メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はコレチャ第二姓(母方の)はベルデガイです。

アレックス・コレチャ・イ・ベルデガイÀlex Corretja i Verdegayカタルーニャ語発音: [ˈaləks kuˈrɛdʒə] アレックス・クレッジャ、1974年4月11日 - )は、スペインバルセロナ出身の男子プロテニス選手。シングルス自己最高ランキングは2位。ATPツアーでシングルス17勝、ダブルス3勝を挙げた。身長180cm、体重72kg、右利き。

アレックス・コレチャ
Álex Corretja
Tennis pictogram.svg
Àlex Corretja at the 2009 Mutua Madrileña Madrid Open 02.jpg
アレックス・コレチャ
基本情報
フルネーム Àlex Corretja i Verdegay
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 バルセロナ
生年月日 (1974-04-11) 1974年4月11日(45歳)
身長 180cm
体重 72kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1991年
引退年 2005年
ツアー通算 20勝
シングルス 17勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 541勝396敗
シングルス 438勝281敗
ダブルス 103勝115敗
生涯獲得賞金 $10,411,354
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(1998)
全仏 準優勝(1998・2001)
全英 2回戦(1994・96)
全米 ベスト8(1996)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(1998)
全仏 出場なし
全英 3回戦(1996)
全米 3回戦(1996)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2000)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 2位(1999年2月1日)
ダブルス 50位(1997年6月9日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2000 シドニー ダブルス

1998年全仏オープン男子シングルス2001年全仏オープン男子シングルスで準優勝した。ATPツアー世界選手権優勝。

選手経歴編集

1991年にプロ転向。1994年アルゼンチン・オープンでツアー初優勝。1996年全米オープン準々決勝でピート・サンプラスと最終第5セットのタイブレークまでもつれる死闘を戦い、6-7(5), 7-5, 7-5, 4-6, 6-7(7)で敗れた。1998年全仏オープンで初の4大大会決勝進出を果たしたが、そこでコレチャは2歳年下のカルロス・モヤとスペイン対決でモヤに3-6, 5-7, 3-6のストレートで敗れた。

その雪辱を果たすかのように、同年の男子プロテニスツアー最終戦ATPツアー選手権決勝では、モヤに2セット先取されてからの大逆転勝ちを収めて、同大会の初優勝を飾った。

1999年全豪オープンで、第2シードのコレチャは1回戦で日本鈴木貴男と対戦する。第4セットで鈴木に絶好のチャンスが訪れたが、コレチャが最終第5セットで鈴木を振り切って6-3, 4-6, 3-6, 7-6(5), 6-2で勝利した。コレチャ自身は続く2回戦でノルウェーの選手に敗退する。翌年の2000年全豪オープン2回戦では、地元オーストラリアの新星レイトン・ヒューイットにわずか1ゲームしか奪えずに完敗した。

2000年シドニー五輪でスペイン代表に選ばれ初めて五輪に出場した。シングルスでは3回戦でドイツの銀メダルを獲得したトミー・ハースに敗れた。アルベルト・コスタと組んだダブルスではベスト4に進出し、準決勝でオーストラリアウッディーズ組に3-6, 6-7で敗れたが、3位決定戦で南アフリカ共和国代表のデイヴィッド・アダムズ/ジョン・ラフニー・デ・ヤーガー組に2-6, 6-4, 6-3で勝利し銅メダルを獲得した。

2001年全仏オープンで、コレチャは同大会3年ぶり2度目の決勝進出を果たしたが、今度はグスタボ・クエルテンに7-6, 5-7, 2-6, 0-6で敗れ、またしても準優勝に終わった。2002年全仏オープンでは、準決勝で同じスペインアルベルト・コスタに敗れている。2005年4月最終週、ポルトガル・オープン1回戦で同じスペインの後輩選手、フェリシアーノ・ロペスに敗れた試合を最後に現役を引退した。

スペインには赤土のクレーコートが最も多いため、当地のプロテニス選手は全仏オープンでは抜群の強さを発揮するが、対照的な芝コートの大会であるウィンブルドン選手権を苦手にする選手が多い。コレチャはキャリアを通じてウィンブルドンへの出場は極端に少なく、1998年の全仏オープン準優勝の後に出場したウィンブルドン選手権では初戦敗退に終わったため、長い間遠ざかっていた。2004年に6年ぶりの出場を決めた時も、やはり1回戦で敗退している。

2012年からコレチャはデビスカップスペイン代表の監督を務めている。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 30回 (17勝13敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-2)
テニス・マスターズ・カップ (1-0)
ATPマスターズシリーズ (2-3)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (5-0)
ATPインターナショナルシリーズ (9–8)
サーフェス別タイトル
ハード (6–3)
クレー (10-10)
芝 (0-0)
カーペット (1-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1992年11月2日   グアルジャ ハード   カルステン・アリエンス 6–7, 3–6
準優勝 2. 1994年10月3日   パレルモ クレー   アルベルト・ベラサテギ 6–2, 6–7(6–8), 4–6
優勝 1. 1994年11月14日   ブエノスアイレス クレー   ハビエル・フラナ 6–3, 5–7, 7–6(7–5)
準優勝 3. 1996年5月13日   ハンブルク クレー   ロベルト・カレテロ 6–2, 4–6, 4–6, 4–6
準優勝 4. 1996年7月29日   キッツビュール クレー   アルベルト・ベラサテギ 2–6, 4–6, 4–6
準優勝 5. 1996年10月7日   マルベーリャ クレー   マルク=ケビン・ゲルナー 6–7(4–7), 6–7(2–7)
優勝 2. 1997年4月14日   エストリル クレー   フランシスコ・クラベット 6–3, 7–5
準優勝 6. 1997年4月28日   モンテカルロ クレー   マルセロ・リオス 4–6, 4–6, 3–6
準優勝 7. 1997年5月5日   ミュンヘン クレー   マーク・フィリプーシス 6–7, 6–1, 4–6
優勝 3. 1997年5月19日   ローマ クレー   マルセロ・リオス 7–5, 7–5, 6–3
優勝 4. 1997年7月21日   シュトゥットガルト クレー   カロル・クチェラ 6–2, 7–5
優勝 5. 1998年2月16日   ドバイ ハード   フェリックス・マンティーリャ 7–6(7–0), 6–0
準優勝 8. 1998年5月11日   ハンブルク クレー   アルベルト・コスタ 2–6, 0–6, 0–1, 途中棄権
準優勝 9. 1998年6月8日   全仏オープン クレー   カルロス・モヤ 3–6, 5–7, 3–6
優勝 6. 1998年7月13日   グシュタード クレー   ボリス・ベッカー 7–6(7–5), 7–5, 6–3
優勝 7. 1998年8月24日   インディアナポリス ハード   アンドレ・アガシ 2–6, 6–2, 6–3
優勝 8. 1998年10月26日   リヨン カーペット (室内)   トミー・ハース 2–6, 7–6(8–6), 6–1
優勝 9. 1998年11月30日   ハノーファー ハード (室内)   カルロス・モヤ 3–6, 3–6, 7–5, 6–3, 7–5
準優勝 10. 1999年1月18日   シドニー ハード   トッド・マーティン 3–6, 6–7
準優勝 11. 1999年8月30日   ロングアイランド ハード   マグヌス・ノーマン 6–7(4–7), 6–4, 3–6
準優勝 12. 1999年9月20日   マヨルカ クレー   フアン・カルロス・フェレーロ 6–2, 5–7, 3–6
優勝 10. 2000年3月20日   インディアンウェルズ ハード   トーマス・エンクビスト 6–4, 6–4, 6–3
優勝 11. 2000年7月17日   グシュタード クレー   マリアノ・プエルタ 6–1, 6–3
優勝 12. 2000年7月30日   キッツビュール クレー   エミリオ・ベンフェレ・アルバレス 6–3, 6–1, 3–0 途中棄権
優勝 13. 2000年8月21日   ワシントンDC ハード   アンドレ・アガシ 6–2, 6–3
優勝 14. 2000年10月23日   トゥールーズ ハード (室内)   カルロス・モヤ 6–3, 6–2
準優勝 13. 2001年6月11日   全仏オープン クレー   グスタボ・クエルテン 7–6(7–3), 5–7, 2–6, 0–6
優勝 15. 2001年7月23日   アムステルダム クレー   ユーネス・エル・アイナウイ 6–3, 5–7, 7–6(7–0), 3–6, 6–4
優勝 16. 2002年7月15日   グシュタード クレー   ガストン・ガウディオ 6–3, 7–6(7–3), 7–6(7–3)
優勝 17. 2002年7月29日   キッツビュール クレー   フアン・カルロス・フェレーロ 6–4, 6–1, 6–3

ダブルス: 7回 (3勝4敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1995年6月12日   ポルト クレー   ホルディ・アレッセ   フランシスコ・ロイグ
  トマス・カルボネル
3–6, 6–7
優勝 1. 1995年9月25日   パレルモ クレー   ファブリス・サントロ   ヘンドリック・ヤン・ダーヴィッツ
  ピート・ノーバル
6-7, 6-4, 6-3
準優勝 2. 1997年4月14日   バルセロナ クレー   パブロ・アルバノ   アルベルト・ベラサテギ
  ジョルディ・ブリーリョ
3–6, 5–7
優勝 2. 1997年4月28日   ミュンヘン クレー   パブロ・アルバノ   カールステン・ブラーシュ
  イェンス・クニプシルト
3-6, 7-5, 6-2
準優勝 3. 2001年7月22日   アムステルダム クレー   ルイス・ロボ   ポール・ハーフース
  シェング・シャルケン
4–6, 2–6
優勝 3. 2001年7月29日   キッツビュール クレー   ルイス・ロボ   シーモン・アスペリン
  アンドリュー・クラッツマン
6-3, 4-6, 6-3
準優勝 4. 2002年7月28日   キッツビュール クレー   ルーカス・アーノルド・カー   トーマス嶋田
  ロビー・コーニッグ
6–7, 4–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 通算成績
全豪オープン A A A A 2R 2R 3R 2R 2R A 1R 1R 2R 7–8
全仏オープン 1R 1R 3R 4R 2R 4R F QF QF F SF 1R 3R 36–13
ウィンブルドン A A 2R A 2R A 1R A A A A A 1R 2–4
全米オープン 1R 1R 1R 2R QF 3R 4R 1R 3R 3R 3R 1R 1R 16–12

外部リンク編集