 հայ բնակիչները եկեղեցու եւ դպրոցի կարիք ունեն”. "Նորավանք" հիմնադրամ (2010年9月9日). 2013年1月27日閲覧。
  197. ^ Armenians of Bahrain”. Azad-Hye (2006年10月21日). 2015年7月3日閲覧。
  198. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 350
  199. ^ 国籍・地域別 在留資格(在留目的)別 総在留外国人 (Report). 総務省統計局. (2015-04-24). http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/Xlsdl.do?sinfid=000029226525 2015年6月28日閲覧。. 
  200. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 387
  201. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 438
  202. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 173
  203. ^ Այվազյան, Սարգսյան (2003) էջ. 391
  204. ^ Lawson, Alastair (2003年1月10日). “The mission of Dhaka's last Armenian”. BBC NEWS. http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/2645617.stm 2015年1月23日閲覧。 
  205. ^ Whitehead, Andrew (2014年8月27日). “The last Armenians of Myanmar”. BBC NEWS. 2015年7月3日閲覧。

参考文献編集

書籍編集

雑誌編集

関連項目編集

外部リンク編集