メインメニューを開く

アングラ演劇(あんぐらえんげき)とは1960年代中期から1970年代にかけて日本で活発に起きた舞台表現(主に演劇)の潮流である。「アングラ」とはアンダーグラウンドの略語である。見世物小屋的要素を取り込み、それまでの近代演劇が低俗として退けた土俗的でスペクタルなものを復権させて独特の世界を作り上げた[1]

内容編集

運動の根底には反体制主義や反商業主義の思想があり、1960年代の学生運動市民運動の思想とも通底するものがあり、それまでの商業演劇や新劇とは一線を画して実験的な舞台表現で独特な世界を創り上げ、その後の日本演劇に大きな影響を与えた。

扇田昭彦は、アングラ演劇が日本演劇界に引き起こした変化を、次の九つの項目に分けて説明している。(『六〇年代演劇再考』所収「六〇年代演劇の軌跡と影響」)

  • 第一に、劇構造、戯曲の構造の変化である。
  • 第二に、演技する身体と演技の変化である。
  • 第三に、劇場空間の変化である。
  • 第四に、笑いの増進である。
  • 第五に、音楽の導入である。
  • 第六に、伝統演劇との接点の変化である。
  • 第七に、演劇における理論化の作業である。
  • 第八に、演劇運動である。
  • 第九に、海外公演の増加である。

アングラ演劇という用語は、当初は蔑称であったが、当事者たちの巨大な成果達成により、今日ではごく普通の演劇用語として通用している。

主要劇団編集

大きく学生演劇出身と新劇出身に分けることができる。

学生演劇出身は、唐十郎の状況劇場鈴木忠志別役実早稲田小劇場東由多加東京キッドブラザーズなど。

新劇出身は、串田和美自由劇場佐藤信黒色テント六八/七一蜷川幸雄の現代人劇場、太田省吾転形劇場金杉忠男のその他の人々など。

寺山修司天井桟敷は、どちらにも属さない。

1980年代になると、そうした劇団も社会的に認知されるようになり、関係者がメジャーな演劇や映画などにも出演することも増えてきて、一般演劇のなかに位置をしめるようになっている。現在活動中のアングラ劇団としては、唐組(状況劇場が改組)、SCOT(早稲田小劇場が改組)、維新派(「劇団日本維新派」から改称)、月蝕歌劇団演劇実験室◎万有引力毛皮族といった劇団があげられる。

アングラ劇団に所属したことがある俳優としては、林美樹(劇団赤と黒)、青山リマ(劇団赤と黒ほか)、上杉清文(天象儀館ほか)、玉城満(発見の会)、鷹匠訓子(らせん劇場)、流山児祥立本夏山(流山児★事務所)、三上ナミ森永理科月蝕歌劇団)、石橋蓮司緑魔子(劇団「第七病棟」)、木野花(劇団青い鳥)、金子正次(東京ザットマン)、芥正彦(劇団駒場)、清水紘治(劇団自由劇場)、大垣俊輔(唐組)などや、田口トモロヲ若林彰近藤善揮大垣俊輔大久保鷹風間杜夫内藤剛志丸尾末広佐川光晴角野卓造米倉斉加年益岡徹中島葵などがいる。

ほかに、早稲田小劇場#主な出身者東京キッドブラザース#在籍した俳優月蝕歌劇団#主な主な劇団員劇団黒テント#主な人物新宿梁山泊#俳優、などを参照。

天井桟敷 (劇団)#主な共同作業者は、ほかに天井桟敷出身には松田暎子小柳基若松武史新高恵子山本百合子高橋ひとみ三上博史昭和精吾根本豊ら、 状況劇場出身には李麗仙藤原マキ麿赤児不破万作大久保鷹四谷シモン吉澤健根津甚八小林薫佐野史郎四ノ宮浩六平直政伊藤正之山口猛十貫寺梅軒水上竜士荒戸源次郎金守珍コビヤマ洋一長谷川公彦坂田雅彦黒沼弘己渡辺いっけい安保由夫不二稿京中村泰二郎らがいる。

転形劇場には枝元なほみ大杉漣増田再起あらい汎植村達雄らがいる。

このほか、J・A・シーザー田中未知上杉清文関島岳郎篠田昌已(以上、音楽)糸文弘(劇団三文館)、園田英樹山崎博子内田栄一 (作家)(東京ザットマン)、佐伯隆幸竹内敏晴真壁茂夫井上弘久(転形劇場)、山崎哲若林彰飴屋法水篠原勝之合田佐和子宮内康辰巳四郎赤瀬川原平横尾忠則上原木呂、などがアングラ演劇のフィールドで活動していた。

脚注編集

参考文献編集