アル・ケーライン

アメリカの野球選手 (1934 - 2020)

アルバート・ウィリアム・ケーラインAlbert William "Al" Kaline, 1934年12月19日 - 2020年4月6日)は、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア出身の元プロ野球選手(右翼手)。右投げ右打ち。

アル・ケーライン
Al Kaline
Al Kaline 1957.jpg
1957年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州ボルチモア
生年月日 (1934-12-19) 1934年12月19日
没年月日 (2020-04-06) 2020年4月6日(85歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1953年 (ドラフト制度なし)
初出場 1953年6月25日
最終出場 1974年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1980年
得票率 88.3%
選出方法 BBWAA選出

現役22年間をデトロイト・タイガース一筋で過ごし、"Mr. Tiger"(ミスター・タイガー)と呼ばれた。

経歴編集

少年時代編集

ケーラインは1934年12月19日メリーランド州ボルチモアで生まれる。家は非常に貧しく、身内でもセミプロの野球選手はいたが、家族は誰も高校まで進学した者はいなかった。

幼少時より少年野球を始め、主に投手をしていたが、ケーラインが8歳のときに自らの左足に骨髄炎を発症してしまい、その患部を除去する手術を受けたために終生左足にハンデを抱くことになってしまうものの、幸い投手であったことから左足に負担がかからずに少年時代を過ごせたという。

高校は地元・ボルチモアのボルチモア・サザン・ハイスクールに進学し、当初はバスケットボールアメリカンフットボールの選手だったが、怪我をしたことにより野球に転向する。高校の野球チームでは投手が多くいたため、外野手にコンバートされた。

後にケーラインは、高校時代の自らを「劣等生」と振り返るが、高校時代の教師と信頼を得たことで無事に高校生活を過ごし、そして野球選手になれたと振り返っている。

メジャーリーガー時代(1953年 - 1974年)編集

 
1957年、当時22歳

1953年にケーラインは高校を卒業し、デトロイト・タイガースと契約。この時の契約金が35,000ドル (現在のレートでは334,459ドル)だったため、当時メジャーリーグベースボールに適用されていたボーナス・ルール[1]が適用され、同年6月25日タイガースに合流してメジャーデビューを果たし、同年は30試合に出場した。また、背番号も新人時代は「25」をつけていたが、その翌年より「6」をつけることになる。

1955年、20歳のケーラインは152試合に出場、同年のオールスターゲームにも初出場し、この後1967年まで連続出場する。そして、シーズン終了時のケーラインは打率.340・27本塁打・102打点・200安打の成績を挙げ、メジャーリーグ史上最年少の首位打者となり、これがケーライン唯一の打撃タイトルである。メジャー史上最年少首位打者は、チームの大先輩タイ・カッブとわずか1日差であった。また、MVP投票でも同年受賞したヨギ・ベラに次ぐ2位投票数を獲得した。

1956年も前年の勢いで打率.314・27本塁打・128打点をマークするほか、守備でも18補殺を記録した。1957年、新たに創設されたゴールドグラブ賞を初受賞し、さらに1958年にも23補殺をマークする。

1961年、打率.324をマークし、同年首位打者になったチームメイトのノーム・キャッシュ(.361)に次ぐ打率だった。

1962年は開幕から35試合までに打率.345・13本塁打・38打点を挙げたところの同年5月26日ニューヨーク・ヤンキース戦の試合中に鎖骨を骨折して、この後57試合欠場という長期離脱を余儀なくされた。それでも、復帰後はシーズン終了までに100試合出場して29本塁打・94打点を挙げており、同年のシーズンオフは日米野球に参加(タイガース単独チーム)して来日している。

1963年は打率.312・27本塁打・101打点を挙げ、MVP投票でも受賞したエルストン・ハワードに次ぐ得票数を挙げた。

1964年、幼少期より患った左足の骨髄炎から来る痛みに、このシーズンは終始悩まされる。そのため、シーズン終了後に左足の整形手術を受けることになる。 この年以降は怪我との戦いが多く、1967年夏にバットのラックに手をぶつけて骨折、翌1968年は腕を骨折して2か月も戦線離脱を余儀なくされた。
しかし、残されたチームメイトらの奮起やメイヨ・スミス監督の適切な起用もあり、チームはアメリカン・リーグ優勝を果たし、ワールドシリーズに出場することになる。セントルイス・カージナルスを相手に迎えたシリーズでのケーラインは29打数11安打・打率.379・2本塁打・8打点を挙げ、チームを1945年以来となるワールドシリーズ制覇に貢献した。

1971年、年俸更改でケーラインはタイガースの選手として初の100,000ドル (現在のレートで631,306ドル)をチームより提示されるが、自身はこれを固辞し、95,000ドルから100,000ドルの間を希望する。これには前年の1970年シーズンの打率.278・21本塁打しか挙げていなかったことが一因だったという。

1974年は前年より導入された指名打者としてすごし、同年9月24日、故郷ボルチモアでのボルチモア・オリオールズ戦にてデーブ・マクナリーから二塁打を放って通算3,000本安打を達成。達成後に、今シーズン限りの現役引退を表明する。その後最終戦となる10月2日までに通算3,007安打をマークして現役を引退した。

ケーラインの残した記録のうち、2,834試合出場・1,277四球・399本塁打はタイガースの球団記録で、とくに本塁打はあと1本で400本塁打となっただけに惜しまれた。また、通算3,007安打も、タイ・カッブの球団記録(3,902安打)に次ぐ第2位と、堂々たる記録である。

引退後編集

 
ケーラインの背番号「6」。
デトロイト・タイガースの永久欠番1980年指定。

引退の翌1975年から、2002年までジョージ・ケルらと共にタイガース戦の中継放送に関わり、2002年に退任した後はタイガースの球団特別顧問・アドバイザーとして、後進の指導を行った。

1980年に記者投票にてアメリカ野球殿堂デューク・スナイダーと共に殿堂入りを果たす。同年、殿堂入りを記念して古巣タイガースはケーラインの背番号6』をタイガース初の永久欠番に指定した。

現本拠地コメリカ・パークにあるケーラインの銅像は外野守備の名手らしく、外野フェンスに寄りながら捕球する姿となっている。

2020年4月6日、家族より死去したことが発表された[2]。85歳没。なお、死因は明らかにされていない。

選手としての特徴編集

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1953 DET 30 30 28 9 7 0 0 1 10 2 1 0 0 -- 1 -- 1 5 1 .250 .300 .357 .657
1954 138 535 504 42 139 18 3 4 175 43 9 5 7 2 22 -- 0 45 21 .276 .305 .347 .652
1955 152 681 588 121 200 24 8 27 321 102 6 8 0 6 82 12 5 57 13 .340 .421 .546 .967
1956 153 693 617 96 194 32 10 27 327 128 7 1 1 4 70 4 1 55 10 .314 .383 .530 .913
1957 149 636 577 83 170 29 4 23 276 90 11 9 6 7 43 7 3 38 10 .295 .343 .478 .821
1958 146 607 543 84 170 34 7 16 266 85 7 4 3 5 54 6 2 47 18 .313 .374 .490 .864
1959 136 595 511 86 167 19 2 27 271 94 10 4 2 6 72 12 4 42 11 .327 .410 .530 .940
1960 147 629 551 77 153 29 4 15 235 68 19 4 5 5 65 3 3 47 18 .278 .354 .426 .781
1961 153 665 586 116 190 41 7 19 302 82 14 1 4 5 66 2 4 42 16 .324 .393 .515 .909
1962 100 452 398 78 121 16 6 29 236 94 4 0 2 4 47 3 1 39 17 .304 .376 .593 .969
1963 145 616 551 89 172 24 3 27 283 101 6 4 3 4 54 12 4 48 12 .312 .375 .514 .889
1964 146 608 525 77 154 31 5 17 246 68 4 1 2 3 75 6 3 51 12 .293 .383 .469 .851
1965 125 474 399 72 112 18 2 18 188 72 6 0 0 3 72 11 0 49 9 .281 .388 .471 .859
1966 142 572 479 85 138 29 1 29 256 88 5 5 1 6 81 7 5 66 7 .288 .392 .534 .927
1967 131 550 458 94 141 28 2 25 248 78 8 2 2 6 83 10 1 47 16 .308 .411 .541 .952
1968 102 389 327 49 94 14 1 10 140 53 6 4 1 3 55 7 3 39 4 .287 .392 .428 .820
1969 131 518 456 74 124 17 0 21 204 69 1 2 0 7 54 4 1 61 11 .272 .346 .447 .793
1970 131 555 467 64 130 24 4 16 210 71 2 2 3 7 77 5 1 49 20 .278 .377 .450 .826
1971 133 501 405 69 119 19 2 15 187 54 4 6 1 6 82 9 7 57 12 .294 .416 .462 .878
1972 106 314 278 46 87 11 2 10 132 32 1 0 1 5 28 5 2 33 11 .313 .374 .475 .849
1973 91 347 310 40 79 13 0 10 122 45 4 1 0 5 29 4 3 28 10 .255 .320 .394 .713
1974 147 630 558 71 146 28 2 13 217 64 2 2 1 5 65 2 1 75 12 .262 .337 .389 .726
通算:22年 2834 11597 10116 1622 3007 498 75 399 4852 1583 137 65 45 104 1277 131 55 1020 271 .297 .376 .480 .855
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

表彰編集

記録編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 当時新人選手で4,000ドル以上の契約金を結んだ新人選手は、メジャーリーグのロースターに2年間入れる特例。1965年にドラフト導入により廃止。ちなみにサンディ・コーファックスハーモン・キルブルーもこのケースでメジャーリーガーとしてスタートした。
  2. ^ アル・ケーライン氏が死去 タイガース一筋で通算3007安打、野球殿堂入りも” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2020年4月7日). 2020年4月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集