メインメニューを開く
アレシボ天文台

アレシボ天文台(アレシボてんもんだい Arecibo Observatory)はプエルトリコアレシボ英語版にある電波天文台米国科学財団(NSF)との協力協定のもと、国立天文学電離層センターの一部として、SRIインターナショナル、宇宙研究大学連合、プエルトリコ・メトロポリタン大学により運営されている。1963年に建設され、単体では世界最大の電波望遠鏡として知られていたが、2016年に中国の500メートル球面電波望遠鏡(FAST)が完成したことにより、世界最大の地位からは降りることとなった[1]

目次

概要編集

 
アレシボ天文台の航空写真

コーネル大学とアメリカ空軍の元で建設されている[2]。直径305 mの球面反射面がカルスト地形の窪地を利用して造られ、3本のマストで高さ150 mに受信機が吊り下げられている固定式のアンテナである。レーダーとしても使用でき、小惑星などの観測にも利用され、地球へ衝突するかもしれない小惑星を追跡できる地球で唯一の天文台と言われている[3]


地球外知的生命体探査との関わりが深く、1974年にはM13ヘメッセージが送られた(アレシボ・メッセージ)。1999年から行われている SETI@home においてはアレシボ天文台で受信された電波データの解析が行われている。

 
アレシボ・メッセージ

冷戦時代には、月面反射したソ連などからの電波を受信するのにも使われたことがある。

運営面での変化など編集

2007年11月22日 Technobahn の記事によると、NSFは現状1050万ドルだった年間予算を来年から800万ドルに削減する事を発表した[4]。また同記事には2011年にてアレシボ天文台を閉鎖するとの記述があり、その主原因として観測設備(天文台)の拠点が地上から宇宙(ハッブル宇宙望遠鏡等)に移った事が挙げられている。

2012年5月12日 SRIインターナショナルが中心となりアレシボ天文台を運営していくことが通達された。

2014年1月13日 プエルトリコで発生したM6.4の地震により受信機を吊り下げるケーブルに損傷が発生し、観測できない状態になったが、地震発生より2ヶ月後の3月13日に完全な観測が可能な状態に戻った。

2017年4月 NSFが、年間800万ドルかかっている天文台への支出を200万ドルに削減する意向を示していると報道された。

2018年2月22日 セントラルフロリダ大学メトロポリターナ大学、 Yang Enterprises, Inc. のコンソーシアムが運用管理を引き継ぎ、2015万ドルの資金により5年以上の運用を開始する予定だと発表した[5]。また、設備の刷新などを行い運営の現代化が進められる。

アレシボ天文台でなされた発見編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集