メインメニューを開く

アローキャリーとは日本競走馬である。ホッカイドウ競馬でデビューしたがのちに日本中央競馬会 (JRA) に移籍、第62回桜花賞を制した。

アローキャリー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1999年3月1日
死没 2006年1月5日(7歳没)
ラストタイクーン
アロールーシー
母の父 サンキリコ
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 矢野牧場
馬主 矢野秀春
調教師 北川數男(北海道
山内研二栗東
競走成績
生涯成績 16戦3勝(詳細
獲得賞金 1億6970万5000円
テンプレートを表示

目次

戦績編集

2歳時編集

ホッカイドウ競馬でデビュー編集

ホッカイドウ競馬の北川數男厩舎に入厩し、2001年5月9日札幌競馬場(地方開催)でデビュー。初戦は2分の1馬身差の2着に敗れたが、翌週2戦目のフレッシュチャレンジ(JRA認定競走)で初勝利を挙げた。その後2戦は3着にとどまったが、8月11日に北海道所属騎手井上俊彦中央競馬札幌芝1000mの2歳500万下に出走し、57秒2のレコードタイムで1着となった。しかし、旭川フローラルカップでは13着と大敗。再び中央に参戦したすずらん賞ではキタサンヒボタンの3着と健闘した。

JRAへ移籍編集

その後、栗東山内研二厩舎に転厩して12月2日イギリスの騎手であるキーレン・ファロンとのコンビで第53回阪神ジュベナイルフィリーズに出走した。スタートから逃げてゴール直前まで粘ったが、最後に大外から突っ込んできたオリビエ・ペリエ騎乗のタムロチェリーに差され、2着に終わった。その後中1週で臨んだフェアリーステークスでは1番人気に推されたが、サーガノヴェルの4着に敗れている。

3歳から現役引退まで編集

明けて2002年、エルフィンステークスではまたもやゴール前でかわされての2着、アネモネステークスでは8着となった後、4月7日に第62回桜花賞に出走。レースの1週間前に騎乗が決まったという池添謙一を背に、道中は同じ山内厩舎のサクセスビューティの2番手につけると、直線に入って一気に抜け出し13番人気の低評価を退けて1着。初の重賞制覇を飾るとともに、ホッカイドウ競馬出身馬として初の桜花賞優勝馬となり、池添にとっても初のGI制覇となった。なお、2着には7番人気のブルーリッジリバーが入り、馬連が34,440円の波乱となった。

デビューから12戦目だった桜花賞の後は優駿牝馬(オークス)を回避して休養に入り、秋になってローズステークスに挑戦した。しかし2000mという距離が長かったのか、16頭立ての16着と最下位に敗れる。その後はポートアイランドステークスで7着、スワンステークスでも8着と振るわず、11月17日に第19回マイルチャンピオンシップに挑戦したが、トウカイポイントの18着に敗れ、同競走を最後に現役引退となった。

現役引退後編集

引退後は故郷の矢野牧場に戻って繁殖牝馬となる。2004年に父ブライアンズタイム牝馬(アロープラネット、栗東・山内研二厩舎)、2005年に父シンボリクリスエス牡馬(ランチボックス、栗東・浅見秀一厩舎)が生まれている。2006年には父ダンスインザダークの仔を出産する予定だったが、2006年1月5日心臓麻痺により死亡した。

2004年に生まれたアロープラネットは、2007年2月3日にデビュー戦で勝利している。

2005年に生まれたランチボックスは、2007年6月24日にデビューし、8月25日にデビュー3戦目で初勝利を挙げた。2010年2月6日に斑鳩ステークスを優勝、オープン入りを果たしている。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ 人気 着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム(上り3F 勝ち馬(2着馬)
2001 5 9 札幌(地) フレッシュチャレンジ 11 2 2 5 2着 斉藤正弘 53 ダ1000m(良) 1.02.9 0.1 ミサトシェイヴ
5 17 札幌(地) フレッシュチャレンジ 11 2 2 3 1着 井上俊彦 53 ダ1000m(良) 1.01.9 0.2 (ラヴァリージェニオ)
6 12 札幌(地) オープン 11 3 3 2 3着 井上俊彦 53 ダ1000m(良) 1.01.9 0.3 ウィンメッセージ
7 19 旭川 サマーチャレンジ1 12 7 9 2 3着 千葉津代士 53 ダ1000m(稍) 1.02.1 0.3 ツギタテギャル
8 11 札幌(J) 500万下 500 13 3 3 5.0 3 1着 井上俊彦 53 芝1000m(良) R57.2(34.3) 0.6 (ラヴァリープローブ)
9 6 旭川 フローラルC H3 14 2 2 1 13着 井上俊彦 53 ダ1600m(良) 1.51.4 3.7 トヤママズル
9 23 札幌(J) すずらん賞 OP 13 3 3 6.2 4 3着 井上俊彦 54 芝1600m(良) 1.10.2 (36.1) 0.1 キタサンヒボタン
12 2 阪神 阪神JF GI 18 1 2 42.9 9 2着 K.ファロン 54 芝1600m(良) 1.35.2 (35.8) 0.1 タムロチェリー
12 16 中山 フェアリーS GIII 16 6 11 4.1 1 4着 蛯名正義 54 芝1200m(良) 1.08.4 (35.7) 0.6 サーガノヴェル
2002 2 2 京都 エルフィンS OP 12 6 7 3.0 2 2着 藤田伸二 54 芝1600m(良) 1.35.6 (35.8) ハナ チャペルコンサート
3 9 中山 アネモネS OP 15 7 12 2.3 1 8着 O.ペリエ 54 芝1600m(良) 1.35.5 (38.5) 1.1 サンターナズソング
4 7 阪神 桜花賞 GI 18 7 15 42.9 13 1着 池添謙一 55 芝1600m(良) 1.34.3 (35.6) 0.2 (ブルーリッジリバー)
9 15 阪神 ローズS GII 16 8 16 22.9 5 16着 四位洋文 54 芝2000m(良) 2.03.6 (38.2) 3.5 ファインモーション
9 28 阪神 ポートアイランドS OP 10 1 1 12.2 3 7着 村本善之 54 芝1600m(良) 1.34.1 (36.0) 0.9 モノポライザー
10 26 京都 スワンS GII 18 7 14 77.3 12 8着 池添謙一 55 芝1400m(良) 1.21.2 (34.6) 1.4 ショウナンカンプ
11 17 京都 マイルCS GI 18 8 17 122.0 18 18着 熊沢重文 54 芝1600m(良) 1.36.3 (38.2) 3.5 トウカイポイント

競馬場の(地)は地方開催、(J)はJRA開催。

血統表編集

アローキャリー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

*ラストタイクーン
Last Tycoon
1983 鹿毛
父の父
*トライマイベスト
Try My Best
1975 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Sex Appeal Buckpasser
Best in Show
父の母
Mill Princess
1977 鹿毛
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Irish Lass Sayajirao
Scollata

アロールーシー
1991 鹿毛
*サンキリコ
Sanquirico
1985 黒鹿毛
*リイフォー
Lypheor
Lyphard
Klaizia
Nell's Briquette Lanyon
Double's Nell
母の母
ソーミュール
1981 黒鹿毛
アローエクスプレス *スパニッシュイクスプレス
*ソーダストリーム
マーキュリーアロー *ミンシオ
ストレートアロー F-No.21-a
母系(F-No.) ストレイトビツド(IRE) 系(FN:21-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 3x5=15.63%、Nearco 5x5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]


脚注編集

  1. ^ a b 血統情報:5代血統表|アローキャリー”. JBISサーチ. 公益財団法人日本軽種馬協会. 2017年8月30日閲覧。
  2. ^ a b アローキャリーの血統表 | 競走馬データ”. netkeiba.com. 2017年8月30日閲覧。

外部リンク編集