メインメニューを開く

アンタイ・レコード (ANTI- Records) は1999年エピタフ・レコードの姉妹レーベルとして設立されたアメリカのレコードレーベルである。

エピタフがほとんどパンク・ロックを専門に取り扱っているのに対し、アンタイはより多種多様なアーティストを抱えており、そのジャンルはヒップホップ(ブラッカリシャス)、レゲエブジュ・バントン)、コメディエディー・イザード)、カントリー(マール・ハガード)、フォーク(ザ・スウェル・シーズン)、インディー・ロック(アイランズ、エリオット・スミスの遺作)など多岐にわたる。

アンディ・コールキン (Andy Kaulkin) 率いるアンタイが初めて注目を集めたのは1999年リリースのトム・ウェイツグラミー賞受賞作「ミュール・ヴァリエイションズ」である。ウェイツと同様に、リズム・アンド・ブルース歌手のソロモン・バーク、ベティ・ラヴェット、マリアンヌ・フェイスフルら数組のベテランアーティストがメジャー・レーベルを去った後にアンタイと契約している。

主要アーティスト編集

※過去に在籍したアーティストも含む

関連項目編集

外部リンク編集