アレッサンドロ・デッラ・トッレ・エ・タッソ

アレッサンドロ・デッラ・トッレ・イ・タッソAlessandro Principe della Torre e Tasso, Duca di Castel Duino, 1881年7月8日 - 1937年3月11日)は、オーストリア=ハンガリー(二重帝国)ボヘミアの貴族で、のちイタリアに帰化した。カステル・ドゥイーノ公爵。

アレッサンドロ・デッラ・トッレ・エ・タッソ
Alessandro Principe della Torre e Tasso
カステル・ドゥイーノ公
Prince Sascha of Thurn and Taxis LCCN2014715368.jpg
サーシャ・フォン・トゥルン・ウント・タクシス侯子、1920年頃

出生 (1881-07-08) 1881年7月8日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ムツェル城チェコ語版
死去 (1937-03-11) 1937年3月11日(55歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国ドゥイーノ城英語版
配偶者 マリー・ド・リーニュ
  ヘレーナ(エラ)・ホルブルック・ウォーカー
子女 ライムンド
ルイジ
マルガレーテ
家名 トゥルン・ウント・タクシス家
父親 アレクサンダー・フォン・トゥルン・ウント・タクシス
母親 マリー・ツー・ホーエンローエ=ヴァルデンブルク=シリングスフュルスト
テンプレートを表示

経歴編集

トゥルン・ウント・タクシス侯子アレクサンダー(1851年 - 1939年)とホーエンローエ=ヴァルデンブルク=シリングスフュルスト侯女マリーの間の三男。正式な洗礼名はアレクサンダー・カール・エゴン・テオバルト・ラモラル・ヨハン・バプティスト・マリア(Alexander Karl Egon Theobald Lamoral Johann Baptist Maria)、通称はサーシャ(Sascha)。1906年1月27日パリにて、リーニュ公ルイフランス語版の一人娘マリー(1885年 - 1971年)と結婚し、間に2男1女をもうけるが、1919年に離婚。

1923年母の所領ドゥイーノのあるイタリアに帰化、その際に同国のカステル・ドゥイーノ公爵位を授けられた。1932年ヴラーナ英語版で、米国の醸造業創業者ハイラム・ウォーカーの孫娘で2度の離婚歴のあるヘレーナ(エラ)・ホルブルック・ウォーカー(1875年 - 1959年)と再婚。死後、爵位と資産の多くは長男に引き継がれたが、ベッラージョのヴィラ・セルベローニ(Villa Serbelloni)など資産の一部は未亡人の管理を経てロックフェラー財団の手に渡っているものもある[1]

子女編集

最初の妻との間に2男1女。

引用・脚注編集

  1. ^ See copy of will on Rockefeller Foundation site https://rockfound.rockarch.org/digital-library-listing/-/asset_publisher/yYxpQfeI4W8N/content/first-codicil-to-my-will
  2. ^ Geneology Site | url= https://gw.geneanet.org/efrogier?lang=en&n=von+thurn+und+taxis&oc=0&p=alexandre+charles+egon+theobald+lamoral+baptist+maria |accessdate=Nov 2020
  3. ^ NYT https://www.nytimes.com/1939/06/23/archives/fanny-goodyear-wed-to-prince-on-june-10-married-to-louis-della.html
  4. ^ Legacy memorial website. https://www.legacy.com/obituaries/charleston/obituary.aspx%3fn=alexander-torre-tasso-sasha&pid=153376550&fhid=6307