アレクサンドル・エンベルト

アレクサンドル・ユーリエビチ・エンベルトロシア語: Александр Юрьевич Энберт , 英語: Alexander Yuryevich Enbert, 1989年4月17日 - )は、ロシア出身の男性フィギュアスケート選手(ペア)。パートナーはナタリア・ザビアコワシリーサ・ダワンコワカタリナ・ゲルボルトクセニヤ・オゼロワなど。

アレクサンドル・エンベルト
Alexander Enbert
Figure skating pictogram.svg
2018 Grand Prix of Helsinki Natalia Zabiiako Alexander Enbert 2018-11-03 23-12-03.jpg
GPヘルシンキ表彰式にて
エンベルト(左)とパートナーのザビアコ(右)
選手情報
生年月日 (1989-04-17) 1989年4月17日(31歳)
代表国 ロシアの旗 ロシア
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic (1954–1991).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
居住 ソチ
身長 189 cm
趣味 サッカー読書
パートナー ナタリア・ザビアコ
元パートナー ワシリーサ・ダワンコワ
カタリナ・ゲルボルト
クセニヤ・オゼロワ
ビクトリヤ・カザンチェワ
コーチ ニーナ・モーゼル
ウラジスラフ・ゾフニルスキー
ロビン・ゾルコーヴィ
元コーチ ロビン・ゾルコーヴィ
タマラ・モスクビナ
オレグ・ワシリエフ
アレクセイ・ソコロフ
アルトゥール・ドミトリエフ
オクサナ・カザコワ
振付師 タチアナ・ドルチニーナ
ピーター・チェルニシェフ
パスカーレ・カメレンゴ
元振付師 アッラ・カプラノワ
アレクサンダー・ガージ
Igor Tchiniaev
ジュゼッペ・アリーナ
ニコライ・モロゾフ
アンナ・ソシエワ
タチアナ・ドルチニナ
所属クラブ Vorobievie Gory MoscowFigure Skating Sports Center Sochi
練習拠点 モスクワ
開始 1996
世界ランキング 2 (2018–19)
シーズンランク 3 (2018–19)
ISUサイト バイオグラフィ
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 217.98 2019 世界選手権
ショート 75.18 2018 GPファイナル
フリー 144.02 2019 世界選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
2018 平昌 団体戦
世界選手権
2019 さいたま ペア
欧州選手権
2018 モスクワ ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2018年平昌オリンピック団体戦2位。2019年世界選手権2018年欧州選手権3位。

経歴編集

2007-2008シーズンからクセニヤ・オゼロワとペアを結成。2008-2009シーズンにはジュニアグランプリファイナルに出場するも、SPの後に棄権をした。世界選手権にはリュボーフィ・イリュシェチキナ/ノダリー・マイスラーゼ組の代わりに出場するが、FSには進出できず24位に終わった。翌シーズンでオゼロワとのペアを解散。

2010年3月、タマラ・モスクヴィナのもとで女子シングルのカタリナ・ゲルボルトのペアパートナーのトライアウトを行った[1]。2010-2011シーズン、ペアと組んで初めての国際大会となったニース杯で優勝。ロシア選手権で優勝したタチアナ・ボロソジャル/マキシム・トランコフ組はボロソジャルのウクライナからの移籍後1年を経過していなかった。そのため大会出場の権利を保持しておらず、4位だったが欧州選手権の代表に選出され4位入賞。

2011-2012シーズンのロシア選手権でも4位。2012-2013シーズンはスケートカナダに出場を予定していたが、ゲルボルトが靭帯を断裂し手術を行った。その影響でシーズン全ての試合を欠場した[2]。翌シーズン試合に復帰して、ロンバルディアトロフィーで3位。ロシア選手権では7位。このシーズンをもってゲルボルトとのペアを解散し、新たにワシリーサ・ダワンコワとペアを結成し、コーチをニーナ・モーゼルに変更した[3]

2014-2015シーズンのロシア選手権では6位。シーズン終了後にはダワンコワとのペアを解散し、新たにナタリア・ザビアコとのペアを結成した[4]

2016-2017シーズン、ロステレコム杯で2位となり、グランプリシリーズで初めて表彰台に立った。シリーズでの成績は7位だったが、アリオナ・サフチェンコ/ブリュノ・マッソ組の出場辞退により、グランプリファイナルに繰り上がり出場した。ロシア選手権では初表彰台となる3位。欧州選手権世界選手権代表にも選出された。

主な戦績編集

大会/年 2015-16 2016-17 2017-18 2018-19 2019-20
冬季オリンピック 7
世界選手権 12 4 3
欧州選手権 5 3 WD
ロシア選手権 5 3 2
GPファイナル 4 4
GPNHK杯 1
GPロステレコム杯 5 2
GPフランス杯 4 WD[5]
GPスケートカナダ 4
GPスケートアメリカ 4 WD[5]
GPヘルシンキ 1
CSロンバルディア杯 1 1
CSネペラ記念 3 1
CSゴールデンスピン 4 1
CS M.オーナメント 2
大会/年 2005
-06
2006
-07
2007
-08
2008
-09
2009
-10
2010
-11
2011
-12
2013
-14
2014
-15
世界選手権 24
欧州選手権 4
ロシア選手権 6 4 4 7 6
GPロステレコム杯 5 4 5
GPスケートカナダ 8
CSロンバルディア杯 3
CSオータムクラシック 6
ババリアンオープン 2 2
ニース杯 2 1 2
冬季ユニバーシアード 2
世界Jr.選手権 12
ロシアJr.選手権 6
JGPミンスクアイス 6
JGPゴールデンリンクス 2
JGPチェコスケート 3
JGPスピンオブノルウェー 8

詳細編集

2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月20日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 4
73.96
4
144.02
3
217.98
2018年12月19日-23日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 2
78.53
2
151.96
2
230.49
2018年12月5日-9日 2018/2019 ISUグランプリファイナルバンクーバー 2
75.18
4
125.89
4
201.07
2018年11月9日-11日 ISUグランプリシリーズ 2018年NHK杯広島 1
73.48
1
140.66
1
214.14
2018年11月2日-4日 ISUグランプリシリーズ 2018年ヘルシンキ大会ヘルシンキ 2
67.59
1
130.92
1
198.51
2018年9月13日-16日 CS CSロンバルディア杯ベルガモ 1
72.50
2
123.65
1
196.15
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月21日-25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 4
74.38
6
133.50
4
207.88
2018年2月14日-15日 2018年平昌オリンピック平昌 8
74.35
7
138.53
7
212.88
2018年2月9日-12日 2018年平昌オリンピック 団体戦(平昌 - 3
133.28
2
団体
2018年1月17日-20日 2018年ヨーロッパフィギュアスケート選手権モスクワ 2
72.95
3
137.23
3
210.18
2017年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズスケートアメリカレークプラシッド 4
70.15
5
127.74
4
197.89
2017年12月6日-9日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 1
68.76
1
134.20
1
202.96
2017年10月27日-29日 ISUグランプリシリーズスケートカナダレジャイナ 4
69.00
4
123.70
4
192.70
2017年9月21日-23日 ISUチャレンジャーシリーズオンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 2
64.52
1
128.06
1
192.58
2017年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズロンバルディアトロフィーベルガモ 1
69.22
1
126.84
1
196.06
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 5
74.26
13
118.28
12
192.54
2017年1月25日-29日 2017年ヨーロッパフィギュアスケート選手権オストラヴァ 5
72.38
5
128.37
5
200.75
2016年12月20日-25日 ロシアフィギュアスケート選手権チェリャビンスク 3
129.06
3
129.06
3
201.91
2016年12月8日-11日 2016/2017 ISUグランプリファイナルマルセイユ 5
65.79
5
122.53
4
188.32
2016年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ フランス杯パリ 3
71.36
4
121.20
4
192.56
2016年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 1
69.76
2
128.01
2
197.77
2016年9月29日-10月2日 ISUチャレンジャーシリーズ オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 3
67.04
3
114.34
3
181.38
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年12月23日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権エカテリンブルク 5
70.60
5
134.43
5
205.03
2015年12月2日-5日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 4
60.96
4
112.66
4
173.62
2015年11月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 5
60.77
5
119.79
5
180.56
2015年10月15日-18日 ISUチャレンジャーシリーズ モルドヴィアンオーナメントサランスク 2
67.64
2
128.58
2
196.22
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 7
54.84
5
116.76
6
171.60
2014年10月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ スケートカナダオータムクラシックバリー 5
51.50
6
91.10
6
142.60
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月29日-2月2日 2014年ババリアンオープンオーベルストドルフ 2
56.31
2
93.88
2
150.19
2013年12月22日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 7
60.06
5
112.31
7
172.37
2013年9月19日-22日 2013年ロンバルディアトロフィーセスト・サン・ジョヴァンニ 3
54.57
3
103.11
3
157.68
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年2月2日-5日 2012年ババリアンオープンオーベルストドルフ 2
53.41
2
104.68
2
158.09
2011年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 5
56.67
4
117.72
4
174.39
2011年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 7
47.40
4
101.54
5
148.94
2011年10月26日-30日 2011年ニース杯ニース 2
55.18
1
112.66
2
167.84
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン 5
57.50
4
112.45
4
169.95
2010年12月25日-29日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 4
61.99
5
120.78
4
182.77
2010年11月19日-21日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
53.62
4
106.80
4
160.42
2010年10月13日-17日 2010年ニース杯ニース 1
54.10
2
102.92
1
157.02
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年12月25日-26日 ロシアフィギュアスケート選手権サンクトペテルブルク 12
43.00
6
104.20
6
147.20
2009年11月20日-21日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキッチナー 8
40.28
8
73.08
8
113.36
2009年11月6日-7日 2009年ニース杯ニース 1
47.08
2
86.47
2
133.55
2009年9月24日-26日 ISUジュニアグランプリ ミンスクアイスミンスク 5
45.72
6
78.53
6
124.25
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月24日-25日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 24
34.06
- 24
2009年2月21日-22日 第24回冬季ユニバーシアードハルビン 2
51.42
3
94.68
2
146.10
2008年12月11日-14日 2008/2009 ISUジュニアグランプリファイナル高陽 7
43.46
- 棄権
2008年11月20日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 4
52.26
5
95.62
5
147.88
2008年10月1日-5日 ISUジュニアグランプリ ゴールデンリンクスホメリ 2
54.14
2
96.90
2
151.04
2008年9月17日-21日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 3
45.52
4
77.16
3
122.68
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月30日-2月2日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ロストフ・ナ・ドヌ 4 9 6
131.35
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年9月28日-10月1日 ISUジュニアグランプリ スピンオブノルウェーオスロ 9
38.04
7
70.13
8
108.17
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年3月6日-12日 2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権リュブリャナ 9
39.56
13
60.05
12
99.61

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2018-2019[6] カンタータ 『アレクサンドル・ネフスキー』より
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:ピーター・チェルニシェフ
Toi et Moi
作曲:イーゴリ・クルトイ
Tango In Ebony
演奏:マクシム・ムルヴィツァ
2017-2018
[7][8]
映画『おもいでの夏』より
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:Igor Tchiniaev
バレエ音楽『眠れる森の美女』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:ジュゼッペ・アリーナ
好きにならずにいられない
ボーカル:クリス・アイザック
2016-2017 吹雪
作曲:ゲオルギー・スヴィリードフ
クライ・ミー・ア・リヴァー
ボーカル:マイケル・ブーブレ
I'll Never Forget You ロックオペラ『ユノナとアヴォス』より
作曲:アレクセイ・リブニコフ
2015-2016 I'll Never Forget You ロックオペラ『ユノナとアヴォス』より
作曲:アレクセイ・リブニコフ
映画『God's Thunder』サウンドトラックより
作曲:ジョルジュ・ガルヴァランツ
ある愛の詩
ボーカル:シャルル・アズナヴールミレイユ・マチュー
2014-2015 アヴェ・マリア
作曲:シャルル・グノーヨハン・ゼバスティアン・バッハ
ボーカル:シャーリー・バッシー
映画『ドクトル・ジバゴ』より
作曲:モーリス・ジャール
Molitva 映画『メトロ』サウンドトラックより
曲:Bi-2
2013-2014 ある恋の物語
作曲:カルロス・エレータ・アルマラン
映画『天使と悪魔』サウンドトラックより
作曲:ハンス・ジマー
2011-2012 Gopher Mambo 映画『シェルブールの雨傘』より
作曲:ミシェル・ルグラン
For Her
ボーカル:Zara
2010-2011 映画『シャレード』より
作曲:ヘンリー・マンシーニ
Rhapsody in Rock
作曲:Robert Wells
I Hate You, Then I Love You
ボーカル:セリーヌ・ディオンルチアーノ・パヴァロッティ

脚注編集

  1. ^ Tamara Moskvina: I am not a supporter of radical demolition goals
  2. ^ Фигуристы Гербольдт/Энберт пропустят все турниры 2012 года - Москвина
  3. ^ Олег Васильев: «О распаде пары Гербольдт – Энберт узнал сегодня»
  4. ^ Горшков подтвердил образование новой спортивной пары фигуристов Забияко/Энберт
  5. ^ a b Наталья Забияко -- Александр Энберт не примут участие в этапах Гран-при” [ナタリア・ザビアコとアレクサンドル・エンベルトはグランプリシリーズに参加しない] (ロシア語). ロシアフィギュアスケート連盟. 2019年10月2日閲覧。
  6. ^ Мозер рассказала о короткой программе Забияко и Энберта в новом сезоне
  7. ^ https://web.archive.org/web/20171017203926/http://www.isuresults.com/bios/isufs00035212.htm
  8. ^ Meet Natalia Zabiiako and Alexander Enbert

参考文献編集

外部リンク編集