アレクサンドル・リフシツ

アレクサンドル・ヤコヴレヴィチ・リフシツロシア語: Александр Яковлевич Лившиц、ラテン文字表記の例:Aleksandr Yakovlevich Livshits1946年9月6日 - 2013年4月26日)は、ロシア政治家、企業家。エリツィン大統領時代の副首相兼蔵相などを経て、ルサールロシア・アルミニウム社)副会長。

アレクサンドル・リフシツ
Александр Яковлевич Лившиц
生年月日 (1946-09-06) 1946年9月6日
出生地 ドイツベルリン
没年月日 (2013-04-26) 2013年4月26日(66歳没)
死没地 モスクワ
出身校 プレハーノフ記念モスクワ国民経済大学
前職 ロシア連邦蔵相、副首相、ロシア信用銀行取締役会議長
現職 ルサール副会長
所属政党 ソ連共産党(1991年離党)

在任期間 1996年8月14日 - 1997年3月17日
テンプレートを表示

父ヤーコフ・ラーザレヴィチ・リフシツは、歴史家。叔父エドワルド・ラーザレヴィチ・リフシツはソ連交通省次官。

モスクワ自動化・遠隔操作単科大学を経て、1971年プレハーノフ記念モスクワ国民経済大学を卒業する。専門はエコノミックサイバネティクス。この間、1966年ソ連共産党に入党する。

1974年から1992年までモスクワ機械・精密機器大学(現在のモスクワ国立技術大学「スタンキン」)に務め、政経学部長などを歴任した。

1992年4月、ロシア大統領府分析センター副所長。

1993年9月、憲法改正のための世論分析支援作業部会に所属する。

1994年3月2日から1996年8月22日まで、ボリス・エリツィン大統領の経済問題補佐官、大統領チームリーダー。

1996年8月14日から1997年3月17日まで、ロシア連邦副首相兼蔵相。

1997年3月から1998年8月まで、ロシア大統領府副長官。1997年7月までは、国家銀行評議会大統領代表。

1998年8月、「エコノミチェスカヤ・ポリティカ(経済政策)」基金代表。

1999年6月から、ロシア連邦大統領特別全権代表。

2000年から、ロシア信用銀行会議議長。

2001年7月2日ルサールロシア・アルミニウム社)副会長(副代表取締役)に任命される。

英語が堪能である。

著作に1996年グルジアトビリシ大学から出版された『市場経済への導入』(Введение в рыночную экономику)がある。

2013年4月26日に心不全で死去[1]

脚注編集

  1. ^ “アレクサンドル・リフシツ氏=ロシア元副首相”. 朝日新聞. (2013年4月28日). http://www.yomiuri.co.jp/national/obit/news/20130427-OYT1T01314.htm 2013年4月28日閲覧。 

外部リンク編集

先代:
ウラジーミル・パンスコフ
ロシアの蔵相・財務相
1996年 - 1997年
次代:
アナトリー・チュバイス