メインメニューを開く

アロウズA23は、アロウズ2002年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、マイク・コフランが設計した。2002年の開幕戦から第12戦まで使用された。第12戦を最後にアロウズは撤退したため、最後のマシンとなった。

アロウズ・A23
Heinz-Harald Frentzen 2002 French Gran Prix.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター アロウズ
デザイナー マイク・コフラン
セルジオ・リンランド
先代 アロウズ・A22
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, インボード・スプリング ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, インボード・スプリング ダンパー
エンジン コスワース CR3 72度 V10 NA
トランスミッション アロウズ製 6速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 トタル
エルフ
フィナ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム オレンジ・アロウズ
ドライバー 20. ハインツ=ハラルド・フレンツェン
21. エンリケ・ベルノルディ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2002年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
12 0 0 0
テンプレートを表示
2002年のフランスGPで走行する2台のA23

目次

概要編集

アロウズは前作A22までのローノーズからコンセプトを一転して、2002年シーズンのマシンの中では一番高いフロントノーズを採用した。ノーズ下面のスペースを大きくとることでディフューザーへ多くの空気を流し、ダウンフォースを増やすデザインとなっている。フロントサスペンションアーム支持部にはザウバーが開発したツインキールを採用しているが、アロウズはキールを下方へ延長して整流版(ディフレクター)の役割も持たせる設計とした(後述のスーパーアグリ・SA05の画像を参照)。

毎年のように変わるエンジン銘柄は、アジアテック(元プジョー)からカスタマー仕様のコスワースCR-3に変更。

デビュー戦オーストラリアGPは2台ともピットスタートになり、信号無視とスペアカー乗換えでダブル失格という憂き目に遭う。その後、ハインツ=ハラルド・フレンツェンがスペインGPとモナコGPで2度入賞したが、資金難のためマシンの改良もままならず、第11戦フランスGPでは故意に予選落ちするという失態をさらした。続く第12戦ドイツGPをもってアロウズは撤退となった。

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

結果編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
 
MAL
 
BRA
 
SMR
 
ESP
 
AUT
 
MON
 
CAN
 
EUR
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
2002 20   ハインツ=ハラルド・フレンツェン DSQ 11 Ret Ret 6 11 6 13 13 Ret DNQ Ret 2 11位
21   エンリケ・ベルノルディ DSQ Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret 11 Ret DNQ Ret
  • DNQは予選不通過、DSQは失格。
  • 第12戦ドイツグランプリを最後にチームが撤退。
  • ドライバーズランキング
    • ハインツ=ハラルド・フレンツェン 18位
    • エンリケ・ベルノルディ 22位

2次使用編集

ミナルディ・PS04編集

2002年末に倒産したアロウズの資産が競売にかけられた時にA23を購入したのがポール・ストッダートである。A23にミナルディ・PS03と同様のカラーリングを施したA23はチームからPS04と呼ばれていた。2003年9月16日にムジェロ・サーキットでテストが行われ、PS03と同等のタイムを刻んでいたが、実際にPS04で参戦するとなると新たにスペアパーツなどを製造しなければならないため、実戦には登場しなかった。2004年はミナルディ・PS04Bを使用した。これはPS04とはまったくつながりの無いマシンで、PS03を2004年規定にあわせた改良したマシンである。ストッダートはミナルディを2005年にレッドブル・レーシングに売却した後も、個人的なコレクションとしてA23を所持していたが、スーパーアグリF1チームがA23をベースにしたSA05を制作するために買取を希望し、ストッダートは快諾し売却した。PS04としてテストに使用されていたマシンを改造したSA05は、主に佐藤琢磨が乗っていた。

スーパーアグリ・SA05/SA06編集

 
A23シャーシを利用したスーパーアグリ・SA05のツインキール

2005年末に2006年からのF1参戦を表明したスーパーアグリは当初はホンダ(旧B・A・R)のシャーシを使用する予定だったが、コンコルド協定に引っかかる恐れがあったため、A23のシャーシをストッダートなどから購入。2006年レギュレーションにあわせて改良を施し、スーパーアグリ・SA05として実戦デビューした。またSA05の後継マシンであるSA06も、モノコックはA23のものを使用している。