メインメニューを開く

アレクサンドル・フョードロヴィッチ・トレポフАлександр Фёдорович ТреповAleksandr Fyodorovich Trepov1862年9月30日 - 1928年11月10日)は、帝政ロシアの大臣会議議長(首相)。

アレクサンドル・フョードロヴィッチ・トレポフ
Александр Фёдорович Трепов
Trepov.gif
生年月日 1862年9月30日
出生地 Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国 キエフ
没年月日 (1928-11-10) 1928年11月10日(66歳没)
死没地 フランスの旗 フランス共和国 ニース

内閣 トレポフ内閣
在任期間 1916年11月10日 - 1916年12月27日
皇帝 ニコライ2世

ロシア帝国の旗 運輸大臣
内閣 スチュルメル内閣
トレポフ内閣
在任期間 1915年11月12日 - 1916年12月27日
皇帝 ニコライ2世
テンプレートを表示

目次

来歴編集

閣僚編集

1862年に、当時はロシア帝国領であったキエフで生まれる。父のフョードル・トレポフ1月蜂起の鎮圧に参加し、後にサンクトペテルブルク市長となった。また、兄のドミトリー・トレポフ血の日曜日事件の際にデモ隊の弾圧を指揮し、民衆から憎悪されていた。

トレポフは官吏養成学校パージ・コープス英語版を卒業後、1889年に内務省に入省し、1899年国家評議会議長補佐に任命される。1906年に国家評議会議員に選出され、議院内閣制を研究するため西欧に派遣される[1]1914年には再び国家評議会議員に復帰した。1915年11月12日に運輸大臣に就任。東部戦線におけるムルマンスクへの輸送手段を改善するためキーロフ鉄道英語版を敷設した。トレポフはグリゴリー・ラスプーチンの批判者だったため、トレポフの運輸相就任を聞いたラスプーチンは落胆したという[2]

首相編集

 
トレポフの墓

1916年11月10日には運輸相在任のまま大臣会議議長に内定するが、アレクサンドラ皇后とラスプーチンが推薦するアレクサンドル・プロトポポフの内務大臣への任命を拒否し、プロトポポフに内相就任を辞退するように求めたが、これは拒まれた。トレポフは「プロトポポフの内相就任辞退が首相に就任する必須条件」とし、これに対しニコライ2世は要求を受け入れ、11月23日にトレポフを首相に任命した[3]。一方、アレクサンドラはトレポフを嫌い、プロトポポフが内相に就任出来るように夫に働きかけた[4]。これに対し、トレポフは11月27日にスタフカに赴きニコライ2世に謁見し首相辞任を示唆して牽制したが、ニコライ2世は最終的にプロトポポフを12月7日に内相に任命した。

トレポフは、プロトポポフを内相に推薦したラスプーチンを買収しようと試みたが失敗している[5]。義理の兄A・A・モゾロフの協力を得て、ラスプーチンに「政治から手を引くならば大金と屋敷、護衛を贈る」と持ちかけたが、アレクサンドラに察知され、12月13日に買収を批判する手紙を送られてしまう[6]。この間、ドイツ帝国首相テオバルト・フォン・ベートマン・ホルヴェークからの和平交渉の申し出を拒否する旨をドゥーマで表明した。12月16日から27日(グレゴリウス暦12月29日から1917年1月9日)にかけてドゥーマがクリスマスのため開会されるが、27日の閉会日に首相を解任され、ニコライ・ゴリツィンが後任の首相に就任した。十月革命勃発後にヘルシンキを経由してフランスへ亡命し、ニースで死去した。

脚注編集

  1. ^ Recollections Of A Foreign Minister (1921)
  2. ^ Bernard Pares The Fall of the Russian Monarchy, p. 299.
  3. ^ The Russian Revolution by Richard Pipes, p. 261
  4. ^ The Fall of the Russian Empire: The Story of the Last of the Romanovs and ... by Edmund A. Walsh S.J., p. 115, 116, 297. [1]
  5. ^ Nicholas and Alexandra: The Tragic, Compelling Story of the Last Tsar and ... by Robert K. Massie [2]
  6. ^ Aleksandr Mosolov (1935). At the court of the last tsar: being the memoirs of A. A. Mossolov, head of the court chancellery, 1900-1916. Methuen. http://books.google.com/books?id=U9dBAAAAYAAJ 2014年6月19日閲覧。. 

参考文献編集

公職
先代:
ボリス・スチュルメル
  大臣会議議長
第7代:1916年
次代:
ニコライ・ゴリツィン
先代:
セルゲイ・ルハロフ英語版
  運輸大臣
1915年 - 1916年
次代:
エドゥアルド・クリーガー=ヴォイノフスキー