アンゲリナ・グリューン

アンゲリナ・グリューン (Angelina Grün、現姓:ヒュブナー、1979年12月2日[1] - )は、ドイツバレーボール選手。旧ソビエト連邦(現在のタジキスタン、当時のタジク・ソビエト社会主義共和国)・ドゥシャンベ出身。ポジションはウイングスパイカー2009年からはピーチバレーに転向していた。

アンゲリナ・ヒュブナー
Angelina Grün
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Angelina-Gruen.jpg
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1979-12-02) 1979年12月2日(40歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ドゥシャンベ
ラテン文字 Angelina Grün
身長 185cm
体重 74kg
選手情報
ポジション WS
利き手
スパイク 309cm
ブロック 287cm 
テンプレートを表示

来歴編集

1990年にVCエッセン=ボーベックに入団し、1994年にドイツジュニア代表に初選出された。1996年にUSCミュンスターに移籍し最初のシーズンにリーグ優勝を経験。1997年にドイツ代表に初選出されて以降はドイツのエースアタッカーへと成長した。

1998年日本で開催された世界選手権に出場した。オリンピックには2000年シドニー大会2004年アテネ大会に出場した[2]

2003年からイタリア・セリエAベルガモに5シーズン在籍し、国内リーグと欧州チャンピオンズリーグで2度の優勝を飾った。

2011年、3年ぶりの代表復帰となった欧州選手権でチームを準優勝へ導き、自身もベストレシーバー賞を受賞した。同年のワールドカップに出場した。

2012年ラビタ・バクーに移籍した。

結婚し2012年末より登録名をヒュブナーに変えている。

球歴編集

受賞歴編集

所属クラブ編集

脚注編集

外部リンク編集