アレクサンダー・アースキン (第5代ケリー伯爵)

第5代ケリー伯爵アレクサンダー・アースキン英語: Alexander Erskine, 5th Earl of Kellie1756年4月3日没)は、スコットランド貴族。1710年までフェントン子爵儀礼称号を使用した[1]

生涯編集

第4代ケリー伯爵アレクサンダー・アースキンとアン・リンジー(Anne Lindsay、1674年5月20日洗礼 – 1743年2月4日、第3代バルカレス伯爵コリン・リンジーの娘)の息子として生まれた[1]。1710年3月8日に父が死去すると、ケリー伯爵の爵位を継承した[1]

1745年ジャコバイト蜂起ジャコバイトを支持したため、1746年7月11日に出頭を余儀なくされ、1747年恩赦法(Act of Indemnity 1747)でも対象外にされた[1]。しかし、エディンバラ城で投獄されるだけで起訴されることはなく、1749年10月11日に釈放された[1]

1756年4月3日にケリー英語版で死去、息子トマス・アレクサンダーが爵位を継承した[1]

家族編集

1726年、ルイーサ・マリ(Louisa Moray、1729年11月11日没、ウィリアム・マリの娘)と結婚した[2]。1731年10月、ジャネット・ピトケアン(Janet Pitcairn、1775年6月7日没、アーチボルド・ピトケアンの娘)と再婚、3男3女をもうけた[2]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 102–103.
  2. ^ a b "Kellie, Earl of (S, 1619)". Cracroft's Peerage (英語). 9 September 2004. 2019年11月23日閲覧
スコットランドの爵位
先代:
アレクサンダー・アースキン
ケリー伯爵
1710年 – 1756年
次代:
トマス・アレクサンダー・アースキン