メインメニューを開く

アンゴラの世界遺産

ウィキメディアの一覧記事

アンゴラの世界遺産について述べる。アンゴラ世界遺産条約批准は1991年11月7日のことであった[1]

世界遺産編集

暫定リスト編集

以下の物件が記載されている[1]

 
サン・ミゲル要塞
  • 1996年記載
    • サン・ミゲル要塞(Fortress of S. Miguel)
    • サン・ペドロ・ダ・バラ要塞(Fortress of S. Pedro da Barra)
    • サン・フランシスコ・ド・ペネド要塞(Fortress of S. Francisco do Penedo)
    • マッサンガヌ要塞(Fortress of Massanganu)
    • カンバンベ要塞(Fortress of Kambambe)
    • ムクシマ要塞(Fortress of Muxima)
    • キコンボの小要塞(Little Fort of Kikombo)
    • ノッサ・セニョーラ・ダ・コンセイサン・ダ・ムクシマ教会(Church of Nossa Senhora da Conceiçào da Muxima)
    • ノッサ・セニョーラ・ド・ロサリオ教会(Church of Nossa Senhora do Rosario)
    • ノッサ・セニョーラ・ダ・ヴィクトリア教会(Church of Nossa Senhora da Victoria)
  • 2017年記載
    • コレドール・ド・クワンザ = 文化的景観 (Corredor do Kwanza – Paysage Culturel)
    • チトゥンドゥ=フルの考古遺跡 (Site Archéologique de Tchitundu-Hulu)
    • 解放と独立の遺跡クイト・クアナヴァレ (Cuito Cuanavale, Site de Libération et Independence)

脚注編集

  1. ^ a b 世界遺産センターが示すアンゴラの情報(英語、2017年7月12日閲覧)