アンソニー・ブラバゾン (第8代ミーズ伯爵)

第8代ミーズ伯爵アンソニー・ブラバゾン英語: Anthony Brabazon, 8th Earl of Meath1721年2月17日洗礼 – 1790年1月4日)は、アイルランド王国の貴族、政治家。1763年から1772年までブラバゾン卿儀礼称号を使用した[1]

生涯編集

第7代ミーズ伯爵エドワード・ブラバゾンとマーサ・コリンズ(Martha Collins、1762年4月24日没、サミュエル・コリンズ[2]/ウィリアム・コリンズ[1]の娘)の息子として生まれ、1721年2月17日に洗礼を受けた[1]

1745年から1760年までウィックロー・カウンティ選挙区英語版の代表として、1761年から1772年までダブリン・カウンティ選挙区英語版の代表としてアイルランド庶民院議員を務めた[1]。1772年11月24日に父が死去すると、ミーズ伯爵位を継承、1773年10月24日にアイルランド貴族院議員に就任した[1]。1772年から1790年までウィックロー県首席治安判事英語版ダブリン県首席治安判事英語版を務めた[2]

1790年1月4日に死去、息子ウィリアムが爵位を継承した[1]

家族編集

1758年5月20日、グレース・リー(Grace Leigh、1812年10月23日没、ジョン・リーの娘)と結婚[1]、3男6女をもうけた[2]

  • チャーワース(1760年8月18日 – 1779年12月) - ブラバゾン卿の儀礼称号を使用した
  • ウィリアム(1769年 – 1797年) - 第9代ミーズ伯爵
  • ジョン・シャンブレ(1772年 – 1851年) - 第10代ミース伯爵
  • メアリー(1851年没) - 1781年6月23日、アーサー・ノックス(Arthur Knox)と結婚、子供あり
  • マーサ - 1790年、モーリス・キーティング英語版(1835年没)と結婚、子供あり
  • ジュリアナ(1848年没)
  • セシリア(1849年没)
  • キャサリン(1847年12月24日没) - 1799年8月6日、フランシス・ブラウンロー(Francis Brownlow、1847年10月20日没)と結婚、子供あり
  • アラベラ(Arabella) - 1803年3月21日、ジョン・スコット(John Scott)と結婚、子供あり

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 283–284.
  2. ^ a b c "Meath, Earl of (I, 1627)". Cracroft's Peerage (英語). 6 February 2011. 2020年4月1日閲覧
アイルランド議会
先代:
ウィリアム・ホーイ
ジョン・アレン
庶民院議員(ウィックロー・カウンティ選挙区英語版選出)
1745年 – 1760年
同職:ウィリアム・ホーイ 1745年 – 1747年
リチャード・チャペル・ウェーリー 1747年 – 1760年
次代:
ラルフ・ハワード
リチャード・ウィンフィールド閣下
先代:
エドワード・ブラバゾン閣下
サー・コンプトン・ドムヴィル準男爵
庶民院議員(ダブリン・カウンティ選挙区英語版選出)
1761年 – 1772年
同職:サー・コンプトン・ドムヴィル準男爵 1761年 – 1768年
チャールズ・ドムヴィル 1768年
ジョセフ・ディーン 1768年 – 1772年
次代:
ルーク・ガーディナー
ジョセフ・ディーン
名誉職
先代:
ミーズ伯爵
ウィックロー県首席治安判事英語版
1772年 – 1790年
空位
次代の在位者
ミーズ伯爵
ダブリン県首席治安判事英語版
1772年 – 1790年
次代:
カーハンプトン伯爵英語版
アイルランドの爵位
先代:
エドワード・ブラバゾン
ミーズ伯爵
1772年 – 1790年
次代:
ウィリアム・ブラバゾン