ジョン・O. アレン テイトJohn Orley Allen Tate, 1899年11月19日 - 1979年2月9日)はアメリカ合衆国詩人、エッセイスト、社会評論家、桂冠詩人(1943-1944年)[1]。14の詩集、2つの伝記、1つの小説、および15冊を超える散文の本の著者である。

アレン・テイト
Allen Tate
生誕 (1899-11-19) 1899年11月19日
死没 (1979-02-09) 1979年2月9日(79歳没)

1920年代~1930年代にかけておこった「南部文芸復興期」の理論的支柱と評されることがある。

生涯編集

テイトはケンタッキー州で生まれた。

1918年にヴァンダービルト大学に入学し教育を受けた。大学在学中、ニュー・クリティシズムの母体となる「フュージティブ」を結成。

ロバート・ペン・ウォーレンが1951年にミネソタ大学を辞めてエール大学に移ると、大学はテートに同じポゥストを与え、それから17年間ミネソタ大学で英語科の教授を務めた。

テイトは、1952年にパリで開催された文化自由会議(The Congress for Cultural Freedom; CCF)の6人の米国代表(他には、ウィリアム・フォークナーキャサリン・アン・ポーターW・H・オーデンらがいた)の一人であった。

1956年にテイトはボーリンゲン賞を受賞した。

主な作品編集

邦訳されているもの編集

『ポオ全集 第3巻』(佐伯彰一ほか訳、東京創元新社、1963年)および『ポオ・ボオドレエル 世界文学全集26』(小川和夫ほか訳、筑摩書房、1968年)に収録[2]

  • テイト「エミリー・ディキンスン論」

『ディキンスン詩集 海外詩文庫』(新倉俊一訳、思潮社、1993年)に収録

論文編集

  • 「詩における緊張」(1938年)
  • 「天使的想像力」(1951年)

詩集編集

  • 「ポープ氏その他」"Mr. Pope and Other Poems"(1928年) - 代表作"Ode to the Confederate Dead"が収録されている。
  • 「地中海その他」"The Mediterranean and Other Poems"(1936年)

評価・人物編集

  • 戦間期の時期にジョン・クロウ・ランサムとともに「逃亡者」を意味するフージティヴ(Fugitive)詩人として伝統回帰を目指した。
  • テイトはフォークナーを”Dixie Gongorist”というあだ名で呼んだことがあり、Douglas Dayはそれをおそらくは軽蔑的な意味合いであっただろうと解釈している。[3](Gongorismとはスペインの詩人ルイス・デ・ゴンゴラ風の優美で装飾的な文体のことを指す)

出典編集

  • 諏訪部浩一「第1次世界大戦後から第2次世界大戦まで(1917-1945)――モダニズムとロスト・ジェネレーション」『アメリカ文学入門』責任編集 諏訪部浩一、三修社、2013年
  • 『20世紀西洋人名事典』日外アソシエーツ、1995年
  1. ^ “[https://www.loc.gov/poetry/laureate-1937-1960.html Past Poets Laureate: 1937-1960 The Poetry and Literature Center at the Library of Congress]”. 2019年12月22日閲覧。
  2. ^ 中村融. “日本でのポー-3-書誌”. 茨城大学教養部紀要 no.11: p.1 -34. 
  3. ^ Douglas Day (1980). “Borges, Faulkner, and the Wild Palms”. VQR. 

出典編集

外部リンク編集