メインメニューを開く

アレクサンドル・ポリャコフ

アレクサンドル・マルコヴィチ・ポリャコフ(Alexander Markowitsch Poljakov:ロシア語表記 Александр Маркович Поляков、1945年9月27日 - )はロシア物理学者。場の量子論の分野で重要な貢献をした。ゲラルド・トフーフトと独立に大統一理論ではモノポールが存在できることを示した。トフーフト=ポリャコフ・モノポールと呼ばれる。

モスクワのランダウ研究所で研究し2004年からプリンストン大学に移った。

受賞歴編集

外部リンク編集