アンガス・ヤング

アンガス・ヤング英語: Angus Young1955年3月31日 - )は、AC/DCリードギタリストである。スコットランドグラスゴー生まれ、オーストラリアシドニー育ち。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第96位、2011年の改訂版では第24位。

アンガス・ヤング
AngusYoung.JPG
アンガス・ヤング(2008年セントポールで)
基本情報
出生名 Angus McKinnon Young
生誕 (1955-03-31) 1955年3月31日(66歳)
スコットランドの旗 スコットランドグラスゴー
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ニューサウスウェールズ州
シドニー
ジャンル ハードロック
ブルースロック
担当楽器 ギター
ヴォーカル
活動期間 1970年 -
レーベル EMI
エピック・レコード
共同作業者 AC/DC
著名使用楽器
ギブソン・SG

生い立ち編集

1955年3月31日にスコットランドグラスゴーで生まれ、1963年にはオーストラリアシドニーへ移住し、シドニーで育つ。アレックス・ヤングジョージ・ヤングマルコム・ヤング、アンガスの4人兄弟である。 ジョージの影響でマルコムとアンガスもギターに接することとなり、アンガスは1~2年も経つとマルコムを超えてしまう程の実力に成長したという。当時からアドリブが得意で独自のコードを次々に作り出し自らのスクール・バンドの演奏に活用していた。

AC/DCのメンバーとして編集

1973年、アンガスの中学校卒業と同時に、兄のマルコムはそれまで活動していたブギー・バンドを脱退し、12月31日アンガスと共にAC/DCを結成。 ギターはデビュー以来、一貫してギブソン・SGを使用している。 姉からの提案により、結成当初は制服姿でコンサートを行い、以降ブレザー半ズボンランドセルを背負ったスクールボーイスタイルがトレードマークとなる。

また、プレイ中は両足を震わせるようにしてリズムを取りつつ、天然パーマの頭を振り回したり、チャック・ベリーに似た、ダックウォークなどのパフォーマンスで有名で、控えめなマルコムに比べてステージでは常に主役になっている。

 
パフォーマンスをするアンガス (2010年)

エピソード編集

映画「スクール・オブ・ロック」で、主演のジャック・ブラックが、スクールボーイスタイルにギブソン・SGを抱え、アンガスを彷彿とさせるパフォーマンスを披露している。劇中にも、AC/DCの楽曲が複数登場する。

「AC/DCを聴いたことのない人を感心させるとしたら、バンドのどのアルバムをかけるか」という質問に対して、1977年発表の「ロック魂」をかけると回答している。

参考文献編集

  • AC/DC評伝 モンスターバンドを築いた兄弟(おとこ)たち』、DU BOOKS、2018年6月、 ISBN 978-4-86647-020-7

脚注編集