メインメニューを開く

略歴編集

1998年、ラース・フォン・トリアーが提唱した「ドグマ95」の最初の作品『セレブレーション』で注目される。DVカメラによる独創的な撮影は、フィルム撮影とは異なる視座に貫かれており、模索期にあったデジタル撮影の可能性を切り開いた。その後『ミフネ』、『ジュリアン』と計3本の「ドグマ95」に則った映画を撮る。その後もデジタル撮影の可能性を推し進め、イギリスで最初に携わったテレビ作品の『刑事ヴァランダー』で、レッドワンのデジタルカメラを使用し、最初の2つのエピソードで撮影監督を務めた[1]。彼はそのシリーズでの仕事により、British Academy Television Craft Award for Photography & Lighting (Fiction/Entertainment)を獲得した[2]

彼は現在、デンマークコペンハーゲンで家族と暮らしている[1]

2009年には『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー撮影賞を受賞した。

主な作品編集

参考文献編集

  1. ^ a b Strauss, Will (13 May 2008), "Anthony Dod Mantle interview", Broadcast, EMAP. Retrieved on 18 September 2008.
  2. ^ "Television Craft Nominations 2009". British Academy of Film and Television Arts. Retrieved on 18 May 2009.

外部リンク編集