アロイス3世・ツー・エッティンゲン=シュピールベルク

ヨハン・アロイス3世・アントン・ツー・エッティンゲン=エッティンゲン・ウント・エッティンゲン=シュピールベルクFürst Johann Alois III. Anton zu Oettingen-Oettingen und Oettingen-Spielberg, 1788年5月9日 エッティンゲン - 1855年5月7日 ミュンヘン)は、ドイツのシュタンデスヘル。エッティンゲン=エッティンゲン侯及びエッティンゲン=シュピールベルク侯。

エッティンゲン=エッティンゲン侯及びエッティンゲン=シュピールベルク侯アロイス2世(1758年 - 1797年)と、アウエルスペルク侯カール・ヨーゼフ・アントンの娘マリア・アロイジア(1762年 - 1825年)の間の第3子、次男。

バイエルン王国の国王付き侍従長(Kronobrist-Kämmerer)、陸軍少将であった。1841年ヴュルテンベルク王冠勲章英語版の大勲章を受けた[1]ヴュルテンベルク王国の等族議会(Ständeversammlung)を1815年から1819年まで、ヴュルテンベルク貴族院ドイツ語版議員を1819/1820年から1843年まで務めたが、実際に出席したことはなかった。1819年より終身でバイエルン王国参議院ドイツ語版議員も務めた。

1813年8月31日ホッホアルティンゲンドイツ語版にて、バイエルン陸軍元帥カール・フィリップ・フォン・ヴレーデ侯の長女アマーリエ・アウグステ(1796年 - 1871年)と結婚。夫婦は4人の子をもうけた。

引用編集

  1. ^ Hof- und Staatshandbuch des Königreichs Württemberg 1854, S. 34

参考文献編集

  • Frank Raberg: Biographisches Handbuch der württembergischen Landtagsabgeordneten 1815–1933. Im Auftrag der Kommission für geschichtliche Landeskunde in Baden-Württemberg. Kohlhammer, Stuttgart 2001, ISBN 3-17-016604-2, S. 626.

外部リンク編集