メインメニューを開く
アンダ・ゲーザ
この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にゲーザ・アンダと表記することもあります。

アンダ・ゲーザAnda Géza [ˈɒndɒ ˌge̝ːzɒ], 1921年11月19日 ブダペスト - 1976年6月14日)は、ハンガリー出身のクラシック音楽ピアニスト

生涯編集

来日時のパンフレットやチラシに載った「ゲザ・アンダ」という名前で日本では知られている。全盛期においては、美しい音と自然で滑らかな演奏技巧ゆえに驚異的な演奏家と見なされていた。古典派ロマン派をレパートリーとした。

王立ブダペスト音楽院にてドホナーニ・エルネーに師事し、19歳でリスト・フェレンツ賞を受賞した。第二次世界大戦中は奨学金を得てベルリンに留学するが、1943年スイスに亡命し、その地に定住した(1955年にスイス国籍を取得)。1960年エドウィン・フィッシャーの後任としてルツェルンでマスタークラスを主宰した。1976年ガンのため逝去した。

フルトヴェングラーをして「ピアノの吟遊詩人」と言わしめたように、ピアノ曲の抑制の効いた演奏を保ち続けた。同胞バルトークの作品に力を注ぎ、フェレンツ・フリッチャイの指揮でバルトークの《ピアノ協奏曲 第3番》を演奏している。さらに、ベートーヴェンシューマンショパンリストブラームスを得意とした。

1950年代末から、演奏会でモーツァルト作品の力強い演奏を披露し、またモーツァルトのピアノ協奏曲の全曲演奏も行なった。その有名な一例が、モーツァルテウムカメラータ・ザルツブルクと共演した一連の録音である。とりわけ《第21番》の録音は、映画「みじかくも美しく燃え」のサウンドトラックに転用されたことによってとりわけ名高い。

1979年よりゲザ・アンダ・コンクールが開催され、国際的に著名なピアニストを世に送り出している。

著作編集

カデンツァを自作して、出版していた。 Kadenzen zu Klavierkonzerten von W. A. Mozart. [Kadenzen zu KV 37, 39, 41, 175, 238, 246, 271, 413, 456, 466, 467, 482, 491, 503, 537 und 595]. Bote & Bock, Berlin 1973.

ディスコグラフィー編集

  • 2016 - Bartók / Géza Anda, Ferenc Fricsay / Radio-Symphonie-Orchester Berlin ‎– Klavierkonzerte 1 - 3 / The Piano Concertos / Les Concertos Pour Piano
  • 2004 - Johannes Brahms, Edvard Grieg, Géza Anda, Herbert Von Karajan, Berliner Philharmoniker ‎– Klavierkonzert Nr. 2 B-Dur/Klavierkonzerte A-moll
  • 1995 - Edvard Grieg – Géza Anda, Rafael Kubelik, Herbert von Karajan ‎– Concerto Pour Piano / Peer Gynt
  • 1995 - Mozart / Camerata Academica Des Salzburger Mozarteums, Géza Anda ‎– KlavierkonzertePiano Concertos - Nos. 6, 17 & 21
  • 1988 - Géza Anda ‎– Chopin's Waltzes
  • 1981 - Géza Anda - Tschaikowsky* - Radio-Sinfonieorchester Stuttgart - Ferdinand Leitner ‎– Klavierkonzert Nr.1 B-Moll
  • 1979 - Frédéric Chopin, Géza Anda, Philharmonia Orchestra, Alceo Galliera ‎– Erstes Klavierkonzert E-Moll Op.11

逸話編集

NHK交響楽団の正指揮者外山雄三1967年9月30日上野東京文化会館にて共演している。曲目はバルトークのピアノ協奏曲第2番チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番で、外山が演奏会を何とか終えて家に帰ると「ハロー、ゲザ・アンダ」という電話がかかってきた。悪戯かと疑ったものの、話を聞けば「バルトークの第1楽章の途中で私はミスを犯している。明日、オーケストラとお前の時間があれば是非にもう1度録音しなおしたい」と思い詰めた様子であったという。外山はこの時のことを「オケにも予定があるし、NHKにもその余裕がないだろう、と諦めさせるのに相当な時間を費やした。欧米の演奏家たちは演奏後に自分の演奏の欠点や弱点を他人にほとんど話すことがないのに、このときは珍しい例外であった」と述懐している[1]

脚注編集

  1. ^ MOSTLY CLASSIC 2011年11月号 P.112-3

外部リンク編集