メインメニューを開く

アレクサンダー・ベアリング (初代アシュバートン男爵)

初代アシュバートン男爵アレクサンダー・ベアリング: Alexander Baring, 1st Baron Ashburton.PC1774年10月27日 - 1848年5月13日)は、イギリスの銀行家、貴族、政治家。

初代アシュバートン男爵
アレクサンダー・ベアリング
Alexander Baring
1st Baron Ashburton
AlexanderBaring.jpg
生年月日 1774年10月27日
没年月日 (1848-05-12) 1848年5月12日(73歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスイングランドウィルトシャーロングリート
所属政党 トーリー党保守党
称号 初代アシュバートン男爵枢密顧問官(PC)

内閣 第1次ピール内閣
在任期間 1834年12月15日 - 1835年4月8日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 トーントン選挙区英語版
キャリントン選挙区英語版
セットフォード選挙区英語版
北エセックス選挙区英語版[1]
在任期間 1806年11月4日 - 1826年6月19日
1826年6月12日 - 1831年7月25日
1831年5月2日 - 1832年12月10日
1832年12月10日 - 1835年4月10日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1835年4月10日 - 1848年5月12日[1]
テンプレートを表示

アメリカ合衆国に造詣が深く、ベアリングス銀行のアメリカ進出を進めた。

目次

経歴編集

1774年10月27日ベアリングス銀行の創設者である初代準男爵サー・フランシス・ベアリングとその妻ハリエット(旧姓ヘリング)の次男として生まれる[2][3]。兄に準男爵位を継承するサー・トマス・ベアリング英語版がいるが[2]、兄は東インド会社に勤務していたため、弟であるアレクサンダーが若い頃から銀行家として訓練を受けた[3]

19世紀に入ってまもない頃に父が引退すると、長兄トマス、長弟ヘンリー英語版とともにベアリングス銀行を継承した。これに伴って1807年に「ベアリング・ブラザーズ」と社名を変更している[4]。兄弟の中でも彼が最も主導的で1810年の父の死で代わってベアリングス銀行頭取となる[3]

アレクサンダーはアメリカ進出を積極的に推し進めた。建国されたばかりのアメリカ合衆国のロンドンにおける代理人となり、1803年にはアメリカがフランスからルイジアナを買収できるよう取り計らい、その代金であるアメリカ政府債の発行の引受を行っている[4]1828年にはアメリカでのビジネス拡大を狙ってアメリカ人銀行家ジョシュア・ベイツ英語版ベアリング家以外から初めてパートナーに迎え入れた[5]。その後の1830年に経営から引退している[4]

1806年トーントン選挙区英語版から庶民院議員に初当選して以来(1826年まで同選挙区から当選、1826年から1831年までキャリントン選挙区英語版、1831年から1832年までセットフォード選挙区英語版、1832年から1835年まで北エセックス選挙区英語版から選出される)、政界でも商業関連の問題で積極的に活動している[3]

1834年から1835年にかけては第2代準男爵サー・ロバート・ピールの第1次内閣で通商長官造幣長官英語版を務めた[3][6]

1835年4月10日に「カウンティ・オブ・デヴォンにおけるアシュバートンのアシュバートン男爵(Baron Ashburton, of Ashburton in the County of Devon)」に叙され[6]貴族院議員に列した[1]

英領カナダとアメリカ合衆国の国教紛争をめぐって1842年にはアメリカに特使として派遣され、ウェブスター=アッシュバートン条約を締結した[3]

大英博物館ナショナル・ギャラリーの管財人も務めた[3]

1848年5月13日に孫に当たる第4代バス侯爵ジョン・シン英語版の邸宅ロングリートで死去[3]。爵位は長男ビンガム英語版が継承した。

栄典編集

家族編集

1798年にペンシルバニア州選出のアメリカ上院議員ウィリアム・ビンガム英語版の娘アン・ルイーゼと結婚し、彼女との間に5男4女を儲けた[3]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d UK Parliament. “Hon. Alexander Baring” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年2月15日閲覧。
  2. ^ a b Lundy, Darryl. “Sir Francis Baring, 1st Bt.” (英語). thepeerage.com. 2015年2月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Courtney, William Prideaux (1885). "Baring, Alexander" . In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography (in English). 03. London: Smith, Elder & Co.
  4. ^ a b c 田中(2007) p.3
  5. ^ 田中(2007) p.3-4
  6. ^ a b c d Lundy, Darryl. “Alexander Baring, 1st Baron Ashburton” (英語). thepeerage.com. 2015年2月15日閲覧。

参考文献編集

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ウィリアム・モアランド
ジョン・ハメット
トーントン選挙区英語版選出庶民院議員
1806年英語版1826年英語版
同一選挙区同時当選者
ジョン・ハメット (1806–1811)
ヘンリー・ポーウェル・コリンズ (1812–1818, 1819–1820)
サー・ウィリアム・バロウズ準男爵英語版 (1818–1819)
ジョン・アシュリー・ウォーレ (1820–1826)
次代:
ヘンリー・シーモア英語版
ウィリアム・ピーチェイ
先代:
エドワード・ピンダー・ライゴン
サー・クリストファー・ロビンソン英語版
キャリントン選挙区英語版選出庶民院議員
1826年英語版1831年英語版
同一選挙区同時当選者
マティアス・アトウッド (1826–1830)
ビンガム・ベアリング英語版 (1830–1831)
次代:
ヘンリー・ビンガム・ベアリング英語版
エドワード・ハーバート
先代:
ジェイムズ・フィッツロイ卿
フランシス・ベアリング英語版
セットフォード選挙区英語版選出庶民院議員
1831年英語版1832年英語版
同一選挙区同時当選者
ジェイムズ・フィッツロイ卿

同職:Lord James FitzRoy
次代:
ジェイムズ・フィッツロイ卿
フランシス・ベアリング英語版
新設 北エセックス選挙区英語版選出庶民院議員
1832年英語版1835年英語版
同一選挙区同時当選者
サー・ジョン・ティレル準男爵英語版
次代:
サー・ジョン・ティレル準男爵英語版
ジョン・ペイン・エルウィス
公職
先代:
チャールズ・ポウレット・トムソン英語版
通商長官
1834年1835年
次代:
チャールズ・ポウレット・トムソン英語版
先代:
ジェイムズ・アバークロンビー英語版
造幣長官英語版
1834年1835年
次代:
ヘンリー・ラボシェール英語版
イギリスの爵位
先代:
新設
初代アシュバートン男爵
1835年1848年
次代:
ビンガム・ベアリング英語版