アレクサンダル・ヘモン

アレクサンダル・ヘモン: Aleksandar Hemon、セルビア語: Александар Xeмoн、1964年9月9日- )は、ボスニア出身のアメリカ合衆国作家

アレクサンダル・へモン
Aleksandar Hemon 3280355.jpg
誕生 (1964-09-09) 1964年9月9日(57歳)
サラエボ
職業 作家
最終学歴 サラエボ大学
テンプレートを表示

人物・来歴編集

ユーゴスラヴィアのボスニア・ヘルツェゴヴィナのサラエボに生まれる。父親はウクライナ系、母親はセルビア系。サラエボ大学を卒業。ラジオや雑誌の仕事をする。1992年にアメリカ合衆国文化交流プログラムで渡るが、その間サラエボがセルビア人によって包囲され帰国できなくなる。そのためシカゴに住み、英語で文芸作品を発表するようになる。2002年『ノーホエア・マン』で亡命者としての存在を描き「現代のナボコフ」と呼ばれて賞賛された。

2008年に刊行された長編第二作The Lazarus Projectは全米図書賞ほか数々の文学賞の候補になった。2015年には長編第三作The Making of Zombie Warsを刊行している[1]

日本語訳編集

脚注編集

  1. ^ 『私の人生の本』秋草俊一郎解説