メインメニューを開く

アンの青春』(アンのせいしゅん、原題:Anne of Avonlea、アヴォンリーのアン)は、カナダの作家L・M・モンゴメリ1909年に発表した『赤毛のアン』の続編。16〜18歳のアンを描いている。

前作では、アンは手違いでカスバート老兄妹に引き取られた夢見がちな孤児の女の子という立場で、グリーンゲーブルズの家での描写が中心であった。しかし、『赤毛のアン』の終章でマシュー・カスバートの死を受け、アンは、一人となったマリラを支える。また新任教師や村の改善委員も引き受けるなど、アヴォンリーの地域社会に貢献する立場に成長する。学費を貯めて一度は諦めた大学進学を果たし、次作の『アンの愛情』へと続く。

アンの行動範囲が前作ではグリーン・ゲイブルズの家が中心だったものが本作ではアヴォンリー村へと広がる

あらすじ編集

アンは村の改善協会を立ち上げ、アヴォンリー村を良くしようと奮闘するが、なかなか良い成果にはつながらない。アンは教師になり、子供達を教えるようになる。マリラはデイビーとドーラという双子を引き取って育てる。作家のモーガン夫人を家に招待する。ミス・ラベンダーと出会い、ロマンスを成就させる。学費を貯め、さらに教育を受けるために大学に進学する所で、本作は終わる。

登場人物編集

アン・シャーリー (Anne Shirley)
本編の主人公。細身の長身、灰色の目を持ち、想像力が豊か。アンが美人かどうかは意見が分かれている。
マリラ・カスバート (Marilla Cuthbert)
アンを引き取ったカスバート兄妹の妹。成長したアンに代わり、本作では6歳半の双子を育てる事になる。
デイビー・キース (デイビッド・キース David "Davy" Keith)
マリラが引き取った双子の男の子の方。父は幼児の時に死亡し、母メアリーはそれ以来病気がちだったため、しつけがされていない。マリラはメアリーとは何ら親戚関係にないが、夫の方とはみいとこ同士であったため、メアリーが亡くなった際に、メアリーの兄弟が双子を引き取るまでの期間、マリラに預けられる事になった。母が言う通り、大変ないたずら小僧で、問題を次々に起こす。
ドーラ・キース (Dora Keith)
双子の女の子。母の言う通りのとても良い子。
リチャード・キース (Richard Keith)
双子の叔父。ブリティッシュ・コロンビアに住んでいた。結婚したら甥と姪を引き取るつもりであったが、病気で結婚は延期となり、もうしばらく双子を預かってくれるように頼む。結局は結核で亡くなり、双子が成人するまで貯金をマリラ・カスバートに信託し、利息を養育費に充てるように遺言する。
J.A.ハリソン (Mr. Harrison, James A. Harrison)
隣家が転居にて売り出した農場を購入して、アヴォンリー村に一人で来た男性。家は散らかし放題で、食事時間は決めておらず、食べたいときに食べる変わり者という評判で、ジンジャー(生姜)という名の、辛辣な言葉を喋るオウムを飼っている。アンたちは、てっきり独身だと思っていたが…。
レイチェル・リンド夫人 (Mrs. Rachel Lynde)
相変わらずアヴォンリーの情報局である。病気の夫に手厚い看護をする。本作で寡婦になる。
トマス・リンド (Thomas Lynde)
妻任せの控えめな夫だったが、病気になり、妻レイチェルに感謝の言葉を述べて亡くなる。
ギルバート・ブライス (Gilbert Blythe)
学校は違うものの、同郷の教師仲間で、村の改善委員会でもアンと接点があり、友人としては信頼されている。終盤にミス・ラヴェンダーの結婚式に出席し、共に幸福感を味わうアンに、初めて友情以上の自分の本心を見せるが、2人の恋の行方は次作に持ち越しとなる。
ダイアナ・バーリー (Diana Barry)
アンと終生の友情の誓いをした間柄で、本作でも堅い友情を保っている。フレッド・ライトからプロポーズされ、婚約する。
プリシラ・グラント (Priscilla Grant)
クィーン学院時代の同級生。カーモディーの学校を教える事になる。
ルビー・ギリス (Ruby Gillis)
アンの友人で、美しさを誇る金髪の少女。思いを寄せる男性には不自由しない。ネルソン・アトキンスから完璧なプロポーズの手紙を受け取り、心が揺れ動いたが、偶然見かけた恋愛指南本に同じ文面がある事を知って、形容し難い気分になり、痛烈な断りの手紙を書き送った。
チャーリー・スローン (Charlie Sloane)
本作でも影が薄いが、ギルバートの恋敵と見なされており、匿名のゴシップ記事の筆者ではないかと噂された。
ポール・アーウィング (Paul Irving)
アン同様に、空想の世界と行き来できる住人。贔屓するのは良くないと思いつつも、アンはポールを話の合うお気に入り生徒と見てしまう。
ステファン・アーウィング (Stephen Irving)
ポールの父親。9歳のときに6歳のミス・ラヴェンダーと結婚する事を決意し、25年前には婚約を交わしていたが、突然に破局し、米国に渡り、そこで家庭を持ち、アヴォンリーにはずっと帰って来なかった。
ミス・ラヴェンダー (Miss Lavendar, Lavendar Lewis)
石造りの家(山彦荘)に住んでいる、素敵な中年の独身女性。アンとは歳の離れた友人となる。25年前にステファン・アーウィングと口論になり、仲直りに訪れた際に、すねて彼を許そうとしなかったために、長期に渡り彼を失う事となる。
シャーロッタ4世 (Charlotta the Fourth, Leonora Bowman)
ミス・ラヴェンダーの所で働いている女の子。ミス・ラヴェンダーは母亡き後、家を一人で切り盛りできず、さりとて大人の家政婦を雇える資力も無かったので、ボウマン家の女の子を料理と洗濯の手伝いに雇っている。本名はレオノーラ・ボウマンだが、最初にミス・ラベンダーのところに働きに来た長姉が「シャーロッタ」という名前であったため、彼女の後に働きに来たボウマン家の姉妹は、皆シャーロッタと呼ばれている。レオノラも同様で、彼女は4人目である。

アン・シリーズ一覧編集

各タイトルは村岡花子訳に準拠する(『アンの想い出の日々』のみ、その孫である村岡美枝[1]訳に準拠する)。通常、最初に上げられている9冊の本をアン・ブックスと呼ぶ。アン・ブックスをより狭い範囲に呼ぶ場合もあるが、9冊の本は、アンを主人公とするか準主人公とする「アンの物語」である。これに対し、追加の2冊は短編集で、「アンの物語」と同じ背景設定であるが、大部分の作品はアンとは直接に関係していない。アンが端役として登場したり、その名前が言及される短編もあるが、総じて、題名が示す通り、「アンの周囲の人々の物語」である。 なお、4冊目「アンの幸福」の原題はイギリス版とアメリカ版で異なり、イギリス版ではAnne of Windy Willows、アメリカ版ではAnne of Windy Poplarsで、内容も少し異なる。

書名 原題 出版年 アンの年齢 物語の年代
赤毛のアン Anne of Green Gables 1908 11〜16 1877~1882
アンの青春 Anne of Avonlea 1909 16〜18 1882~1884
アンの愛情 Anne of the Island 1915 18〜22 1884~1888
アンの幸福 Anne of Windy Willows 1936 22〜25 1888~1891
アンの夢の家 Anne's House of Dreams 1917 25〜27 1891~1893
炉辺荘のアン Anne of Ingleside 1939 34〜40 1900~1906
虹の谷のアン Rainbow Valley 1919 41 1907
アンの娘リラ Rilla of Ingleside 1921 48〜52 1914~1918
アンの想い出の日々 The Blythes Are Quoted 2009 40〜75 1906~1941
以下はアンとの関連が薄い短編集
アンの友達 Chronicles of Avonlea 1912
アンをめぐる人々 Further Chronicles of Avonlea 1920

日本語訳一覧編集

派生作品編集

テレビ映画編集

コミック編集

脚注編集

  1. ^ 花子の(養女)・みどりの実娘であるため、実際は大姪に当たる。

関連項目編集

外部リンク編集