アレジアント・エア

アレジアント航空から転送)

アレジアント・エア (英語: Allegiant Air)は、アメリカ合衆国格安航空会社である。

アレジアント・エア
Allegiant Air
N216NV Damp Taxi FLL JTPI 7103 (41548591024).jpg
IATA
G4
ICAO
AAY
コールサイン
ALLEGIANT
設立 1997年1月
運航開始 1998年
AOC # 1997年
拠点空港 ラスベガス国際空港
en:Phoenix–Mesa Gateway Airport
オーランド・サンフォード国際空港
en:St. Pete–Clearwater International Airport
シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港
en:Punta Gorda Airport (Florida)
フォートローダーデール・ハリウッド国際空港
en:Bellingham International Airport
ピッツバーグ国際空港
親会社 Allegiant Travel Co.
保有機材数 115機
就航地 122ヶ所
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州 Summerlin
従業員数 4,000人
外部リンク https://www.allegiantair.com/
テンプレートを表示
アレジアント・エアのMD-83型機
アレジアント・エアのAirbus A319-100
アレジアント・エアのAirbus A320-200

概要編集

ネバダ州ラスベガス郊外サマーリンに本社を置く、Allegiant Travel Company (NASDAQ: ALGT) 社によって運航されている。

中古機材を活用するなどしてスピリット航空とともに、超格安航空会社 (Ultra Low-Cost Carriers, ULCC) とも呼ばれている[1]。 2022年3月現在の平均機齢は14.9年である[2]

小型カバン以外は、機内持ち込み手荷物にも追加料金が必要である。ペットを機内に持ち込む場合は、100ドルの追加料金が必要となる [3]

需要に応じて運航便数を調整している。繁忙期には、閑散期の2倍の旅客運送をしている。需要の少ない路線に毎日就航させることはしていない。

就航都市編集

主に西海岸(ネバダ州ラスベガス、カリフォルニア州)、東海岸(フロリダ州)を拠点に、国内線のみ運航している。

詳細はRoute Map を参照。

機材編集

2022年3月現在[2]

発注機材[4]編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 節約家の旅客と手数料に頼る航空会社とのつばぜり合い - ウォールストリート・ジャーナル 2013年11月26日
  2. ^ a b Fleet age Allegiant Air | Airfleets aviation”. www.airfleets.net. 2022年3月16日閲覧。
  3. ^ 旅行者が嫌う隠れた手数料-航空会社やホテルには貴重な収入源 - ウォールストリートジャーナル 2014年3月13日
  4. ^ アレジアント・エア、ボーイング737 MAXを最大100機導入 2023年から | FlyTeam ニュース” (日本語). FlyTeam(フライチーム). 2022年1月18日閲覧。

外部リンク編集