アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチАлександр Александрович, 1869年6月7日 - 1870年5月2日)は、ロシア皇帝アレクサンドル3世とその妻マリヤ・フョードロヴナ皇后の間の第2子、次男。ロシア大公の称号を有した。出生時、父アレクサンドル3世は祖父アレクサンドル2世ツェサレーヴィチであった。アレクサンドル・アレクサンドロヴィチは、出生時から兄ニコライに次いで帝位継承順位第3位であった。

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ
Александр Александрович
ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
Alexander russia.jpg
棺の中のアレクサンドル大公

称号 ロシア大公
出生 (1869-06-07) 1869年6月7日
死去 (1870-05-02) 1870年5月2日(0歳没)
父親 アレクサンドル3世
母親 マリヤ・フョードロヴナ
テンプレートを表示

1870年、1歳の誕生日を迎える前に髄膜炎が原因で亡くなった。