メインメニューを開く

アンジェリク (宝塚歌劇)

公演記録編集

月組公演『アンジェリク』-炎の恋の物語-編集

1980年1月1日から2月12日[1](新人公演:1月22日[2])に宝塚大劇場で、同年4月3日から4月30日[3](新人公演:4月23日[2])に東京宝塚劇場で上演。

併演はグランドショー『仮面舞踏会[4]』。

小松美保がこの公演で宝塚を退団した[1]

雪組公演『青き薔薇の軍神(マルス)』-アンジェリクⅡ-編集

1980年10月3日から11月11日[5](新人公演:10月31日[2])に宝塚大劇場で、1981年3月4日から3月30日[3](新人公演:3月18日[2])に東京宝塚劇場で上記月組の続編[5]を上演。

併演は舞踊詩『花の舞拍子[6]』。

ジョフレは登場せず、主役がフィリップになっている。

フィリップとアンジェリクの屈折した愛を描いている[5]

麻実れい遥くららのトップコンビ就任大劇場お披露目公演[5]

ストーリー編集

月組公演編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[1]を参照

17世紀半ばのフランスが舞台。南フランスの貴族社会や王宮、パリの泥棒たちの世界も織り交ぜたドラマを展開している。貧乏貴族の娘・アンジェリクは南フランスの大富豪・ジョフレと結婚することになるが、彼は12歳も年上の上、足が不自由で顔に傷のある男だった。この公演では、ジョフレがルイ14世の嫉妬の罠に陥り、処刑されるまでを描いている。

雪組公演編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[5]を参照

最初の夫・ジョフレとの別れの後、一人残されたアンジェリクは、少女時代から憧れていたいとこの美青年・フィリップと再開、屈折した二人の結婚を経て、フィリップの突然の戦死までを描いている。

主な配役編集

※「()」は新人公演・配役

月組編集

雪組編集

宝塚大劇場公演のデータ編集

月組公演編集

形式名は「ミュージカル・ロマン[1]」。18場[1]

スタッフ(宝塚大劇場公演)編集

雪組公演編集

形式名は「ミュージカル・ロマン[5]」。20場[5]

スタッフ(宝塚大劇場公演)編集

  • 脚本・演出:柴田侑宏[7]
  • 音楽[7]:寺田瀧雄、中元清純、鞍富誠三
  • 音楽指揮:野村陽児[7]
  • 振付[7]:岡正躬、司このみ、北原秀晃
  • 装置:黒田利邦[7]
  • 衣装:任田幾英[7]
  • 照明:今井直次[8]
  • 音響:松永浩志[8]
  • 小道具:上田特市[8]
  • 効果:扇野信夫[8]
  • 演出助手[8]:正塚晴彦、谷正純
  • 制作:武井泰治[8]
  • ヘア・デザイン:和田好弘[8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 100年史(舞台) 2014, p. 148.
  2. ^ a b c d e f g h 100年史(舞台) 2014, p. 297.
  3. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 216.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 148、216.
  5. ^ a b c d e f g 100年史(舞台) 2014, p. 149.
  6. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 149、216.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 100年史(人物) 2014, p. 198.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n 100年史(人物) 2014, p. 199.

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0