アレクサンドル・アレクサンドロビッチ・ブンゲ

アレクサンドル・アレクサンドロビッチ・ブンゲ(Alexander von Bunge、ロシア語表記: Александр Александрович Бунге / Alexandr Aleksandrowitsch Bunge;、1851年10月28日 - 1930年1月19日)は、ロシアの医師、極地探検家、動物学者である。ノヴォシビルスク諸島など探検で知られる。

アレクサンドル・アレクサンドロビッチ・ブンゲ

略歴編集

現在のエストニアタルトゥ(ドルパット)で、プロイセンドイツ系の植物学者のアレクサンダー・ゲオルク・ブンゲの息子に生まれた。兄に生理学者のグスタフ・ブンゲがいる。タルトゥ大学で医学を学び、1880年に医学の博士号を得た。オーストリア、イタリア、ドイツに留学した後、ロシア内務省の医学部門で働いた。1882年から1883年第1回国際極年にロシアが参加して、レナ川流域の調査に参加する科学者が必要となったとき、ブンゲはこれに参加し、イルクーツクで地磁気などの測定を行ない、さらに長期間の滞在によってロシア極地の気象の貴重な記録を残し、マンモスの化石の発掘に成功した。1884年にイルクーツクで、動物学者のエドゥアルト・フォン・トル(Eduard Von Toll)と合流し、イルクーツク地域で絶滅した動物化石の調査などを行った。翌年トルと、ノヴォシビルスク諸島やヤナ川流域を調査し、多くの化石標本を収集した。地理的発見の中にはブンゲの名前の付けられた巨大な砂州、ゼムリャ・ブンゲなどがある。これらの探検の成果は1887年にサンクトペテルブルク科学アカデミーで発表された。

その後、ロシア海軍で軍医として働き、ロシア太平洋艦隊の軍医長として旅順の海軍病院長なども務め、第一次世界大戦中はサンクトペテルブルクのいくつかの軍病院長も務めた。1918年にエストニアに戻り父親の農場で暮らした。タリンで没した。

著作編集

参考文献編集

  • Erki Tammiksaar (2003), Mark Nuttall (ed.), [アレクサンドル・アレクサンドロビッチ・ブンゲ, p. 283, - Google ブックス "Bunge, Alexander von"] |url=の値が不正です。 (説明), Encyclopedia of the Arctic (ドイツ語), New York und London: Routledge, 1, pp. 283–285, ISBN 1-57958-436-5
  • Erki Tammiksaar, Natal’ya Georgievna Sukhova (2010), Susan Barr, Cornelia Lüdecke (ed.), [アレクサンドル・アレクサンドロビッチ・ブンゲ, p. 80, - Google ブックス "The Polar Station in the Lena Delta"] |url=の値が不正です。 (説明), The History of the International Polar Years (IPYs) (ドイツ語), Berlin, Heidelberg: Springer, pp. 80–86, doi:10.1007/978-3-642-12402-0, ISBN 978-3-642-12401-3