メインメニューを開く

アレクサンドル・カバネル(Alexandre Cabanel, 1823年9月28日 - 1889年1月23日)は、フランス画家

アレクサンドル・カバネル
Self Portrait (Alexandre Cabanel).jpg
『自画像』(1852年)ファーブル美術館
生誕 Alexandre Cabanel
(1823-09-28) 1823年9月28日
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国モンペリエ
死没 1889年1月23日(1889-01-23)(65歳)
フランスの旗 フランス共和国パリ
国籍 フランスの旗 フランス
運動・動向 アカデミック美術
この人物に影響を
与えた芸術家
フランソワ=エドゥアール・ピコ

目次

生涯編集

カバネルはエロー県モンペリエに生まれた。アカデミックなスタイルで、歴史、古典、宗教をテーマに絵を描いた。肖像画家としても有名だった。『Diccionario Enciclopedico Salvat』によると、カバネルはアール・ポンピエの典型であり、フランス皇帝ナポレオン3世のお気に入りの画家だった。[3]

カバネルは17歳でエコール・デ・ボザールに入学した。フランソワ=エドゥアール・ピコen:François-Édouard Picot)について学び、1844年サロンに最初の出展を果たす。1845年には22歳でローマ賞を受賞。1863年にはフランス学士院のメンバーとなり、同年、エコール・デ・ボザールの教授に就任した。また、1865年1867年1878年と、Grande Médaille d'Honneur(最高名誉賞)を勝ち取った。このように、カバネルはパリ・サロンと密接な関係を持っていた。

彼は定期的にサロンの審査員に選ばれていた。サロンの教え子も何百人といる。その教え子たちのおかげで、カバネルは、同世代の、ベル・エポック・フランス絵画の特徴を持つ他の画家たちより多くのことを為し得た[4]

カバネルとウィリアム・アドルフ・ブグロー印象派画家エドゥアール・マネなどの絵のサロンでの展示を拒否したことが、1863年落選展の騒動を招いた。

成功したアカデミック画家として、カバネルが1863年に描いた『ヴィーナスの誕生』は、19世紀のアカデミック絵画で最もよく知られている絵である。この絵はナポレオン3世が購入した。印象派とは表現も思想も正反対のところにある、この絵画は、印象派の殿堂ともいえるオルセー美術館に所蔵されている。 1875年に銀行家ジョン・ウルフのために描いた複製画は、1893年にウルフが寄贈して、ニューヨークメトロポリタン美術館にある。

教え子編集

 
Alexandre Cabanel, ca.1865

カバネルの教え子には以下のような画家がいる。

代表作編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ 『日経おとなのOFF』2018年7月号、日経BPマーケティング、 67頁。
  2. ^ 宮下規久朗『欲望の美術史』光文社、2013年、43頁。ISBN 978-4-334-03745-1
  3. ^ Diccionario Enciclopedico Salvat(スペインの百科事典), 1982, Barcelona
  4. ^ Dictionary of Art (1996) vol. 5, pp. 341-344)
  5. ^ Mary Leiter (1887), Derbyshire, England, Kedleston Hall; National Trust for Places of Historic Interest, U. K.[1]

外部リンク編集