メインメニューを開く

アンジェ・ポステコグルー

オーストラリアのサッカー選手

アンジェ・ポステコグルー (Angelos “Ange” Postecoglou: 1965年8月27日 - )は、ギリシャ生まれの元オーストラリア代表サッカー選手横浜F・マリノス監督。

アンジェ・ポステコグルー Football pictogram.svg
Cameroon-Australia (4).jpg
名前
本名 アンジェロス・ポステコグルー
Angelos Postecoglou
ラテン文字 Ange Postecoglou
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1965-08-27) 1965年8月27日(54歳)
出身地 ギリシャの旗 ギリシャアテネ
身長 184cm
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1978-1983 オーストラリアの旗 サウス・メルボルン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1993 オーストラリアの旗 サウス・メルボルン 193 (19)
1994 オーストラリアの旗 ウエスタン・サバーブSC英語版  ? (?)
代表歴
1985 オーストラリアの旗 オーストラリアU-20 13 (1)
1986 オーストラリアの旗 オーストラリア 4 (0)
監督歴
1996-2000 オーストラリアの旗 サウス・メルボルン
2000-2007  オーストラリア U-20
2008 ギリシャの旗 パナハイキ英語版
2009-2012 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー
2012-2013 オーストラリアの旗 メルボルン・ヴィクトリー
2013-2017 オーストラリアの旗 オーストラリア
2018- 日本の旗 横浜F・マリノス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

ポステコグルーはギリシャのアテネで生まれ、彼が5歳の時にビクトリア州メルボルンに移住した[1][2]

クラブキャリア編集

1984年から1993年にかけて、オーストラリアン・ナショナルサッカーリーグ(NSL)のサウス・メルボルンで193試合に出場し、その間に1984年、1990-91年のタイトルを獲得している。また、コーチ業に就くまでに主将としてチームを牽引した。

代表キャリア編集

1986年から1988年にかけてはユース代表を中心として国際試合で活躍した。また、1985年にはユースレベルではオーストラリアを代表する選手となっていた[3]

監督キャリア編集

サウス・メルボルン編集

ポステコグルーは1996年から2000年までサウス・メルボルンを指揮した[4]。チームは1997-1998シーズン、1998-1999シーズンと連覇を飾り、1999年のOFCチャンピオンズリーグに優勝し、2000年のFIFAクラブワールドカップにも参戦した[5]。1999-2000のNSLシーズンが終わると、サウス・メルボルンの監督の座を辞し、オーストラリアユース代表監督になった。彼はサウス・メルボルンでただひとりの4回のタイトルホルダー(選手として2回、監督として2回)である。

ヤングサッカールーズ編集

国内での監督業の成功に続いて、ポステコグルーは2000年のオリンピックに向けてのユース年代(ヤングサッカールーズ)の強化にあたった[6][7]。彼の在職期間中、彼は選手の力量を測り、育成していった。TV番組「ワールドショー」ではスタジオ解説者のクレイグ・フォスターとオンエア場で熱く議論した[8][9]。彼は2007年に、同年のFIFA U-20ワールドカップの出場権を取り逃し、監督の座を降りた。ユースの監督を降りたあとは[10]FOXスポーツ[要リンク修正]のサッカー解説者と、ビクトリア州サッカー連盟のエリートコンサルタントをしていた。

パナハイキ編集

2008年3月、彼は母国ギリシャ3部リーグのクラブ、パナハイキ・パトラス英語版の監督を引き受けた。その後、同年12月に監督を辞任している[11]

ブリスベン・ロアー編集

2009年10月16日、ポステコグルーは前任者のフランク・ファリーナの跡を継ぐ、新しいブリスベン・ロアーの監督としてサインした[12]。彼はまず、チーム再建のために、リアム・レディ英語版クレイグ・ムーアチャーリー・ミラートミー・オアーマイケル・ズロらをレギュラーから外し、オランダのユトレヒトからアダム・サロタを獲得し、ストライカーのセルジオ・ファン・ダイクアデレード・ユナイテッドFCに売却した[13]。引き継いでから、シーズン後に彼が出した答えは、勝利とエンターテインメントのフットボールとして批評された[14][15][16][17]。ロアーのボール支配率の高さは、バルセロナに例えて、「ロアセロナ」という名を得た[18]

第13節でのアデレード戦で4-0という結果を残すと、メディアはAリーグ史上最高のゲームだったと高く賞賛した[19][20]。ポステコグルーはロアーを2010-2011シーズンのリーグ戦とカップ戦を制し、グランドファイナル(優勝決定プレーオフ)でも、ラング・パークに集った52,168人の観衆の前で、ペナルティキック戦(PK戦)での決着ではあったものの4-2でセントラルコースト・マリナーズを下した。このシーズンのロアーはたった1試合しか負けることはなく、36試合負けなしで、以前からのオーストラリア記録を打ち破った[21]。2011年3月18日、2013-2014シーズンまでの2年間の契約延長をした[22][23]

2011-2012シーズンにロアーがAリーグ史上初のグランドファイナル連覇を果たし、ポステコグルーは4つのタイトルを獲得した、オーストラリア国内で最も成功した監督となった[24]

2014年4月24日、ポステコグルーはロアーの監督を辞任すると発表した。2年半の在職中、Aリーグの優勝争いを演じることができた上、AFCチャンピオンズリーグ予選にも連続して出場することができた[25]

メルボルン・ヴィクトリー編集

2012年4月26日、Aリーグのメルボルン・ヴィクトリーと3年契約で監督の契約をした[26]。ポステコグルーはチームの再建をするにあたって、マシュー・ケンプグラント・ブレイブナーロドリゴ・バルガストム・ポンデリャクカルロス・エルナンデスハリー・キューウェルジーン・カルロス・ソロルサノ など主力クラスの放出を行い、ギルヘルム・フリンカーアダマ・トラオレマルコス・フロレスマーク・ミリガンなどを、かき集めた。

ポステコグルーの最初のヴィクトリーでの試合は、第1節でダービーマッチであるメルボルン・ハートと対峙して、1-2で敗れた。初勝利は第4節の2-1でのアデレード・ユナイテッド戦まで待たねばならなかった。翌年、ヴィクトリーは、ドックランズ・スタジアムで初のグランドファイナル予備戦に挑み、2-1でパース・グローリーに勝利した。続くセントラルコースト・マリナーズには1-0で敗れた。

オーストラリア代表編集

ポステコグルーは、2013年10月23日に、前任のドイツ人監督、ホルガー・オジェックブラジルフランス戦での連戦の0-6での、惨敗の責任を取らされる形で解任された後を受けて、5年契約でオーストラリア代表監督を引き受けた[27][28]。彼には代表チームの世代交代が課せられ、2006年ワールドカップ出場の黄金世代に頼りすぎて以来、成績も停滞していた[29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39]。彼の最初の試合はホームでのコスタリカ戦で、ティム・ケーヒルのゴールで1-0で勝利した[40]

2014年のワールドカップでは、オーストラリアは前回ワールドカップ王者のスペイン、準優勝のオランダと、チリと同じグループBに入った[41]。初戦は冴えないスタートとなり、ティム・ケーヒルの1得点にとどまり、南米のチリに1-3で敗戦した。2戦目のオランダ戦は善戦はしたものの2-3で敗れ、スペインと共に早くもグループリーグ敗退が決定した。オーストラリアのファンはこのタフなグループでの健闘を称えた[要出典]。最終戦の前回優勝のスペインとの試合は、0-3で敗れはしたが、この難しいグループでの試合の中で新しい世代の選手の芽が出始めていた[42][43]

ワールドカップは低調な結果に終わったが、引き続き、ポステコグルーは代表監督として指揮にあたった。グループリーグではクウェートに4-1と快勝、オマーンに1-0と競り勝ったが、韓国には0-1で敗れた。2位でグループリーグを突破したオーストラリアは、トーナメントで中国に2-0、準決勝でUAEに2-0と勝ち抜き、決勝で再び韓国と対戦、延長戦の末、2-1で勝利し、初めてのアジアカップを手にした。

2018年のワールドカップに向けて、大陸間プレイオフを勝ち抜いた。しかし、その2週間後の11月22日に、ポステコグルーは代表監督を辞任した。

横浜F・マリノス編集

2017年12月19日に横浜F・マリノスの監督に就任することが同公式サイトから発表された。[44]

タイトル編集

選手として編集

  • NSLプレミアシップ : 3回 (1984, 1985, 1992-93)
  • NSLチャンピオンシップ : 2回 (1984, 1990-91)

監督として編集

監督成績編集

2017年11月15日現在
チーム 就任 退任 記録
試合 勝率
サウス・メルボルン 1996 2000 127 68 27 32 053.54
オーストラリアU-20 2000 2007
パナハイキ英語版 2008年3月 2008年12月
ブリスベン・ロアー 2009年10月16日 2012年4月24日 80 42 22 16 052.50
メルボルン・ヴィクトリー 2012年4月26日 2013年10月25日 32 15 7 10 046.88
オーストラリア 2013年10月23日 2017年11月22日 49 22 12 15 044.90
横浜F・マリノス 2017年12月19日 0 0 0 0 !
Total 292 147 70 75 50.34

脚注編集

  1. ^ Hutchison, Geoff (2006年5月24日). “Socceroos gear up to play Greece”. 7.30 Report (Australian Broadcasting Corporation). http://www.abc.net.au/7.30/content/2006/s1646757.htm 2009年10月16日閲覧。 
  2. ^ World Wide Ange”. Soccer International (2008年8月29日). 2009年10月16日閲覧。
  3. ^ The Australian National Men’s Football Team: Caps And Captains. Football Federation Australia. 
  4. ^ Did that REALLY happen in 1996?”. Studs Up!. 2013年1月19日閲覧。
  5. ^ Team of the Century Defender Nominees”. South Melbourne Football Club. 2009年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月16日閲覧。
  6. ^ “Postecoglou axed as youth soccer coach”. Sydney Morning Herald. (2007年2月7日). http://www.smh.com.au/news/Sport/Postecoglou-axed-as-youth-soccer-coach/2007/02/07/1170524160917.html 2009年10月16日閲覧。 
  7. ^ “Ex-Socceroos in heated TV clash”. Fox Sports. (2006年11月12日). http://www.foxsports.com.au/story/0,8659,20744540-23210,00.html 2009年10月16日閲覧。 
  8. ^ Postecoglou puts up his hand - ABC News (Australian Broadcasting Corporation)”. Abc.net.au (2009年10月14日). 2013年10月28日閲覧。
  9. ^ [1][リンク切れ]
  10. ^ Soccer | Football | A-League | Champions League : The World Game on SBS: The World Game on SBS”. Theworldgame.com.au (1970年1月1日). 2013年10月28日閲覧。
  11. ^ South of the Border - a South Melbourne Hellas blog: Ange resigns as Panachaki coach”. Southmelbournefc.blogspot.com (2008年12月22日). 2013年10月28日閲覧。
  12. ^ Ange Is The Man For Brisbane - Australia News - Australian FourFourTwo - The Ultimate Football Website”. Au.fourfourtwo.com (2009年10月16日). 2013年10月28日閲覧。
  13. ^ Roar resurgence stuns Ange : A League : The World Game on SBS”. Theworldgame.sbs.com.au (2010年11月8日). 2013年10月28日閲覧。
  14. ^ [2][リンク切れ]
  15. ^ Fitzgibbon, Liam (2010年10月31日). “Roar a work in progress”. The Sydney Morning Herald. http://news.smh.com.au/breaking-news-sport/roar-a-work-in-progress-20101031-178mj.html 
  16. ^ Roar adding mental strength to their forward flow”. The Roar (2010年10月27日). 2013年10月28日閲覧。
  17. ^ 'Ten-Man Roar Were Fantastic' - Australia News - Australian FourFourTwo - The Ultimate Football Website”. Au.fourfourtwo.com (2010年11月6日). 2013年10月28日閲覧。
  18. ^ “Ange POSTECOGLOU”. FIFA. http://www.fifa.com/worldcup/players/coaches/coach=176525/profile-detail.html 2014年6月18日閲覧。 
  19. ^ Roar The Best We've Ever Seen? - Australia News - Australian FourFourTwo - The Ultimate Football Website”. Au.fourfourtwo.com (2010年11月8日). 2013年10月28日閲覧。
  20. ^ Coolen praises Roar style : A League : The World Game on SBS”. Theworldgame.sbs.com.au (2010年11月8日). 2013年10月28日閲覧。
  21. ^ Brisbane Roar record to stand for a while, says Ange Postecoglou”. Couriermail.com.au. 2013年10月28日閲覧。
  22. ^ League Grand Final : Brisbane Roar v Central Coast Mariners at Suncorp Stadium”. Couriermail.com.au. 2013年10月28日閲覧。
  23. ^ Terri Begley (2011年3月15日). “Brisbane celebrate Roar with city parade - ABC Brisbane - Australian Broadcasting Corporation”. Abc.net.au. 2013年10月28日閲覧。
  24. ^ Brisbane Roar coach Ange Postecoglou savours fourth national title”. Goal.com (2012年4月23日). 2013年10月28日閲覧。
  25. ^ Ange Postecoglou resigns as Brisbane Roar Head Coach - Brisbane Roar FC 2013”. Footballaustralia.com.au. 2013年10月28日閲覧。
  26. ^ Postecoglou confirmed as Victory coach - Sportal - Football Australia 2013”. Footballaustralia.com.au. 2013年10月28日閲覧。
  27. ^ Postecoglou: Aussies unite in adversity”. FIFA.com (2014年1月24日). 2014年1月24日閲覧。
  28. ^ Ange Postecoglou appointed Socceroos coach”. Football Federation Australia. 2013年10月23日閲覧。
  29. ^ http://theworldgame.sbs.com.au/blog/2014/12/01/some-patience-needed-socceroos
  30. ^ http://www.smh.com.au/fifa-world-cup-2014/australia-2014/world-cup-2014-ange-postecoglous-socceroos-regeneration-has-ffa-backing-20140612-zs4o3.html
  31. ^ http://www.smh.com.au/sport/soccer/ange-postecoglou-is-trying-to-regenerate-the-socceroos-but-australias-underage-teams-arent-making-it-easy-20141017-1175dk.html
  32. ^ http://www.heraldsun.com.au/sport/football/ange-postecoglous-socceroos-regeneration-not-just-for-brazil-but-russia-2018/story-fni2wcjl-1226838601748
  33. ^ http://m.foxsports.com.au/football/world-cup/regeneration-is-nothing-new-for-socceroos-coach-ange-postecoglou-after-brisbane-roar-stint/story-fn9iws45-1226944242074
  34. ^ http://www.dailytelegraph.com.au/sport/football/mile-jedinaks-appointment-continues-ange-postecoglous-regeneration-of-socceroos/story-fnkjbhuv-1226926008706?nk=940d0841d9989dd332a822175486d00d
  35. ^ http://www.adelaidenow.com.au/sport/football/ffa-boss-david-gallop-comes-to-defence-of-coach-ange-postecoglou-following-criticism-of-selections/story-fnii0fc4-1226946602764?nk=940d0841d9989dd332a822175486d00d
  36. ^ http://www.theaustralian.com.au/sport/football/ange-postecoglou-has-a-bigger-goal-in-mind-for-socceroos/story-fn63e0vj-1226943597919?nk=940d0841d9989dd332a822175486d00d
  37. ^ http://www.theaustralian.com.au/sport/opinion/world-cup-2014-in-ange-postecoglou-we-trust/story-e6frg7t6-1226960459432?nk=940d0841d9989dd332a822175486d00d
  38. ^ http://www.goal.com/en-au/news/4020/australia/2014/11/24/6435041/socceroos-will-qualify-for-2018-world-cup-ange
  39. ^ http://www.theroar.com.au/2014/06/04/postecoglou-resolute-regeneration/
  40. ^ Positive signs emerge for Socceroos as bold new era begins in earnest”. The Sydney Morning Herald. 2014年1月8日閲覧。
  41. ^ Australia in nightmare 'Group of Death' for Brazil World Cup”. The Sydney Morning Herald. 2014年1月8日閲覧。
  42. ^ http://www.footballaustralia.com.au/article/exciting-times-for-new-golden-generation-milligan/yy028lqzc9fy182rf3035ykeo
  43. ^ http://www.footballaustralia.com.au/article/welcome-our-new-golden-generation/yqbsl7ds9zci1oy3146k62c6z
  44. ^ http://www.f-marinos.com/news/detail/2017-12-19/110000/192549

外部リンク編集