アレクサンドル・アブト

アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・アプトロシア語: Александр Викторович Абт[1]1976年10月22日 - )は、ロシア出身の男性フィギュアスケート選手。2002年ソルトレイクシティオリンピック男子シングルロシア代表・5位入賞。ロシア語読みでは「アリクサーンドル・ヴィークタラヴィチュ・アープト」が近い。

アレクサンドル・アプト
Alexander ABT
Figure skating pictogram.svg
Alexander Abt 2003 NHK Trophy.jpg
2003年NHK杯でのアプト
選手情報
生年月日 (1976-10-22) 1976年10月22日(44歳)
出生地 モスクワ
身長 179 cm
コーチ アレクサンドル・ズーリン
元コーチ セルゲイ・ボルコフラファエル・アルトゥニアン
振付師 アレクサンドル・ズーリン
所属クラブ Trade Union Moscow
引退 2004年
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 189.46 2003 GPロシア杯
ショート 73.05 2003 GPロシア杯
フリー 121.40 2003 GPNHK杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
欧州選手権
1998 ミラノ 男子シングル
2002 ローザンヌ 男子シングル
世界ジュニア選手権
1991 ブダペスト 男子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

経歴編集

  • 6歳のときスケートを始める。アブト自身はアイスホッケーがやりたかったが、当時はソビエト連邦だった事もありフィギュアスケートになった。
  • ジュニア時代は1975年の世界選手権男子シングルチャンピオンのセルゲイ・ボルコフに師事する。彼が亡くなった後はラファエル・アルトゥニアンコーチに02年まで師事する。ジュニア時代はイリヤ・クーリックと主に競っていた。
  • 1991年世界ジュニアフィギュアスケート選手権2位。しかし1996年、メキシコのショーの練習中に大怪我をする。
  • シニアに転向後は、後輩のアレクセイ・ヤグディンエフゲニー・プルシェンコという2人の稀代の天才の対決に世間の注目が集まる中、イリヤ・クリムキンとロシアの3番手を争っているとみられることが多かった。
  • 2002年のヨーロッパ選手権では会心の演技をしたものの、ヤグディンには及ばず2位となった。2002年ソルトレイクシティオリンピックでは総合で5位入賞。その後の長野の世界選手権にも出場したが総合4位と、共に惜しくもメダルには届かなかった。当時のアブトはこのシーズンをもって競技生活からの引退を考える中、現役続行を表明。コーチもアレクサンドル・ズーリンに変更する。
  • 2002-2003年シーズンのロシアフィギュアスケート選手権で、国内大会とはいえ、生涯で初めてのタイトルを獲得。そのすぐ後の世界選手権では足の調子が悪く出場を諦めた。
  • 2004年の国内選手権ではSP4位となったがFSは怪我を理由に棄権、同年2月に引退してプロに転向。日本のプリンスアイスワールドに何度か来日しロシアやアメリカを中心にアイスショーやテレビ番組に出演をして活動していたが、長年住んでいたアメリカから故郷モスクワに2015年3月に帰還した。
  • 現在はエストニアタルトゥでコーチをしている。コーチとしてはキャンプ「Alex Abt - Camp」を毎年夏や冬に開催している。

余談編集

  • 妻のエレーナは元アイスダンス選手で、双子の兄のアレクサンドル・パブロフと組みロシア選手権などに出場していた[2]。しかし後に離婚している。
  • 息子マカールの名前はアブトの祖父の名前から取った。苗字がロシアでは珍しいドイツ系な事からドイツ代表転向の噂も過去にあり、ルーツについてよく聞かれるようだが祖父は孤児だった為はっきりしないらしい。
  • ヤグディンの自伝「Overcome」(ロシアでも発行されておりタイトルは「Напролом」)とロシアで発行されているプルシェンコの自伝「Другое шоу」にはアブトに関するエピソードも書かれている[3]

主な戦績編集

大会/年 90-91 92-93 93-94 94-95 95-96 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04
オリンピック 5
世界選手権 6 8 4
欧州選手権 3 4 4 2
ロシア選手権 4 4 18 4 3 3 2 1
GPファイナル 5 4 4
GPスケートアメリカ 3 3 6 5 3 2
GPボフロスト杯 3 2 4 4 2
GPロシア杯 3 2 5 3 6
GPNHK杯 8 5
ネーベルホルン杯 3 3
世界Jr.選手権 2 7 8

シニア編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ロシア語ラテン翻字: Alexander Viktorovich Abt
  2. ^ 国際スケート連盟によるボーン & パブロフのバイオグラフィー (英語)
  3. ^ この中でプルシェンコは先輩達にいじめられていた時に庇ってくれた先輩としてアブトの名を挙げている。
  4. ^ 2002/2003 ISUグランプリファイナルはフリー演技を2度行った。
  5. ^ 順位決定方法については1999/2000 ISUグランプリファイナルを参照のこと。

外部リンク編集