アル・バスタキヤ

アル・バスタキヤアラビア語: البستكية‎,英語: Al Bastakiya)は、アラブ首長国連邦ドバイバール・ドバイ地区にある伝統的建物を保存した歴史地区アル・ファヒーディ歴史地区アラビア語: حي الفهيدي التاريخي‎,英語: Al Fahidi Historical District)や、単にバスタキヤと呼ばれることもある。

アル・バスタキヤ(2009年)

ペルシア湾アラビア半島側で、風の塔(空調用の自然通気塔でBarajeel[1]と呼ばれる)を持つ建物が唯一残る旧市街であり、ドバイで最も古い風景を残している地区である[2]。地域の広さは約31,000m2で、19世紀中頃から1970年代まで使われていた約60棟の建物が保存[1]され、一部は文化施設やホテル、アートギャラリーやカフェなどとして使われ公開されている。

アル・バスタキヤ地区の西側に隣接して首長官邸(Ruler's Court)とディワン・モスク(Diwan Mosque)があり、地区の北側はドバイ・クリークに面した岸壁である。

アクセス編集

参考文献編集

座標: 北緯25度15分50秒 東経55度18分0秒 / 北緯25.26389度 東経55.30000度 / 25.26389; 55.30000