メインメニューを開く

アンソニー・ロナルド・ラナウドAnthony Ronald Ranaudo, 1989年9月9日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州モンマス郡フリーホールド・タウンシップ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

アンソニー・ラナウド
Anthony Ranaudo
Anthony Ranaudo on July 20, 2014.jpg
AAA級ポータケット時代(2014年7月20日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州モンマス郡フリーホールド・タウンシップ英語版
生年月日 (1989-09-09) 1989年9月9日(29歳)
身長
体重
6' 7" =約200.7 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1巡目追補(全体39位)でボストン・レッドソックスから指名
初出場 MLB/ 2014年8月1日 ニューヨーク・ヤンキース
KBO/ 2017年5月24日 KTウィズ
最終出場 KBO/ 2017年7月27日 NCダイノス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

2007年MLBドラフト11巡目(全体350位)でテキサス・レンジャーズから指名されたが、ルイジアナ州立大学へ進学した。

プロ入りとレッドソックス時代編集

2010年MLBドラフト1巡目追補(全体39位)でボストン・レッドソックスから指名され[1]8月16日に契約[2]

2011年、A級グリーンビル・ドライブでプロデビュー。10試合に登板し、4勝1敗・防御率3.33だった。6月にA+級セイラム・レッドソックスへ昇格。16試合に登板し、5勝5敗・防御率4.33だった。

2012年はAA級ポートランド・シードッグスで9試合に登板し、1勝3敗・防御率6.69だった。

2013年はAA級ポートランドで19試合に登板し、8勝4敗・防御率2.95だった。8月にAAA級ポータケット・レッドソックスへ昇格。6試合に登板し、3勝1敗・防御率2.97だった。オフの11月20日にレッドソックスとメジャー契約を結び[3]40人枠入りした。

2014年はAAA級ポータケットで開幕を迎え、21試合に登板。12勝4敗・防御率2.41と活躍し、8月1日にメジャーへ昇格[4]。同日のニューヨーク・ヤンキース戦で先発起用されメジャーデビュー。6回を4安打2失点に抑え、メジャー初勝利を挙げた[5]8月2日にAAA級ポータケットへ降格した[6]。最終的には7試合に先発で投げ、防御率4.81を記録。また、投げた全ての試合で勝ち星ないし負け星がついた(7試合で4勝3敗)。四球が奪三振より多く、40イニング未満で本塁打を10本浴びるなど、翌年以降に向けての課題も見つかった。

レンジャーズ時代編集

2015年1月27日ロビー・ロスとのトレードで、レンジャーズへ移籍[7]。この年は4試合に登板し、うち2試合で先発で投げた。防御率7.63・WHIP1.70と打ち込まれ、勝ち星なしで1敗を喫した。12月21日に背番号を44に変更した[8]

2016年は移籍までに2試合に登板しただけで、防御率17.18・3.2イニングで8四球と大荒れだった。

ホワイトソックス時代編集

2016年5月12日マット・ボールとのトレードで、シカゴ・ホワイトソックスへ移籍した[9]。ホワイトソックス加入後は7試合に投げ、うち5試合に先発登板。ここでも防御率8.46・WHIP1.66と結果を残せなかった。レンジャーズとの合算では、9試合 (うち5試合が先発) の登板で防御率9.48・1勝1敗・WHIP1.79という成績だった。

サムスン・ライオンズ時代編集

2016年11月23日、韓国プロ野球のサムスン・ライオンズと契約した。2017年は2勝を記録し同年限りで退団。

詳細情報編集

背番号編集

  • 63 (2014年)
  • 46 (2015年)
  • 44 (2016年 - 同年途中)
  • 45 (2016年途中)
  • 23 (2017年)

脚注編集

  1. ^ “Red Sox select infielder Kolbrin Vitek with first-round pick in 2010 First-Year Player Draft” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2010年6月8日), http://boston.redsox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100608&content_id=10933226&vkey=pr_bos&fext=.jsp&c_id=bos 2015年11月20日閲覧。 
  2. ^ “Red Sox sign seven Draft selections” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2010年8月17日), http://boston.redsox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100817&content_id=13544360&vkey=pr_bos&fext=.jsp&c_id=bos 2015年11月20日閲覧。 
  3. ^ “Red Sox add three players to 40-man roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2013年11月20日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/64069322 2015年11月20日閲覧。 
  4. ^ “Red Sox announce roster moves” (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年8月1日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/87456506 2015年11月20日閲覧。 
  5. ^ Scores for Aug 1, 2014” (英語). ESPN (2014年8月1日). 2015年11月20日閲覧。
  6. ^ “Red Sox Announce Roster Moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年8月2日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/87614502 2015年11月20日閲覧。 
  7. ^ Kyle Brasseur (2015年1月27日). “Red Sox, Rangers swap pitchers” (英語). ESPN. 2015年1月28日閲覧。
  8. ^ Transactions | rangers.com” (英語). MLB.com (2015年12月21日). 2015年12月22日閲覧。
  9. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年8月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集