アレグザンダー・ダフ (初代ファイフ公爵)

初代ファイフ公爵アレグザンダー・ヴィリアム・ジョージ・ダフ: Alexander William George Duff, 1st Duke of Fife,KG KT GCVO PC VD1849年11月10日1912年1月12日)は、イギリスの貴族。イギリス王エドワード7世アレクサンドラ王妃の第1王女(プリンセス・ロイヤルルイーズの夫。

アレグザンダー・ダフ
Alexander Duff
初代ファイフ公爵
Duke Duchess Fife.jpg
初代ファイフ公アレグザンダー・ダフと妻のルイーズ王女

出生 (1849-11-10) 1849年11月10日
死去 (1912-01-12) 1912年1月12日(62歳没)
エジプトの旗 エジプトアスワン
配偶者 ルイーズ
子女 アラステア
アレグザンドラ
モード
家名 ダフ家
父親 第5代ファイフ伯爵ジェイムズ・ダフ
母親 アグネス・ヘイ
テンプレートを表示

生涯編集

第5代ファイフ伯爵アグネス・ヘイ(Agnes Hay、1829年3月12日 - 1869年12月18日)との長男として誕生した[1]。母アグネスは第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイエリザベス・フィッツクラレンスウィリアム4世の庶子)との次女にあたる[2]

1879年に父より爵位を継承した[2]ヴィクトリア女王によって1885年に連合王国貴族ファイフ伯爵[3]、1889年にファイフ公爵及びマクダフ侯爵に陞爵した[4]。これらの爵位は男子のみが相続できたが、アレグザンダーとルイーズの間には夭逝した長男アラステア以後男子が生まれなかった。そこで1900年に女王は「初代公の女子、およびその直系男子」にも相続を認めるというspecial remainder付きで改めてアレグザンダーをファイフ公爵及びマクダフ伯爵に叙した[5]

1911年12月、エジプトへの航海中にアレグザンダー一家が乗船していた船がモロッコ沖で難破した。彼は胸膜炎にかかって1912年1月12日にアスワンで死去した[6]アバディーンシャーブレイマー英語版近くにあるMar Lodgeの礼拝堂に葬られた。1900年創設のファイフ公爵位及びマクダフ伯爵位は長女のアレグザンドラ王女が相続した[1]。残る7つの爵位はすべて消滅した[1]

栄典編集

 
公爵個人の紋章。ガーター勲章を受勲したことが分かる。

爵位編集

1879年8月7日に父の死去に伴って以下の爵位を継承した[2][7]

  • 第6代ファイフ伯爵(6th Earl Fife)
    (1759年4月26日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • 第6代マクダフ子爵(6th Viscount Macduff)
    (1759年4月26日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • 第6代キャバン県キルブライドのブレイコー男爵(6th Baron Braco, of Kilbryde in the County of Cavan)
    (1735年7月28日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • 第2代アバディーン州スキーンのスキーン男爵(2nd Baron Skene, of Skene in the County of Aberdeen)
    (1857年10月1日の勅許状による連合王国貴族爵位)

1885年7月13日に以下の爵位を新規に叙された[1][7]

  • 初代ファイフ伯爵(1st Earl of Fife)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

1889年7月29日に以下の爵位を新規に叙された[1][7]

  • 初代ファイフ公爵(1st Duke of Fife)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 初代マクダフ侯爵(1st Marquess of Macduff)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

1900年4月24日に以下の爵位を新規に叙された[1][7]

  • 初代ファイフ公爵(1st Duke of Fife)
    (勅許状による連合王国貴族爵位、男子なき場合はその長女への相続を認める特別規定あり)
  • 初代マクダフ伯爵(1st Earl of Macduff)
    (勅許状による連合王国貴族爵位、男子なき場合はその長女への相続を認める特別規定あり)

勲章編集

その他編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h Heraldic Media Limited. “Fife, Duke of (UK, 1900)” (英語). www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  2. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Fife, Earl (I, 1759 - 1912)” (英語). www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  3. ^ "No. 25490". The London Gazette (英語). 14 July 1885. p. 3239.
  4. ^ "No. 25958". The London Gazette (英語). 27 July 1889. p. 4077.
  5. ^ "No. 27186". The London Gazette (英語). 24 April 1900. p. 2605.
  6. ^ Hugh Dawson, A Guide to the Chapel of Saint Ninian, Mar Lodge, Braemar. The Scottish Episcopal Church, Braemar 2015
  7. ^ a b c d Arthur G.M. Hesilrige (1921). Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. p. 371. http://archive.org/details/debrettspeeraget00unse/page/370 
  8. ^ "No. 28505". The London Gazette (英語). 19 June 1911. p. 4587.
  9. ^ "No. 27285". The London Gazette (英語). 15 February 1901. p. 1145.

外部リンク編集

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
第9代シーフィールド伯爵英語版
庶民院議員
エルギンシャー選挙区英語版選出

1874年英語版1879年英語版
次代:
サー・ジョージ・マクファーソン英語版
公職
先代:
第9代コヴェントリー伯爵英語版
儀仗衛士隊隊長
1880–1881
次代:
第11代ハントリー侯爵英語版
名誉職
先代:
ジョージ・スキーン・ダフ英語版
エルギンシャー統監英語版
1872–1902
次代:
マーチ=キンラーラ伯爵
先代:
初代ウェストミンスター公爵
カウンティ・オブ・ロンドン統監英語版
1900–1912
次代:
初代クルー侯爵
イギリスの爵位
爵位創設 ファイフ公爵
1889–1912
次代:
アレクサンドラ王女
アイルランドの爵位
先代:
ジェイムズ・ダフ
ファイフ伯爵
1879–1912
廃絶