アレクサンドル1世 (モルダヴィア公)

アレクサンドル1世(Alexandru I Mușat,1375年 - 1432年1月1日)は、15世紀のモルダヴィア公(在位:1400年 - 1432年1月1日)。善良公(cel Bun)と称される。モルダヴィア公ロマン1世の子。

アレクサンドル1世
Alexandru I Mușat
モルダヴィア公
Fresco of Alexander the Good and his consort Lady Ana, Suceviţa Monastery, Romania (16th century).jpg
在位 1400年 - 1432年1月1日

出生 1375年
死去 1432年1月1日
子女 イリアシュ
ペトル3世
シュテファン2世
ペトル・アロン
ボグダン2世
王朝 ボグダン・ムシャット朝
父親 ロマン1世
宗教 正教会
テンプレートを表示

生涯編集

1400年、ワラキア公国ミルチャ老公の支援を受け、モルダヴィア公に即位した。アレクサンドルの娘はミルチャの息子であるヴラド2世の元に嫁いだ。『吸血鬼ドラキュラ』のモデルとして有名なヴラド・ツェペシュは彼の外孫にあたる。1401年、コンスタンティノープル総主教の許可を受け、首都スチャバ府主教座を設置することに成功した。

旧宗主国・ハンガリー王国ジギスムントがモルダヴィアに対する宗主権を復活させようと図る状況下、北方の強国・ポーランド王国と友好を保つことが自国を利するとアレクサンドルは考え、ポーランド、リトアニア連合軍とドイツ騎士団との戦いには援軍として参戦した。1412年、ハンガリーとポーランドが接近しハンガリーの対オスマン戦にモルダヴィアが協力しない場合にはモルダヴィアを両国で占領・分割する旨のルブリン条約を締結したが、アレクサンドルの勢威は強くこれを阻止した。

1432年1月1日、アレクサンドルは死去し、息子のイリアシュ1世が跡を継いだ。30年余りの治世中、安定的な統治を行ったアレクサンドルの死後、彼の息子や孫たちによる公位争奪戦が激化する。貴族の派閥対立に加え外国勢力の介入も招いて公位は頻繁に入れ替わり、公国は四半世紀の間不安定化することとなる。

参考文献編集

  • アンドレイ・オツェテァ『ルーマニア史』1巻(鈴木四郎、鈴木学共訳, 恒文社, 1977年5月)
  • 柴宜弘『図説 バルカンの歴史』(増補四訂新装版)(河出書房新社, 2019年11月)
先代:
イウガ
モルダヴィア公
1400年 - 1432年
次代:
イリアシュ