メインメニューを開く

アレクシス・カウフマン(Alexis Kaufman、1991年8月19日 - )は、アメリカプロレスラーオハイオ州コロンバス出身。WWEアレクサ・ブリス(Alexa Bliss)のリングネームで所属。

アレクサ・ブリス
Alexa Bliss as Raw Women's Champion.jpg
プロフィール
リングネーム アレクサ・ブリス
本名 アレクシス・カウフマン
ニックネーム

GODDESS(女神)

Five Feet Of Fury
身長 155 cm
体重 46 kg
誕生日 (1991-08-09) 1991年8月9日(28歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗オハイオ州コロンバス
所属 WWE
トレーナー WWEパフォーマンスセンター
デビュー 2013年
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2013年5月にWWEとディベロップメント契約を交わし、7月24日にNXTへ初登場、初代NXT女子王座に君臨したペイジを祝福した。8月にアレクサ・ブリス(Alexa Bliss)のリングネームで選手登録されるが、11月20日のNXTでは無名のリングアナウンサーとして登場した。

2014年5月8日にプロレスデビュー。空位となっていたNXT女子王座を決定するトーナメント戦に出場し、初戦のアリシア・フォックス戦には勝利するも準決勝でシャーロットに敗れた。 2015年5月20日のNXT Takeover: Unstoppableにて、NXTタッグチーム王者であるブレイク&マーフィーの防衛戦に介入し勝利に貢献、以降はそのマネージャーとして帯同する。

2016年7月19日のWWEドラフトでSmackdown LIVEの所属となる。12月4日のPPVTLC 2016」にて、初代スマックダウン女子王者ベッキー・リンチテーブルマッチにて破り、王座戴冠に成功した。 2017年2月12日のPPV「Elimination Chamber 2017」にてナオミに敗れて陥落するがナオミはその試合中に負傷し王座を返上、2月21日にベッキー・リンチとの王座戦を制して王座に返り咲いた。

4月、ドラフトによりRAWへ移籍。17日の四つ巴戦を制してRAW女子王座挑戦権を獲得し、PPV「Payback 2017」にてベイリーを破って王座戴冠を果たした。8月20日のPPV「Summer Slam 2017」でサーシャ・バンクスに一旦奪われるが、翌週28日のRAWでのリベンジマッチを制してベルトを取り戻した。

2018年にはレッスルマニア34ナイア・ジャックスに敗れ、王座から陥落したが、マネー・イン・ザ・バンク女子ラダーマッチで勝利し、ロウ女子王座戦(ジャックスvsラウジー)の最中に乱入。即日キャッシュインを行い、王者のジャックスを下し三度目の王座返り咲きを果たした。

8月のサマースラムではラウジーとの防衛戦に臨んだが[1]、ラウジーに圧倒され王座から陥落した。

2019年、ロウ所属ながらワイルドカードでスマックダウンに登場して、モーメントオブブリスにスマックダウン王者のベイリーをゲストとして呼び、そこからの流れでスマックダウン女子王座に挑戦するも王座を奪取できなかった。

得意技編集

 
チョークホールドSTO
ツイステッドブリス[2]
旋回式ボディ・アタック。NXT所属時はスパークルスプラッシュと呼ばれていた。
チョークホールドSTO
サンセットボム[3]
ブリスDDT
スナップDDT
トルネードDDT
ダイビング・クロスボディ
ランニング・クロスボディ

獲得タイトル編集

入場曲編集

  • Bling Bling
  • Blissful
  • Opposite Ends of the World(ブレイク & マーフィー帯同時)
  • Spiteful - 現在使用中

脚注編集

  1. ^ Raw Women's Champion Alexa Bliss vs. Ronda Rousey”. WWE (2018年7月16日). 2018年8月9日閲覧。
  2. ^ Twisted Bliss Compilation - Alexa Bliss”. 2019年8月20日閲覧。
  3. ^ Battle of the Sunset Flip Powerbomb”. 2019年8月20日閲覧。