アレクサンドル=マリー・コラン

アレクサンドル=マリー・コラン(Alexandre-Marie Colin、1798年12月5日 - 1875年11月21日)はフランスの画家である。ウジェーヌ・ドラクロワ(1798- 1863) 、リチャード・パークス・ボニントン(1802–1828)と友人で、19世紀ロマン主義の画家である。歴史画や文学作品に題材をとった絵画を描いた。

アレクサンドル=マリー・コラン
Alexandre-Marie Colin
Alexandre Colin Patrick Leclere.JPG
自画像と推定されている肖像画
生誕1798年12月5日
フランス第一共和政,パリ
死没1875年11月21日
フランス第三共和政,パリ

略歴編集

パリで生まれた。1814年から1817年まで、パリのエコール・デ・ボザールで、アンヌ=ルイ・ジロデ=トリオソンのもとで学んだ。1815年からパリのピエール=ナルシス・ゲランのもとで学び始めたドラクロワと友人になった。イギリスからパリに学びにきていたリチャード・パークス・ボニントンとも友人となった。

1819年にサロン・ド・パリに婦人像を出展し、サロンへは1868年までに29の作品を出展し、何度か入選した。

1821年にボニントンとノルマンディーを訪れ、1825年にはロンドも訪れ、ロンドンの美術家とも交流した。1829年以降、ロンドンの展覧会にも出展した。

2人の娘エロイーズ(Héloïse Colin)とアデル=アナイス(Adele-Anaïs Colin Toudouze)はパリの女性のファッションを描いたイラストレータになり、エロイーズの息子、アレクサンドル・ルイ・ルロワールやアデル=アナイスの息子、エドゥアール・トゥードゥーズも画家となった。

作品編集


参考文献編集

  • Danièle Sarrat, Un talent bien vif et bien franc: Alexandre Colin (1798-1875). Bollettino della Società degli Amici del Museo Delacroix. - 2011.