アレクサンドル・オルロフ (指揮者)

アレクサンドル・イヴァノヴィチ・オルロフ(ロシア語: Александр Иванович Орлов, ラテン文字転写: Aleksandr Ivanovich Orlov, 1873年8月30日ユリウス暦8月18日) - 1948年10月10日)は、帝政ロシア時代からソビエト連邦時代にかけて活躍したロシア指揮者、音楽教師。ロシア連邦共和国人民芸術家(1945年授与)。モスクワ放送交響楽団の初代音楽監督を務めた。

アレクサンドル・イヴァノヴィチ・オルロフ
Могила дирижёра Александра Орлова.JPG
ノヴォデヴィチ墓地に建つオルロフの墓標
基本情報
出生名 Александр Иванович Орлов
生誕 (1873-08-30) 1873年8月30日
Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国サンクトペテルブルク
死没 (1948-10-10) 1948年10月10日(75歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
学歴 サンクトペテルブルク音楽院
ジャンル クラシック
職業 指揮者、音楽教師
共同作業者 モスクワ放送交響楽団
ボリショイ劇場

概要編集

サンクトペテルブルクに生まれる。サンクトペテルブルク音楽院ヴァイオリンをピョートル・クラスナクーツキー(Пётр Краснокутский、1849年 - 1900年)に、音楽理論アナトーリ・リャードフニコライ・ソロヴィヨフに師事し、更にベルリンパウル・ユオン指揮法を学んだ。帰国後の1907年より主にオデッサヤルタロストフ・ナ・ドヌキスロヴォツクといったロシア帝国南部の都市で指揮活動を行う。またジミーン・オペラでの指揮も行い、バリトン歌手のマクシミリアン・マクサーコフとの協力関係も築いている。1912年から1917年まではモスクワセルゲイ・クーセヴィツキーのオーケストラの指揮者を務め、同時にオペラ制作も行っている(1914年 - 1924年)。 1925年から1929年にかけて、ウクライナ国立歌劇場の首席指揮者を務めるとともに、キエフ音楽院で教授職に就き、ナタン・ラフリンらを育てた。1930年にモスクワに移り、新設されたモスクワ放送交響楽団の初代音楽監督に就任、アンサンブルの礎を築き、同時代のソビエト作曲家の作品を数多く初演し、放送やモスクワ音楽院でのオペラ上演も精力的にこなした。モスクワ放送あるいはボリショイ劇場のアンサンブルを指揮したオペラ録音が多く遺されている。1948年にモスクワで没し、ノヴォデヴィチ墓地に埋葬された。

主な受賞編集

  • ロシア連邦共和国人民芸術家(1945年)

主な録音編集

以下はメロディア録音。

オペラ
  • チャイコフスキーエフゲニー・オネーギン (ノルツォフ、コズロフスキー、クルグリコヴァ他 ボリショイ劇場管弦楽団、合唱団 1936-37年録音)[1]
  • セローフ:ログネーダ (抜粋 デミヤノフ、キセレヴァ、クラギナ、チュチュニク他 モスクワ放送交響楽団、合唱団 1945年録音)
  • ダルゴムイシスキー石の客 (タルホフ、アブラーモフ、ロジェストヴェンスカヤ、デミヤノフ他 モスクワ放送交響楽団、合唱団 1946年録音)
  • ドリーブラクメ (カザンツェヴァ、レーメシェフ、コロリョフ他 モスクワ放送交響楽団、合唱団 1946年録音)
  • プッチーニマノン・レスコー (ロジェストヴェンスカヤ、タルホフ、ザハロフ、ポリャーコフ他 モスクワ放送交響楽団、合唱団 1946年録音)
  • ヴェルディ椿姫 (シュムスカヤ、コズロフスキー、リシツィアン他 ボリショイ劇場管弦楽団、合唱団 1947年録音)
  • トマミニョン (抜粋 アレクサンドリイスカヤ、カザンツェヴァ、ヴィノグラードフ、アブラーモフ他 モスクワ放送交響楽団、合唱団 1947年録音)
  • チャイコフスキー:オプリーチニク (コロリョフ、ロジェストヴェンスカヤ、チュチュニク、タルホフ他 モスクワ放送交響楽団、合唱団 1948年録音)
  • チャイコフスキー:エフゲニー・オネーギン (イヴァーノフ、コズロフスキー、クルグリコヴァ他 ボリショイ劇場管弦楽団、合唱団 1948年録音)
  • グノーロメオとジュリエット (コズロフスキー、ブルラーク、ミハイロフ、シュムスカヤ他 ボリショイ劇場管弦楽団、合唱団)
その他

脚注編集

  1. ^ 他の指揮者が指揮した部分も交えた録音となっている。
  2. ^ 独唱者とともに初演を務めている。

外部リンク(兼・参考文献)編集

参考文献編集

先代:
-
モスクワ放送交響楽団 音楽監督
1930–1937
次代:
ニコライ・ゴロワノフ