アレクセイ・ポピリン

アレクセイ・ポピリン英語: Alexei Popyrin, 1999年8月5日 - )は、オーストラリアシドニー出身の男子プロテニス選手。身長196cm。右利き。バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス91位、ダブルス252位。

アレクセイ・ポピリン
Alexei Popyrin
Tennis pictogram.svg
Popyrin RG19 (46) (48199101562).jpg
基本情報
フルネーム Alexei Popyrin
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 シドニー
生年月日 (1999-08-05) 1999年8月5日(21歳)
身長 196cm
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2016年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 1,277,590 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2019)
全仏 2回戦(2019)
全英 2回戦(2019)
全米 3回戦(2019)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2019)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 91位(2019年7月15日)
ダブルス 252位(2019年5月6日)
2019年7月15日現在

来歴編集

1999年8月5日、ロシア人の両親のもとに、オーストラリアシドニーに生まれた[1]。4歳の時に、シドニー郊外のニューサウスウェールズ州ホーンズビーにあるキム・ウォーウィックテニスアカデミーでテニスを始めた[2][3]。2008年には全豪オープン男子シングルス3回戦のレイトン・ヒューイットマルコス・バグダティス戦を見学している[4]

8歳の時に、父親の仕事の関係でアラブ首長国連邦ドバイに転居し、ドバイで2年間を過ごした。その後はスペインアリカンテに転居し、アリカンテでは近所にアレックス・デ・ミノーも住んでいた[5]。その後はフランスニースに住んでいたこともあったが[6]、やがてスペインのマルベーリャに落ち着いた[7]。2011年にはオーストラリアのU-12グラスコート選手権シングルスで優勝し、U-12クレーコート選手権ダブルスでも優勝した。同年にはヨーロッパのU-12ツアーに参加し、スイスとイタリアの計3大会で優勝した。2013年と2017年にはITFジュニアサーキットに参加した。

2017年には全豪オープンジュニア男子ダブルスで優勝した[8]。全豪オープンに続いて4大会連続で優勝し、計22連勝を達成した。この中には2017年全仏オープンジュニア男子シングルスも含まれている。ジュニア男子シングルスの世界ランキングで2位となり、ポピリンはプロツアーへの参戦を決意した[9]

2017–2018: プロツアー参戦編集

2017年7月には、ポーランドのムロンゴヴォで開催されたフューチャーズ大会で、ITFが主催するプロ大会で初めて優勝した。これにより初めて世界ランキング1000位以内に食い込んだ。2017年にはさらにフューチャーズやチャレンジャー数大会に出場し、世界ランキング622位で2017年を終えた。

2018年1月のシドニー国際では、予選でニコラ・マユフェデリコ・デルボニスを下し、はじめてATPワールドツアーの本戦に出場したが、1回戦でジョン・ミルマンに敗れた。1月末の全豪オープンにはワイルドカードで出場し、4大大会に初出場したが[10]、1回戦でティム・スマイチェックに敗れた。19歳だった2018年2月にデビスカップデビューし、オーストラリア代表としてボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦した[11]。その後半年間はヨーロッパでチャレンジャー大会に出場して、世界ランキングを上昇させた。

8月に中国の済南市で開催されたチャレンジャー大会では、予選を突破して本戦に出場した。本戦決勝ではイギリスのジェームズ・ウォードに勝利し[12]、ATPチャレンジャーツアーで初優勝した[13]。8月末には世界ランキングがトップ200に入った。10月にのストックホルム・オープンでは予選を突破して本戦に出場したが、1回戦でジョン・ミルマンに敗れた。翌週のスイス・インドアでは、予選でブノワ・ペールマッケンジー・マクドナルドに勝利して本戦出場を決めた。本戦1回戦ではマシュー・エブデンに勝利し、ATPワールドツアーでの初勝利を挙げた[14]。147位で2018年を終えた。

2019: 4大大会での初勝利編集

2019年1月のブリスベン国際シドニー国際にはワイルドカードで出場したが、両大会とも1回戦で敗れた。1月末の2019年全豪オープンにもワイルドカードで出場し、1回戦ではドイツのミーシャ・ズベレフにストレートで勝利、4大大会での初勝利を飾った。2回戦では第7シードのドミニク・ティエムに勝利したが、3回戦で第28シードのリュカ・プイユに敗れた。

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A P WG Z# PO G S SF-B NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2018 2019 通算成績
全豪オープン 1R 3R 2–2
全仏オープン A 2R 1–1
ウィンブルドン A 2R 1–1
全米オープン A 3R 2-1

脚注編集

  1. ^ No more junior tournaments for Aussie teen star”. Sunshine Coast Daily (2017年6月18日). 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ New Aussie emerges”. The Australian (2017年6月11日). 2019年3月10日閲覧。
  3. ^ Tennis Australia Player Profiles: Alexei Popyrin”. Tennis Australia. 2019年1月18日閲覧。
  4. ^ Popyrin on the brink of Open breakthrough”. Newcastle Herald (2019年1月18日). 2019年3月10日閲覧。
  5. ^ Aussie French Open junior champion Alexei Popyrin ready to take talents to professional ranks”. Herald Sun (2017年6月18日). 2019年3月10日閲覧。
  6. ^ Australian Open 2019: Teen star Alexei Popyrin keen to add to historic achievement”. Nine.com (2019年1月17日). 2019年3月10日閲覧。
  7. ^ Local Teens Highlight Marbella's Challenger Return”. ATP Tour (2018年3月30日). 2019年3月10日閲覧。
  8. ^ ENORME. Duarte Vale está na FINAL de pares juniores do Australian Open 2017” (2017年1月26日). 2019年3月10日閲覧。
  9. ^ POPYRIN CONTINUES RISE WITH POLISH TITLE”. Tennis Australia (2017年7月10日). 2018年10月16日閲覧。
  10. ^ Alexei Popyrin and Jason Kubler secure Australian Open wildcards”. Herald Sun (2018年1月6日). 2018年1月7日閲覧。
  11. ^ Bound for Madrid: Aussies win Davis Cup tie against Bosnia and Herzegovina”. The Age (2019年2月2日). 2019年3月10日閲覧。
  12. ^ Aussie Teen Popyrin Reflects On First Challenger Title”. ATP (2018年8月18日). 2018年12月29日閲覧。
  13. ^ POPYRIN CLAIMS FIRST ATP CHALLENGER TITLE”. Tennis Australia (2018年8月13日). 2018年10月16日閲覧。
  14. ^ BASEL: POPYRIN STUNS EBDEN, MILLMAN BEATEN”. Tennis Australia (2018年10月24日). 2018年10月26日閲覧。

外部リンク編集