アレックス・カーツマン

アレックス・カーツマンAlex Kurtzman、本名:Alexander Hilary Kurtzman1973年9月7日 - )は、アメリカ映画テレビドラマ脚本家プロデューサー監督。2009年から『スタートレック』シリーズを共同プロデュースし、脚本・製作のパートナーであるロベルト・オーチーと『トランスフォーマー』(2007年)、『スター・トレック』(2009年)、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013年)、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014年)の脚本を共同執筆し、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017年)を監督・共同執筆したことで知られている。

アレックス・カーツマン
Alex Kurtzman
Alex Kurtzman
本名 Alexander Hilary Kurtzman
生年月日 (1973-09-07) 1973年9月7日(48歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 脚本家プロデューサー監督
活動期間 1996 - 活動中
配偶者
Samantha Counter (m. 2002)
テンプレートを表示
Alex Kurtzman
Alex Kurtzman San Diego Comic Con 2019.jpg
著名な実績Co-founder of K/O Paper Products, founder of Secret Hideout

略歴編集

カーツマンは、世俗的なユダヤ人の家庭に生まれ[1][2][3]カリフォルニア州ロサンゼルスで育った[4][5]。長年の脚本家パートナーであるロベルト・オーチーは、高校時代の親友だった。

大学はウェズリアン大学に通っていた[6]

経歴編集

当時、Universal International傘下のPacific Renaissance Picturesのテレビ部門で放送された『Hercules: The Legendary Journeys』で、カーツマンはオルシと初めてコンビを組んだ。第4シーズン中に主演のケヴィン・ソルボ脳卒中で倒れ、不在となったため、彼らはいくつかのストーリーを制作した後、24歳のカーツマンとオルシが番組の責任者となった。彼らは、マイケル・ベイ監督の『アイランド』のリライトを依頼され、映画界に進出した。この映画は、1億2600万ドルの予算で全世界の興行収入が1億6300万ドル近くに達し、十分な成功を収めたため、彼らはベイ監督の『トランスフォーマー』の脚本を任され、7億1000万ドルの興行収入を稼いだ。『アイランド』、『トランスフォーマー』、『トランスフォーマー/リベンジ』の3作品は批評家からの評価はあまり高くなかったが、この3作品で合計17億ドルを稼いだ。2008年には、J・J・エイブラムスと共にフォックスのTVシリーズ『FRINGE/フリンジ』を共同制作した。パイロット版の後、カーツマンは残りの放送期間中、番組のコンサルティング・プロデューサーを務めた[7]。その後、二人は2009年の映画『スター・トレック』を共同執筆した。

2011年、フォーブス誌は、オーチーとカーツマンを「ハリウッドの秘密兵器」と評した。それは、それまでの6年間で、彼らの作品が合計30億ドル以上もの興行収入を上げたからである。このパートナー関係のもとで、カーツマンの劇場用監督デビュー作となった『ピープル・ライク・アス』(原題:Welcome to People)の脚本執筆も行っている[7]

カーツマンは、J・J・エイブラムスデイモン・リンデロフアダム・ホロウィッツロベルト・オーチーエドワード・キッツィスAndre NemecJosh Appelbaumジェフ・ピンクナーブライアン・バークなど、多くの映画関係者たちと頻繁に仕事をしてきた[2]。2014年4月、オーチーとカーツマンはVariety誌に対し、映画プロジェクトでの共同制作を終了することを認めた。ただし、「テレビの仕事だけは一緒にやろう」とも述べていた[8]

2018年、カーツマンはCBS Television Studiosと新たに5年間の契約を結び、『スタートレック:ディスカバリー』(Michelle Paradiseと共同でショーランナーを務める[9])、『スタートレック:ショートトレック』、『スタートレック:ピカード』、『スタートレック:ローワー・デッキ』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるなど、テレビでの『スタートレック』フランチャイズを監督し、拡大していくことになった[10]

2021年8月、カーツマンとSecret Hideout社は、CBSスタジオとの包括的な契約を2026年まで延長した[11]

私生活編集

2002年、カーツマンは弁護士Nick Counterの娘であるサマンサ・カウンターと結婚した[12]

作品編集

映画編集

邦題
原題
クレジット表記 備考
監督 脚本 製作
2005 アイランド
The Island
No Yes No Co-wrote with Roberto Orci and Caspian Tredwell-Owen
レジェンド・オブ・ゾロ
The Legend of Zorro
No Yes No ストーリー原案
ロベルト・オーチー、テッド・エリオットテリー・ロッシオと共同執筆
2006 ミッション:インポッシブル3
Mission: Impossible III
No Yes No Co-wrote with J. J. Abrams and Roberto Orci
2007 トランスフォーマー
Transformers
No Yes No ストーリー原案
ロベルト・オーチー、John Rogersと共同執筆
2008 イーグル・アイ
Eagle Eye
No No Yes
2009 ウォッチメン
Watchmen
No ノンクレジット[13] No Script polish[14]
スター・トレック
Star Trek
No Yes 製作総指揮 Co-wrote with Roberto Orci
トランスフォーマー/リベンジ
Transformers: Revenge of the Fallen
No Yes No Co-wrote with Ehren Kruger and Roberto Orci
あなたは私の婿になる
The Proposal
No No 製作総指揮
2011 カウボーイ & エイリアン
Cowboys & Aliens
No Yes Yes Co-wrote with Roberto Orci, Damon Lindelof, Steve Oedekerk,
Mark Fergus and Hawk Ostby
2012 ピープル・ライク・アス
People Like Us
Yes Yes 製作総指揮 Directorial debut; co-wrote with Roberto Orci and Jody Lambert
2013 スター・トレック イントゥ・ダークネス
Star Trek Into Darkness
No Yes Yes Co-wrote with Roberto Orci and Damon Lindelof
グランド・イリュージョン
Now You See Me
No No Yes
エンダーのゲーム
Ender's Game
No No Yes
2014 アメイジング・スパイダーマン2
The Amazing Spider-Man 2
No Yes 製作総指揮[15] Co-wrote with Roberto Orci, Jeff Pinkner, and James Vanderbilt
2016 グランド・イリュージョン 見破られたトリック
Now You See Me 2
No No Yes
2017 ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
The Mummy
Yes ストーリー Yes ストーリー原案
ジョン・スペイツen:Jenny Lumetデヴィッド・コープクリストファー・マッカリーディラン・カスマンと共同で脚本を執筆。

テレビ編集

邦題
原題
監督 脚本 製作総指揮 クリエイター 備考
1997 – 1999 Hercules: The Legendary Journeys No Yes Yes No 放送期間自体は1995年~1999年
1999 – 2000 ジーナ
Xena: Warrior Princess
No Yes Yes No 放送期間自体は1995年~2001年
2000 Jack of All Trades No Yes Yes No
2001 – 2003 エイリアス
Alias
No Yes Yes No Also supervising producer
放送期間自体は2001年~2006年
2004
The Secret Service
No Yes Yes No Pilot
2008 – 2013 FRINGE/フリンジ
Fringe
No Yes Yes Yes Also developer
Also consulting producer
2010 – 2013 超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム
Transformers: Prime
No No Yes No Also developer
2010 – 2020 HAWAII FIVE-0
Hawaii Five-0
No Yes Yes No Also developer
2011
Exit Strategy
No Yes Yes No Pilot

Locke & Key
No Yes Yes No
2013 – 2017 スリーピー・ホロウ
Sleepy Hollow
No Yes Yes Yes
2014 Matador No No Yes No
2014 – 2018 SCORPION/スコーピオン
Scorpion
No No Yes No
2015 Limitless No No Yes No
2017 – 2018 Salvation No No Yes No
2017 – 現在 スタートレック:ディスカバリー
Star Trek: Discovery
Yes Yes Yes[16] Yes 監督作はシーズン2のエピソード1「義弟」"Brother"
2018 – 2019 インスティンクト -異常犯罪捜査-
Instinct
No No Yes No
2018 – 2020 スタートレック:ショートトレック
Star Trek: Short Treks
No Yes Yes Yes
2020 – 現在 スタートレック:ピカード
Star Trek: Picard
No Yes Yes Yes
スタートレック:ローワー・デッキ
Star Trek: Lower Decks
No No Yes No SFテレビアニメ作品
2021
Star Trek: Prodigy
No No Yes No
2021 – 現在
Clarice
No Yes Yes Yes
2022[17]
Star Trek: Strange New Worlds
No Yes Yes Yes Post-production
TBA
The Man Who Fell to Earth
No No Yes No 撮影中

出典編集

  1. ^ Wills, Adam (2007年7月5日). “Screenwriter Alex Kurtzman ‘Transforms’ filmdom’s giant robot genre”. Jewish Journal. オリジナルの2016年9月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160920210323/http://www.jewishjournal.com/arts/article/screenwriter_alex_kurtzman_transforms_filmdoms_giant_robot_genre_20070706 
  2. ^ a b Littleton, Cynthia (2009年10月16日). “Abrams keeps it all in the fan family - J.J. and his collaborators conquer Hollywood”. Variety. オリジナルの2018年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181211123451/https://variety.com/2009/film/features/abrams-keeps-it-all-in-the-fan-family-1118010053/. "We’re all self-deprecating short Jews, with the exception of Bob Orci" 
  3. ^ Wills, Adam (2009年7月22日). “Jews Get Geek on at Comic-Con”. Jewish Journal. オリジナルの2018年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180708220916/http://jewishjournal.com/uncategorized/71432/ 
  4. ^ アレックス・カーツマン - IMDb(英語) (accessed February 22, 2009)
  5. ^ Alex Kurtzman Biography”. IGN.com. 2012年8月16日閲覧。
  6. ^ Itzkoff, Dave. “Character-Driven Films (but Keep the Kaboom)”. The New York Times. 2017年2月21日閲覧。
  7. ^ a b Pomerantz, Dorothy (2011年5月18日). “Roberto Orci And Alex Kurtzman: Hollywood's Secret Weapons”. Forbes. https://www.forbes.com/2011/05/17/celebrity-100-11-roberto-orci-alex-kurtzman-films-secret-weapons.html 2017年8月24日閲覧。 
  8. ^ Alex Kurtzman & Roberto Orci Splitting Up on Bigscreen (EXCLUSIVE)”. Variety (2014年4月22日). 2014年4月22日閲覧。
  9. ^ 'Star Trek: Discovery' Renewed For Season 3 At CBS All Access, Michelle Paradise Joins Alex Kurtzman As Co-Showrunner”. Deadline (2019年2月27日). 2020年2月7日閲覧。
  10. ^ Alex Kurtzman To Shepherd 'Star Trek' Franchise Expansion Under New 5-Year Overall Deal With CBS TV Studios”. Deadline (2018年6月19日). 2020年2月7日閲覧。
  11. ^ Andreeva, Nellie (2021年8月1日). “Alex Kurtzman Inks Mega New Overall Deal With CBS Studios”. Deadline Hollywood. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  12. ^ Hubler, Shawn (2007年6月27日). “Reel life was his real love”. Los Angeles Times. https://articles.latimes.com/2007/jun/27/entertainment/et-hosney27/3 2013年5月2日閲覧。 
  13. ^ Roberto Orci (2008年8月10日). “The All New "Hey Roberto" Thread”. Don Murphy. 2008年10月22日閲覧。
  14. ^ Roberto Orci (2008年8月10日). “The All New "Hey Roberto" Thread”. Don Murphy. 2008年10月22日閲覧。
  15. ^ Fleming, Mike (2012年4月24日). “Alex Kurtzman & Roberto Orci Re-Writing Sequel To 'Amazing Spider-Man'”. Deadline Hollywood. 2012年4月24日閲覧。
  16. ^ New Star Trek Series Premieres January 2017 By StarTrek.com Staff - November 02, 2015
  17. ^ Sperling, Nicole (2021年8月1日). “Can Paramount+ Succeed? One Producer Hopes to Make It So.” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2021/08/01/business/media/alex-kurtzman-paramount-cbs-star-trek.html 2021年8月5日閲覧。 

外部リンク編集