アレクサンドル・コズロフ

アレクサンドル・ペトローヴィチ・コズロフロシア語: Александр Петрович Козлов、ラテン文字表記の例:Aleksandr Petrovich Kozlov1949年5月2日 - )は、ソビエト連邦およびロシア官僚政治家オリョール州知事を務めた。タタールスタン共和国出身。

アレクサンドル・コズロフ
Александр Петрович Козлов
Alexandr Kozlov, October 2009.jpg
アレクサンドル・コズロフ(2010年撮影)
生年月日 (1949-05-02) 1949年5月2日(70歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 タタール自治共和国上ウスロンスコゴ地区セイトヴァ
出身校 カザン財政経済大学
前職 ソ連財務省勤務、ロシア大統領府勤務、農業次官
現職 アムール州知事
所属政党 統一ロシア
称号 ロシア名誉エコノミスト

在任期間 2009年2月27日 - 2014年2月26日
大統領 ドミトリー・メドヴェージェフ
ウラジーミル・プーチン
テンプレートを表示

経歴・概要編集

1968年からタタール自治共和国の会計検査部門に勤務する。1979年カザン財政・経済大学を卒業する。1984年ソ連大蔵省(財務省)に勤務、監査局次長、労働賃金保険局次長、計画財政システム局次長、人事教育研究総局次長、人事教育研究総局中央事務局統一構造局長を歴任した。 1989年ソ連人民統制委員会に異動し、計画・財政担当検査部長。1991年再編成された同部署でソ連財務警察総監となる。

ソ連崩壊後は、1991年からロシア大統領府勤務。国家監査統制管理部長、大統領府管理副部長を務める。1992年ロシア連邦政府内閣官房勤務となり、地域政策部長、ロシア連邦地域協同部長、内閣官房協同部長などを歴任した。1996年連邦構成体相互部長、連邦会議関係部長。1998年から1999年、ビジネス支援ブロックOAO TNKの副会長、会長。1999年再びロシア連邦政府に入り、内閣官房次長。2004年ロシア農業次官2009年2月16日オリョール州知事代行を経て、2月27日、正式に知事に就任した。

「ロシア名誉エコノミスト」の称号を持つ他、名誉勲章や人民友好勲章など受章している。 私生活では、夫人との間に二男を儲けている。

外部リンク編集

先代:
エゴール・ストローエフ
オリョール州知事
2009 - 2014
次代:
ヴァジム・ポトムスキーロシア語版