アレクサンダー・レズリー (第5代リーヴェン伯爵)

第5代リーヴェン伯爵[注釈 1]および第4代メルヴィル伯爵アレクサンダー・レズリー英語: Alexander Leslie, 5th Earl of Leven, 4th Earl of Melville1699年頃 – 1754年9月2日)は、スコットランドの貴族、法律家、フリーメイソン

生涯編集

第3代リーヴェン伯爵および第2代メルヴィル伯爵デイヴィッド・レズリーとアン・ウィームズ(Anne Wemyss、1675年10月18日 – 1702年1月9日、バーンティスランド卿ジェームズ・ウィームズ第3代ウィームズ女伯爵マーガレット・ウィームズの娘)の息子として、1699年頃に生まれた[3]。1715年から1719年までライデン大学で教育を受けた[3]

エンサイン英語版として衛兵隊に入る予定だったが、1719年に法廷弁護士会英語版への入会を果たすと衛兵隊入隊を取りやめた[3]

1729年6月に兄ジョージの息子デイヴィッドが死去すると、リーヴェン伯爵メルヴィル伯爵の爵位を継承した[3]

1734年から1753年までスコットランド民事控訴院判事(Lord of Session)を、1741年から1753年までスコットランド教会総会への勅使英語版を、1747年から1754年までスコットランド貴族代表議員を、1754年にスコットランド警察卿(Lord of Police)の1人を務めた[3]

フリーメイソンの一員として、1741年から1742年までスコットランド・グランドロッジのグランドマスター英語版を務めた[3]

1754年9月2日に病死、7日に埋葬された[3]。息子デイヴィッドが爵位を継承した[3]

家族編集

1721年2月23日、メアリー・アースキン(Mary Erskine、1723年7月12日没、ジョン・アースキンの娘)と結婚[3]、1男3女をもうけた[1]

  • デイヴィッド(1722年 – 1802年) - 第6代リーヴェン伯爵、第5代メルヴィル伯爵

1726年3月21日、エリザベス・マニーペニー(Elizabeth Monypenny、1699年頃 – 1783年3月15日、デイヴィッド・マニーペニーの娘)と再婚[3]、1男3女をもうけた[1]

注釈編集

  1. ^ 文献によっては第2代リーヴェン伯爵アレクサンダー・レズリーの娘マーガレットキャサリンも含めて代数を数えており(例:クラクロフト貴族名鑑[1])、その場合は本記事の人物が「第7代リーヴェン伯爵」になる。ここではブリタニカ百科事典第11版[2]などと同じく、マーガレットとキャサリンを含まない代数を採用している。

出典編集

  1. ^ a b c "Leven, Earl of (S, 1641)". Cracroft's Peerage (英語). 30 January 2018. 2019年11月3日閲覧
  2. ^ Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Leven and Melville, Earls of" . Encyclopædia Britannica (英語). 16 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 508.
  3. ^ a b c d e f g h i j Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 619–622.
公職
先代:
ハインドフォード伯爵
スコットランド教会総会への勅使英語版
1741年 – 1753年
次代:
ホープトン伯爵
フリーメイソン
先代:
ストラスモア=キングホーン伯爵
スコットランド・グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1741年 – 1742年
次代:
キルマーノック伯爵英語版
スコットランドの爵位
先代:
デイヴィッド・レズリー
リーヴェン伯爵
1729年 – 1754年
次代:
デイヴィッド・レズリー
メルヴィル伯爵
1729年 – 1754年