アレックス・イングリッシュ

アメリカのバスケットボール選手 (1954 - )

アレクサンダー・イングリッシュ (Alexander English, 1954年1月5日 - ) は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州コロンビア出身の元プロバスケットボール選手、指導者。身長201cm、体重86kg。ポジションはスモールフォワード。1980年代のNBAを代表するスコアラーであり、1983年に得点王を獲得した。1997年にバスケットボール殿堂入りを果たしている。

アレックス・イングリッシュ
Alex English
Alex English.jpg
引退
ポジション SF
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1954-01-05) 1954年1月5日(68歳)
出身地 サウスカロライナ州コロンビア
身長(現役時) 201cm (6 ft 7 in)
体重(現役時) 86kg (190 lb)
キャリア情報
出身 サウスカロライナ大学
ドラフト 1976年 23位
永久欠番 ナゲッツ  2 
選手経歴
1976-1978
1978-1980
1980-1990
1990-1991
1991-1992
ミルウォーキー・バックス
インディアナ・ペイサーズ
デンバー・ナゲッツ
ダラス・マーベリックス
イタリアの旗ナポリ・バスケット英語版
指導者経歴
2002-2003
2003-2004
2004-2011
2012-2013
アトランタ・ホークス (AC)
フィラデルフィア・76ers (AC)
トロント・ラプターズ (AC)
サクラメント・キングス (AC)
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

経歴編集

1976年のNBAドラフト英語版2順目23位でミルウォーキー・バックスに指名された。キャリア初期はバックスとインディアナ・ペイサーズに、それぞれ2年間所属してデンバー・ナゲッツにトレードされた。イングリッシュはナゲッツに移籍してから、類希なる得点能力を開花させ1982-83シーズンには得点王を獲得した。チームリーダーとしても優れ、ナゲッツでの10年間で9年連続でプレーオフ出場を果たした。前人未到の8年連続2000得点を記録し1980年代にもっとも得点した選手だった。引退当時のイングリッシュの総得点はNBAで歴代6位だった。

NBAファイナルには縁がなく、カンファレンスファイナルに進出したのも1985年だけであった。

プレースタイル編集

イングリッシュのプレースタイルは、滑らかでエレガントであると言われた。同時代に活躍したスモールフォワードのドミニク・ウィルキンスバーナード・キングジェームズ・ウォージーほどの派手さは備えていないが、その代わりにテクニックと独特の間とリズムで淡々と得点を重ねていった。

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ  *  リーグリーダー  †  優勝シーズン

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
1976–77 MIL 60 0 10.8 .477 --- .767 2.8 .4 .3 .3 .0 5.2
1977–78 82 0 18.9 .542 --- .727 4.8 1.6 .5 .7 1.7 9.6
1978–79 IND 81 0 33.3 .511 --- .752 8.1 3.3 .9 1.0 2.4 16.0
1979–80 54 0 28.3 .504 .000 .814 7.0 2.6 .8 .6 2.3 14.9
DEN 24 0 36.5 .485 .667 .762 9.4 3.4 1.2 1.2 3.8 21.3
1979-80計 78 0 30.8 .497 .333 .789 7.8 2.9 .9 .8 2.7 16.9
1980–81 81 0 38.2 .494 .600 .850 8.0 3.6 1.3 1.2 3.0 23.8
1981–82 82 82 36.8 .551 .000 .840 6.8 5.3 1.1 1.5 3.2 25.4
1982–83 82 82 36.4 .516 .167 .829 7.3 4.8 1.4 1.5 3.2 28.4
1983–84 82 77 35.0 .529 .143 .824 5.7 5.0 1.0 1.2 2.7 26.4
1984–85 81 81 36.1 .518 .200 .829 5.7 4.2 1.2 .6 3.1 27.9
1985–86 81 81 37.3 .504 .200 .862 5.0 4.0 .9 .4 3.1 29.8
1986–87 82 82 37.6 .503 .267 .844 4.2 5.1 .9 .3 2.6 28.6
1987–88 80 80 35.2 .495 .000 .828 4.7 4.7 .9 .3 2.3 25.0
1988–89 82 82 36.5 .491 .250 .858 4.0 4.7 .8 .1 2.4 26.5
1989–90 80 80 27.6 .491 .400 .880 3.6 2.8 .6 .3 1.2 17.9
1990–91 DAL 79 26 22.1 .439 .000 .850 3.2 1.3 .5 .3 1.3 9.7
通算:15年 1193 753 31.9 .507 .217 .832 5.5 3.6 .9 .7 2.5 21.5
オールスター 8 4 18.5 .500 --- .500 2.3 1.9 .8 .5 1.5 9.1

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
1978 MIL 9 - 23.1 .615 --- .781 4.7 1.4 .7 .8 1.3 13.4
1982 DEN 3 - 39.3 .473 --- .857 7.7 5.7 1.0 1.0 1.3 19.3
1983 7 - 38.6 .447 .000 .887 6.3 6.0 .6 1.0 3.0 25.9
1984 5 - 40.6 .588 .000 .893 8.0 5.6 .6 .4 1.4 29.0
1985 14 14 38.3 .536 .000 .890 6.6 4.5 1.2 .4 2.1 30.2
1986 10 10 39.4 .463 .000 .859 3.5 5.2 .4 .4 2.8 27.3
1987 3 3 25.3 .510 --- .857 4.7 3.3 .0 .0 2.7 18.7
1988 11 11 39.8 .455 .000 .814 5.4 4.4 .6 .3 1.5 24.3
1989 3 3 36.0 .516 --- .875 4.3 3.7 .3 .0 4.7 26.0
1990 3 3 25.3 .568 --- .818 3.0 3.0 .7 .3 .7 19.7
出場:10回 68 44 35.7 .503 .000 .862 5.5 4.3 .7 .5 2.1 24.4

記録編集

関連項目編集