メインメニューを開く

アレクサンダー・ザーキン

ロシア出身のピアノ奏者

アレクサンダー・ザーキンロシア語: Александр Закин[1], ラテン文字転写例: Alexander Zakin, 1903年1月22日 - 1990年10月16日)は、ロシア出身のピアノ奏者[2]

アレクサンダー・ザーキン
ファイル:Alexander Zakin.jpg
1977年
基本情報
生誕 (1903-01-22) 1903年1月22日
出身地 ロシアの旗 ロシア トボリスクアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (1990-10-16) 1990年10月16日(87歳没)
学歴 ペテルブルク音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

経歴編集

1903年、トボリスク生まれ。1911年から1914年までペテルブルク音楽院アレクサンデル・ミハウォフスキに師事。また、レオニード・ニコラーエフの薫陶も受けた。

1921年にロシアを出てベルリンに行き、1926年にピアノ四重奏団に参加してデビューを飾った。1933年にナチスが政権を握ったことでルクセンブルクに亡命し、王室のピアノ教師およびルクセンブルク放送のピアニストとなった。

1940年にアメリカに移住してアイザック・スターンと出会い、1977年までスターンの伴奏者として活躍。また、ダヴィッド・オイストラフイーゴリ・オイストラフレオニード・コーガングレゴール・ピアティゴルスキーらとも共演した。

ニューヨークで死去。

家族・親族編集

脚注編集

  1. ^ ロシア語の読みに従うと、アレクサンドル・ザーキン
  2. ^ [1]